検査部門
概要と還元情報の見方
1
概要
検査部門
• 目的
 細菌検査により各種検体から検出される主要な細菌の分離頻度お
よびその抗菌薬感受性を継続的に収集・解析
 医療機関における主要菌種・主要薬剤耐性菌の分離状況を明ら
かにする
• 細菌検査に関わる全データを提出
– 病院検査室で既にあるデータを活用
– 重複検体処理をセンター側で行う(原則患者単位で集計)
– 薬剤感受性は MIC値をもとにセンター側でS/I/Rを再判定
2
JANIS提出データ
• 細菌検査に関わる全データを提出
– 病院検査室 既存データ
– 培養陰性も含めた全データ
自動検査機器
検査システム
自施設データを
JANISデータフォーマット
に変換
検体提
出日
20110224
ID
254566877
菌種
1300
抗菌薬A
245
MICA
4
抗菌薬B
225
MICB
16
JANIS
3
資料はすべてHPで公開
検査部門
4
サーベイランスデータの提出
参加医療機関専用ログイン画面
データの提出頻度:月1回(翌月15日〆切)
締切後の提出でも還元情報は作成
公開情報集計・精度管理のためには厳守
5
提出データ作成時の注意事項
6
提出の対象となるデータ
•
•
•
•
•
•
入院検体だけでなく、外来検体のデータも含む
保菌、感染にかかわらず全検体が対象
陰性検体も含む
監視培養も含む
環境培養・精度管理株は除く(患者由来ではないため)
微量液体希釈法によるMIC測定を推奨
(集計はEtestも微量液体希釈法として扱う)
ディスク法での抗菌薬感受性試験結果は原則集計対象外
• 同一患者から同一菌が複数回検出された場合は、集計時に重複処理
を行うため提出側の作業は不要
7
JANIS データフォーマット注意点
•
•
•
•
1検体1レコード
1検体分離菌の上限5菌種
1レコード約100の項目、8割の項目は入力不要
入力設定が必要なのは約30項目のみ
– 必須項目
– 条件付き必須(例:分離菌有りの場合、菌名)
– 推奨項目(病棟名など)
• 必須項目のうち5項目はキーコード
医療機関コード、患者ID、検体提出日、検査材料名、検体番号
レコードの同定・重複処理に使用⇒集計結果への影響大
8
患者基本データ
必須/推奨
◎
◎
○
○
◎
○
○
No
項目名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
調査対象
医療機関
ID
入院日
性別
生年月日(西暦)
入院外来
診療科
病棟
検査の目的
数字
183
A菌名
・・・
B菌
C菌
D菌
E菌
A-1薬剤名
A-1検査方法
184
A-1仕切法
〃
A-1MIC
A-1阻止円径
A-1判定(SIR)
数字/ピリオド
162
166
170
174
178
182
185
186
187
検体データ
JANISデータフォーマット
必須/推奨
No
項目名
◎
145
検査材料名
◎
146
検体提出日(受付日)
○
147
検体採取日
◎
1237
検体番号
◎
1240
バージョン情報
赤字→キーコード・上書き不可
別紙資料「菌名コード」参照
・・・
〃
〃
〃
菌種分離率・薬剤耐性率・分離率
→上書き送信可能
〃
〃
別紙資料「抗菌薬コード」参照
〃
数字
別紙資料「薬剤感受性検査測定法コード」参照
1:<(より小), 2:>(より大), 3:<=(より小さい又は等しい), 4:>=(より大きい
又は等しい), =(等しい)は半角スペース
□□□□□整数(右寄せ)または□.□□□(小数点位置固定)
整数(mm)
英字
S 又は I 又は R
9
データの修正方法
検査部門
1. キーコード(患者ID、検体提出日、検査材料、検体番号)
の修正が必要な場合、または一部の検体を削除する場合
⇒事務局で提出済みのデータを削除後、修正後の報告用ファ
イルをweb送信で再提出する。
まずは、お問い合わせフォームから該当期間の削除依頼を行う。
2. キーコード以外の修正の場合
⇒修正後の報告用ファイルをweb送信することで上書き修正さ
れる。
10
S・I・RはJANIS側で再判定
微量液体希釈法・Etestでの測定結果のみ
ディスク法はSIR判定せず
仕切り法との組み合わせにより、ブレイクポイントパネルに対応
判定基準:原則CLSI CLSI2007→CLSI2012切り替え作業中
162
A菌名
数字
178
〃
183
E菌
A-1薬剤名
A-1検査方法
184
A-1仕切法
185
A-1MIC
A-1阻止円径
A-1判定(SIR)
182
186
187
A-1薬剤名
A-1検査方法
〃
別紙資料「菌名コード」参照
別紙資料「抗菌薬コード」参照
別紙資料「薬剤感受性検査測定法コード」参照
1:<(より小), 2:>(より大), 3:<=(より小さい又は等しい), 4:>=
〃
(より大きい又は等しい), =(等しい)は半角スペース
数字/ピリオド □□□□□整数(右寄せ)または□.□□□(小数点位置固定)
〃
数字
整数(mm)
英字
S 又は I 又は R
1821 (ゲンタマイシン)
11
A-1仕切法
1
A-1MIC
2
(微量液体希釈法マイクロスキャン・ウォーカーウェイ)
<(より小)
11
S・I・RはJANIS側で再判定
• Staphylococcus aureus (1301)
• ゲンタマイシン(1821)
S基準
R基準
4以下
16以上
仕切り法
1:<(より小) 2:>(より大)
3:<=(より小さい又は等しい)
4:>=(より大きい又は等しい)
半角スペース: =(等しい)
A-1薬剤名
1821
1821
1821
1821
A-1検査方法
11
11
11
11
A-1仕切法
1
2
A-1MIC
2
8
8
8
判定
S
R
I
I or R
4
判定不能の場合は集計対象から除外
12
ディスク法による薬剤感受性試験データの
取り扱い
• 検査部門への参加は可能
• 分離菌の“菌種”としては集計される
• 薬剤感受性試験結果が再判定されないため
薬剤耐性菌分離率が算出されない
• ディスク法のみの医療機関は公開情報などの
全体集計からは除外
13
検査部門の集計対象となる菌
臨床上重要な菌
検査部門
臨床上重要な薬剤耐性菌
Staphylococcus aureus
MRSA
Staphylococcus epidermidis
VRSA
Streptococcus pneumoniae
VRE
Enterococcus faecalis
MDRP
Enterococcus faecium
PRSP
Escherichia coli
MDRA
Klebsiella pneumoniae
カルバペネム耐性緑膿菌
Enterobacter 属
カルバペネム耐性セラチア
Serratia marcescens
第三世代セファロスポリン耐性大腸菌
Pseudomonas aeruginosa
第三世代セファロスポリン耐性肺炎桿菌
Acinetobacter 属
フルオロキノロン耐性大腸菌
カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)は近日中に集計開始予定
14
薬剤感受性試験と薬剤耐性菌
• S・I・Rの判定は原則としてCLSI2007→2014年度中に改訂予定
• JANISでは耐性菌を3種類に分類
– 薬剤耐性菌→全入院患者部門と共通・感染症法と共通
– 特定の耐性菌
– 特殊な耐性を示す菌
JANISにおける薬剤耐性菌の分類
カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)
15
MRSAとVREのみ耐性菌コードあり
菌種同定されていない腸球菌はVREから除外
指標薬剤が測定されていない場合は判定不可
アミカシンが測定されていない場合
MDRP/MDRA判定不可
16
特定の耐性菌
第3世代セファロスポリン セフォタキシム・セフタジジムのみが指標薬剤
17
薬剤感受性結果の削除でも可
18
菌名コード 「9999」は菌分離なしと同等
・・・
コード
菌名
Gram-positive cocci
1012
Gram-positive bacilli
1013
Gram-negative cocci
1014
Gram-negative bacilli
1015
Yeasts
1100
Streptococcus sp.
1101
α-Streptococcus
1102
β-Streptococcus
1103
γ-Streptococcus
1111
Streptococcus pyogenes
1114
Streptococcus agalactiae
9854
Lawsonia
9855
Leminorella
9857
Leuconostoc
9858
Listonella
9859
Methylobacterium
9860
Mitsuokella
9861
Moellerella
9862
Nesterenkonia
9863
Nocardiopsis
9864
Obesumbacterium
9865
Ochrobactrum
9866
Oenococcus
9867
Oerskovia
・・・
1011
9904
Xenorhabdus
9905
Yokenella
9998
その他の菌種 (同定不能の菌を含む)
9999
コメントのみ
菌名コード 9999
は「菌分離なし」扱いとなる
19
特殊な耐性菌 カテゴリーB
20
患者基本データ
必須/推奨
◎
◎
○
○
◎
○
○
No
項目名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
調査対象
医療機関
ID
入院日
性別
生年月日(西暦)
入院外来
診療科
病棟
検査の目的
数字
183
A菌名
・・・
B菌
C菌
D菌
E菌
A-1薬剤名
A-1検査方法
184
A-1仕切法
〃
185
A-1MIC
A-1阻止円径
A-1判定(SIR)
数字/ピリオド
162
166
170
174
178
182
186
187
検体データ
JANISデータフォーマット・バージョン情報
必須/推奨
No
項目名
◎
145
検査材料名
◎
146
検体提出日(受付日)
○
147
検体採取日
◎
1237
検体番号
◎
1240
バージョン情報
別紙資料「菌名コード」参照
・・・
〃
〃
〃
〃
〃
〃
数字
英字
別紙資料「抗菌薬コード」参照
別紙資料「薬剤感受性検査測定法コード」参照
1:<(より小), 2:>(より大), 3:<=(より小さい又は等しい), 4:>=
(より大きい又は等しい), =(等しい)は半角スペース
□□□□□整数(右寄せ)または□.□□□(小数点位置固定)
整数(mm)
S 又は I 又は R
21
各種コード表
検査部門
トップページ > 提出データ作成方法 > サーベイランスデータ作成用資料
(検査部門用)
菌名コード
抗菌薬コード
測定法コード
↓
菌名の変更、
新規抗菌薬の発売
新しい測定機器の発売
に応じて新コードを追加し改訂
22
No.1240
バージョン情報
• 【項目No.162菌名】に入力する菌名コードのバージョン
• 【項目No.182薬剤名】に入力する抗菌薬コードのバージョン
• 【項目No.183 検査方法】測定法コードのバージョン
の組み合わせで決まる
【項目No.162菌名】Ver4.1
【項目No.182薬剤名】Ver5.0
【項目No.183 検査方法】Ver2.0
→V600またはV601
23
バージョン情報 対応表
トップページ > 提出データ作成方法 > サーベイランスデータ作成用資料
「検査部門提出データの概要と作成の手引き」 に記載
例
新しい測定法コード(Ver3.0)で追
加になった測定機器コードを使用し
た場合、
バージョン情報 V600 を入力する
と該当コードが認識されない。
「注意」となり、測定法コードが空
欄として取り込まれる。
分離患者数や、薬剤耐性菌の判定が
正しく行われない。
24
報告ファイルを作成してみたけれど、
これでちゃんと送信できるのかな…?
?
データ送信試験サイト
URL :
https://www.nih-janis.jp/trial/janis/
JANISの本番環境と同様の画面が表示され、
テスト送信をすることで、自施設で作成した
報告ファイルのエラーチェックおよび件数表示
機能の確認ができる。
25
トップページ
URL :
https://www.nih-janis.jp/trial/janis/
26
報告データ送信状況メッセージ
報告ファイルに問題がない場合
報告ファイルに問題がある場合(例)
27
エラー・注意・警告 件数確認画面
28
利用したい場合
参加医療機関専用お問い合わせフォーム
より登録希望をJANIS事務局に連絡
JANIS事務局より登録完了をメールで返信
返信メール記載のURLからアクセス
参加登録時にJANIS事務局か
ら付与した
医療機関コード・パスワード
でログイン
参加前の医療機関は、試験送信
サイト専用の医療機関コード・
パスワードを郵送
※12月末で医療機関コードとパスワードが失効
29
検査部門
エラーメッセージ
カテゴリー
データ
ベース取
り込み
内容と対応
例
エラー
×
必須項目の不正
入院外来項目の未
設定
エラー率が10%を超えた場合「未提出」に該当
注意
○
必須項目以外の不正→値
を未設定に変換して取り
込み
コード表にない
コードの入力・日
付と認識できない
警告
○
誤入力の可能性が高い
データ→そのまま取り込
み
MIC値エラー
SIR判定不能
特殊な耐性菌
30
エラー
エラー率が10%を超えた場合「未提出」に該当
• 必須項目の誤設定
• 入院外来の未設定/検査材料名の未設定/
• 検体提出日→年月の違うデータ
JANISでは検体採取日ではなく検体提出日(受付日)がキーコード
• 医療機関コードの設定に注意
31
注意
• 必須項目以外が対象
• コード表に存在しないコードの使用など(バージョン情報に注意)
• 空欄等に変換してデータには取り込まれる
• 分離菌・薬剤感受性データが失われる可能性あり
→ 還元情報などの集計が不正確となる
32
警告
• 必須項目以外が対象
データ形式は正しいが、報告の内容に疑義がある場合
一部は精度管理の対象となる
• データの修正が必要な場合と、不必要な場合があるため、3種類にわけて表示
33
警告 MIC値エラー
• 警告の対象
必須項目以外
データ形式は正しいが、報告の内容に疑義がある場合
• 警告 MIC値エラー
有効MIC値が「1024」を超えていた場合
有効MIC値:2のべき乗
報告MIC値
0.3
7
→ 有効MIC値
→
0.25
8
34
警告 SIR判定不能
• 件数として最多
• 対応可能な場合 →仕切り法の設定ミス
• 対応できない場合→MIC測定レンジが合致していない場合
• 4濃度しか測定していない
4濃度に発育した→4より大なので
MIC4 仕切り法 2
であればR と判定可能
4濃度に発育しなかった
MIC4 仕切り法 3 で正しい
CLSI基準変更により腸内細菌科 β-ラクタ
ム系抗菌薬で、測定レンジ不一致増加
→2014年度内に切り替え予定
35
警告 SIR判定不能
• 対応可能な場合
ST合剤
• ST合剤のMIC値は合算で報告 例:0.5/9.5 = 10、2/38 = 40
• TrimethoprimのMIC値での報告の場合 ST合剤MIC値変換プログラムあり
• 但し、研究班で作成した試験的なプログラム。
• TrimethoprimのMIC値として入力された数値を20倍に変換する
36
還元情報
データの内容をチェックする
感染対策に活用する
37
データの精度管理
検査部門年報集計作業の流れ
督促メール
集計対象医療機関
→ 期間中の全てのデータを提出
疑義データ 確認済み
督促状郵送
/電話での
確認
疑義データ問
合せメール送
信/電話確認
公開情報年報リ
リース後、還元
情報年報作成
集計内容最終確認
(運営委員会)
締め切り後のデータ提出、問い合わせへの回答なし→集計遅延の原因
38
公開情報集計時の主な精度管理要件
• MRSA報告 年間なし→菌コードの変換ミス
• 大腸菌報告 年間なし→菌コードの変換ミス
• 入院検体の提出なし→入院/外来 設定ミス
• 血液検体・髄液検体の提出検体数10件以上かつ陽性率90%以上
→陽性検体のみ提出 または 検体コード設定ミス
• 微量液体希釈法での報告なし→検査法設定ミス
• 特殊な耐性を示す菌→入力ミス、コンタミネーション
• Stenotrophomonas属でカルバペネム系が感性判定
→ 菌名コード、抗菌薬コード設定ミス
薬剤感受性試験方法の精度
還元情報月報で自施設提出データの内容
チェックをお願いします。
39
【問題菌警告 k-○】検査部門提出データについて(自動送信メール)
40
JANIS検査部門・集計方法
JANISでは原則「患者数」で集計
患者IDは固有性が重要
入院患者 1
培養検体(尿)
分母:検体提出患者数→5
分子:菌種A 分離患者数→2
菌種B 分離患者数→1
分離菌なし
入院患者 2
培養検体(尿)
分離菌なし
培養検体(吸引痰)
入院患者 3
分離菌なし
培養検体(血液・12月1日) 分離菌なし
培養検体(血液・12月2日) 分離菌なし
入院患者 4
培養検体(髄液) 分離菌なし
培養検体(血液)
入院患者 5
分離菌 菌種A
培養検体(痰
12月3日)
分離菌 菌種A
培養検体(痰
12月5日)
分離菌 菌種A
分離菌 菌種B
41
還元情報
検査部門
四半期報と年報
月報 還元情報PDF
還元情報CSV
42
還元情報
検査部門
• 月報、四半期報、年報
但し、月報、四半期報は暫定報
• 月報は、データ提出後通常48時間以内に自動作成される
• 還元情報は、PDFファイルとCSVファイルがある
参加医療機関専用サイト-還元情報ダウンロード画面
43
還元情報PDFファイル
月報
エラー・注意・警告は
内容を確認して下さい!
四半期報
年報
44
JANISの箱ひげ図
検査部門
還元情報月報
JANISの箱ひげ図
数字は左から
最小値、中央値、最大値
45
分離率
分離患者数
自施設の当月
の分離率
検査部門
自施設の過去12カ月
の分離率
箱ひげ図
集計対象医療機関の前年の分離率の分布
46
月別推移・・・いつから?
47
どの病棟で? どういう検体から?
ほぼ全てのデータをCSVファイルでも提供
48
CSVファイル
5
4
MRSA
カルバペネム耐性緑膿菌
3
2
1
0
2E 2N 2S 2W 3E 3N 3S 3W 4E 4N 4S 4W 5E 5N
49
2DCM-webの利用
検査部門
2DCM(2次元キャリアマップ)
S(感性)、I(中間)、R(耐性)で表される最近の感受性検
査結果(アンチバイオグラム)を自動的に論理的にグループ分け
し、同一株であることが疑われる菌株に同じ色を付けた上で病棟な
どの地理的情報を縦軸に、検体提出日、を横軸として2次元マップ
上にプロット。
菌の院内拡散の状況の参考となる。
50
アンチバイオグラムによる色分け
同じ色→同じ株である可能性が高い
同一患者より分離された菌は線で結ばれる
検体提出日
病棟ごとに分離菌を
整理
↓
•同じ色の株が
•同一病棟で
•4人の患者より分離
↓
院内感染?
2DCM 菌の拡散解析ツール
検査部門参加医療機関が使用可能
51
JANIS通信・参加医療機関専用サイトよりダウンロード
52
お問い合わせ方法
ご質問等は、
JANISホームページ
【お問い合わせ】より
ご連絡ください。
53
ダウンロード

検査部門 概要と還元情報の見方