選択本願念仏集
計れば、夫速かに生死を離れんと欲せば、二種
の勝法の中には、且らく聖道門を閣きて、選ん
で浄土門に入れ。浄土門に入らんと欲せば、正
雑二行の中には、且らく諸の雑行を抛ちて、選
んで正行に帰すべし。正行を修せんと欲せば、
正助二業の中には、猶助業を傍にし、選んで、
正定を専らにすべし。正定の業とは、即ち是れ
佛名を称するなり。名を称すれば、必ず生ずる
ことを得。佛の本願に依るが故なり。
日本浄土宗の開祖法然(1133~1212)
『選択本願念仏集』第16章より
ご
しゅ しょう ぎょう
五種正行
⑤
③
④
し
ょ
う
み
ょ
う
唱
名ね
念ん
ぶ
仏つ
さ
ん
た
ん
讃 観
歎 察
く
供よ
養う
②
か
ん
ざ
つ
礼
拝
①
ら
い
は
い
読
誦
ど
く
じ
ゅ
佛名
南無阿弥陀仏
ダウンロード

弥陀一仏