【1 事業の内容及び実施方法】
1.1. 事業内容(実施方法を含む)
6.1(別紙1) 提案書雛型
1.1.1 電気ペネの設計
記述内容
 事業内容(実施方法を含む)について具体的に記述する。
 事業内容(実施方法を含む)
【基礎点評価の観点】
・事業目的と整合しているか。
・事業の内容が三菱重工業株式会社の意図しているとこ
ろと合致しているか。
・事業の内容が原子力プラント向け電気ペネ設計の知見
を活用して事業目的を達成できるものとなっているか。
【加点評価の観点】
・具体的かつ詳細か。
・事業の内容に創意工夫が見られるか。
・効率的・効果的、かつ実現可能な実施方法か。
・原子力プラント向け事故時用電気ペネ設計の実 績を活用して業務目的を達
成できるものとなっているか。
7
電気ペネの設計(発電用原子炉等安全対策高度化 計装システム高度化)
【2 事業実施計画】
記述内容


6.1(別紙1) 提案書雛型
 確実に成果をあげるために、応札者が行う事業実施計画(作業内容・スケジュール)について、主要なマイルストーンを記述し、提案したスケジュー
ルの根拠を具体的・客観的に記述する。
作業内容、スケジュール
スケジュール
記述例
(以下の項目等を含めて記述)
•
事業内容、担当者、開始日、終了日、作成資料名、マイルストーン
四半期
1
2
1.1.1
○○
3
4
【基礎点評価の観点】
・妥当なスケジュールになっているか
・納期までに目的を達成可能なスケジュールになっているか。(会議開
催日、調整時間など)
1.1.2
○○
1.1.3
○○
その他

中間報告
工夫及び遅滞なく作業を完了するための工夫
•
•
•
報告書作成
【加点評価の観点】
過去、XXXXにて利用したスケジュールをテンプレートにしてスケジュールを作成した。
・スケジュールが適切に実行できる根拠・工夫・経験等が示され
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
ているか
・・・・・・・・・・・・・・・
・事業の実施時期・期間が、目的に沿って設定されており、成果
が後の事業実施内容や報告書に活かせるように配慮したスケ
ジュール設定とされているか。
8
電気ペネの設計(発電用原子炉等安全対策高度化 計装システム高度化)
【3 事業実施体制】
3.1 組織としての専門性、類似事業実績
記述内容
6.1(別紙1) 提案書雛型
 組織として、本事業に関する専門知識、ノウハウ、過去の経験等について記述する。
 専門知識、ノウハウ


記述例
XXXXXXXXXX
提案書に別途含める、XXXXXXXXXXの参照 等
【基礎点評価の観点】
 過去の実績
・電気ペネ開発に関する知見があるか。
(以下の項目等を含めて記述)
 提供先(※実名が記述できない場合は、必ずしも実名を記述する必要は
ない。その場合、例えば「中央府省A」といった形式で記述する)
 実施概要
 実施時期
 主たる業務実施担当者
等
・電気ペネ開発に関する専門性にも対応できる組織
体制か。
【加点評価の観点】
・本事業内容に活かされる専門知識、ノウハウ等の
蓄積があるか。
・類似の事業実績があるか。
・原子力プラント向け事故時用電気ペネ開発の実施
経歴があるか。
さらに追加的な内容がある場合は「添付資料」として添付。
9
電気ペネの設計(発電用原子炉等安全対策高度化 計装システム高度化)
【4 添付資料】
4.1. 事業実施に係る工数
記述内容
6.1(別紙1) 提案書雛型
 「2.事業実施計画」にて提案した事業実施方法を実現するために必要な工数を、入札仕様書における項目単位で調査従事者の工数の総計を記述
する。
 【契約件名】見積り詳細
記述例
項目
工数計 (時間)
1.1.1 ○○
1.1.2 ○○
1.1.3 ○○
計
10
電気ペネの設計(発電用原子炉等安全対策高度化 計装システム高度化)
※
ダウンロード

(ppt版はこちら(140KB))