中国の石油戦略
12月4日
経済学部国際経済学科
04w750林涛
中国の石油戦略
一. 中国の石油の現状
二.中国の原油輸入量の変化要因
三.中国の現在の石油戦略
四.日本のエネルギーの戦略は中国
に対する啓発。
五.石油と環境問題
中国の石油の現状
(1)石油に対する依存度
2002年中国エネルギー消費総量は 14.8億トン で 90年度に比
べ、 50% 増加したし、年平均増加率は 3.4%に達した。
1990-2003年石油消費量及びエネルギー消費構造
100
水力原
子力
80
60
天然ガ
ス
40
石油
20
0
石炭
1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003
(2)原油輸入先の拡大
石油輸入先
5000
4500
4000
3500
3000
2500
2000
1500
1000
500
0
中東
アジ
ア太
平洋
アフ
リカ
その
他
1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003
中国の原油輸入量の変化要因
(1)経済高成長による影響
(2)国内石油資源の不足
(3)エネルギーを利用効率が低い
(4)急速成長している自動車市場
中国の
石油戦略
国内
戦略
省エネ
ルギー
石油の
開発
国際
戦略
石油の
備蓄体系
ルートの多
元化と分散化
A省エネルギーと再生するエネルギー
を利用する体系
1 ) 中国のエネルギーの利用の現状
世界の平均水準 アメリカ 英仏
2003年
2006年
3.33倍
日本
3.68倍 5~7倍
10.4倍
4倍以上 7.7倍
11.5倍
2)どのようにエネルギーを節約する
中国の政策
(2006-2010年)が国内総生産のエ
ネルギー消耗を20%ぐらい下がらせ
ることを表明しました
•クリーンエネルギーを発展。
•再生するエネルギーと生物のエネルギーを利用
•省エネルギー
中日両国にはエネルギーの領域の協力を強化します。
B・国内の石油の開発
中国の最大の油田―大慶油田 枯渇
石油探査と採掘を強化
•渤海
•東海
•新疆タリム盆地
•ほかの地域
C.中国の石油を備蓄する体系
1)中国の石油を備蓄する体系の現状
•中国
7日
•アメリカ
100日
•日本
160日
2)どうして中国の石油を備蓄する体系が必要なのが?
•石油の安定の供給することができる
•石油の値段を抑制
•突発的事件の受け答え
2.国際戦略
ルートの多元化と分散化
中国の原油輸入量及び輸入先分布
二.日本のエネルギーの
戦略は中国に対する啓発
失敗
大企業少ない 競争力不足
500億ドル開発 5.7%自分の油田
大手石油企業を作る
買い付けて、探査しないこと
成功
• 省エネルギー
• 多元化
• 石油を備蓄する体系
三。石油と環境問題
大気汚染
地球温暖化
酸性雨
排気ガス
などの汚染
国民経済
の損失
1.石油工業と関係がある環境汚染の現状
•水の汚染事故
2,3日ぐらい水の汚染事故が起こる
•自動車の排気ガス
都市の大気汚染70%以上
•石化の工業の排除する排気ガス
地球温暖化、酸性雨
2004年 損失5118億元 GDP3.05%
2.環境を保護する
•きれい型エネルギー
•再生するエネルギーと生物のエネルギーを利用
•排気ガスとの排出を減らす
•国際協力 特に日本の協力
まとめる
石油を解決、国民経済の発展を保証する
国内 省エネルギー、石油の開発なと
国際 ルートの多元化、分散化なと
•省エネルギー
•クリーンエネルギーと再生
するエネルギーを利用
•環境を保護
引用

中国統計年鉴

http://politics.people.com.cn/GB/1024/4783683.html
http://news.sina.com.cn/z/hvmsmnk/index.shtml
http://www.gov.cn/jrzg/images/images/00123f37b7a105
7489a302.jpg
http://politics.people.com.cn/GB/1024/4783683.html
http://www.cafa.org.cn/Image/437420c99100a.JPG




ダウンロード

中国の石油戦略