長崎大学大学院
医歯薬総合研究科
熱帯医学専攻修士課程
のご案内
熱帯医学専攻 修士課程




熱帯医学専門家養成を目指し、平成18年度
設立(国内初)
熱帯医学に関する基礎・臨床・疫学・国際保健
の総合学習を行う
対象:2年以上の臨床経験を持つ医師
(医師免許取得国不問)
期間:1年間
学生出身国一覧
Africa:Democratic Republic of Congo, Egypt, Guinea, Kenya, Mozambique,
Sierra Leone, Tanzania
America:Dominican Republic, El Salvador, Mexico
Asia: Japan, Laos, Malaysia, Philippines, Yemen
カリキュラム①:講義・実習・試験
4月-7月:講義・実習・試験
 Liverpool大学・London大学出身者監修による、英国
式カリキュラムを採用。
 熱帯医学に関する
・基礎(微生物学・医動物学・検査学)
・臨床(診断学・症例検討)
・国際保健(医療政策学・統計学・公衆衛生学)
を学ぶ。
 講義・実習・試験は全て英語。
講義・実習
試験:例題
東南アジア旅行後に認めら
れた皮膚所見・及びその病
理所見。
↓
診断・治療薬は何か?
試験:例題

アフリカ東部で雨季の後に高熱・下痢を主訴と
する感染症の発生・流行が疑われた。あなた
は現地衛生班として感染源・流行方法をどの
ように把握し、対応を図るのか。
カリキュラム②:海外実習(Thailand)
8月:Thailandにて海外実習

タイ国保健省を含む政府機関・大学・病院を訪
問し、熱帯地域の疾患・医療政策・研究を学ぶ。
政府機関:

Thailand NIH

Bamranaradura insitute

Thailand MOPH

Queen’s Sirkit national institute of child health
病院・大学:

Mahidol university

Sikhew hospital

Maharaja nakon rachasima hospital
NGO:

RAKS Thai foundation
※日本人は更にもう一箇所、海外実習が入ります
(希望分野・希望国へ派遣)
カリキュラム③:修士論文研究
9月-1月:修士論文研究
希望する分野へ教室配属となり、
研究を開始。
Literature reviewを含む、英文修
士論文作成を行う。
2月:論文提出・研究発表
論文提出後、Oral
presentation ・
Defenseを。
3月:終了
熱帯医学修士授与
熱帯医学修士課程の利点





国際社会に通用し、学位に値する知識・経験を修得で
きる(英国式カリキュラムの採用・英語のみを使用言語
とするのはその為。名ばかり学位ではない。)
熱帯医学に特化した学習環境
単なる教科書の世界ではなく、海外実習がカリキュラム
に含まれている
国際経験の豊富なスタッフ・世界中から講師を招聘
英語のみの環境(講義・実習・試験・論文・発表)
熱帯医学修士課程の課題
海外では認知されている学位ではあるものの、
日本では初の制度であり認知・基盤が弱い
(それを高めていくのが私達の使命であり)
 文化・宗教・生活様式の異なる集団生活は時
としてストレスです
(これを経験・理解してこそ真の国際人です)

最後に


熱帯医学・国際保健に興味をお持ちの先生方に、
登竜門としてお勧めします。
お客さんとして現地へ行くのではない。世界の現
場に心から必要とされる医師を養成する為の講
座です。
Come on & Join us!
ダウンロード

パワーポイント版(6.16MB)