産業組織論
(4) 損益分岐と操業停止
丹野忠晋
跡見学園女子大学マネジメント学部
2011年12月8日
今日学ぶこと
1.
2.
3.
4.
限界費用,平均総費用,平均可変費用
損益分岐点
操業停止点
利潤最大化
2011/12/8
産業組織論 7
2
固定費用
固定費用は固定投入物に関する費用です.
 生産量に関わらず一定の費用
 苺農家との契約で固定的投入
 固定費用は100円

2011/12/8
産業組織論 7
3
可変費用
苺大福(個)

可変費用は可変投入
物に関する費用

労働や追加的な材料
費が可変費用

総費用,限界費用,
平均費用,平均可変
費用を求めなさい
2011/12/8
産業組織論 7
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
可変費用
0
40
60
75
100
150
240
385
600
900
4
損益分岐点と操業停止点

損益分岐点では収入と総費用が等しくなる

操業停止点では収入と可変費用が等しくな
る
2011/12/8
産業組織論 7
5
損益分岐点と操業停止点を求めよ
苺大福(個) 可変費用 総費用 限界費用
2011/12/8
平均可変費用 平均総費用
0
0
100定義されない定義されない
1
40
140
40
40
140
2
60
160
20
30
80
3
75
175
15
25
58
4
100
200
25
25
50
5
150
250
50
30
50
6
240
340
90
40
57
7
385
485
145
55
69
8
600
700
215
75
88
産業組織論 7
定義されない
6
損益分岐点と操業停止点

損益分岐点では限界費用と平均総費用が等
しくなる

操業停止点では限界費用と平均可変費用が
等しくなる
2011/12/8
産業組織論 7
7
損益分岐点と操業停止点を求めよ
平均可変費用 平均総費用
苺大福(個) 可変費用 総費用 限界費用
2011/12/8
0
0
1
2
3
4
5
6
7
8
40
60
75
100
150
240
385
600
100定義されない 定義されない 定義されない
140
160
175
200
250
340
485
700
産業組織論 7
40
20
15
25
50
90
145
215
40
30
25
25
30
40
55
75
140
80
58
50
50
57
69
88
8
各種曲線
250
200
150
操業停止点
損益分岐点
限界費用
平均可変費用
円
100
平均総費用
50
0
1
2011/12/8
2
3
4
5
6
生産量(個)
産業組織論 7
7
8
9
苺大福の生産
苺大福の市場は完全競争的だ
 市場価格は90円
 生産量が0個から8個までの収入を求めなさ
い

2011/12/8
産業組織論 7
10
苺大福(個)
0
1
2
3
4
5
6
7
8
2011/12/8
産業組織論 7
収入
0
90
180
270
360
450
540
630
720
11
経済学が教える最大利潤を求めよ
苺大福(個)
収入
0
1
2
3
4
5
6
7
8
2011/12/8
0
90
180
270
360
450
540
630
720
産業組織論 7
総費用
100
140
160
175
200
250
340
485
700
利潤
-100
-50
20
95
160
200
200
145
20
12
各種曲線
250
200
市場価格90円
150
円
限界費用
平均可変費用
P=90
100
平均総費用
50
6個が最
適な生産
0
1
2011/12/8
2
3
4
5
6
生産量(個)
産業組織論 7
7
8
13
短期と長期の費用
大繁盛のレストランは店舗を拡張する
 閑古鳥が鳴いているレストランは事業を縮小

収入が増えると予想すれば設備を充実させて
生産能力を増やす
 固定費用の増加
 可変費用が少なくて済む

平均総費用の最小点が生産水準の高いところ
へ移動する
 パターン1とパターン2の費用を検討

2011/12/8
産業組織論 7
14
苺大福 固定 可変費 総費用 平均総 固定費 可変費
平均総
総費用2
(個)
費用1 用1
1
費用1 用2
用2
費用2
定義さ
100
れない
200
0
定義され
200
ない
0
100
0
1
100
40
140
140
200
10
210
210
2
100
60
160
80
200
15
215
108
3
100
75
175
58
200
20
220
73
4
100
100
200
50
200
30
230
58
5
100
150
250
50
200
50
250
50
6
100
240
340
57
200
85
285
48
7
100
385
485
69
200
140
340
49
8
100
600
700
88
200
220
420
53
2011/12/8
産業組織論 7
15
各種曲線
250
200
150
円
平均総費用1
平均総費用2
100
50
0
1
2011/12/8
2
3
4 5 6
生産量(個)
産業組織論 7
7
8
16
固定費用の調整
生産量が少ないと固定費用が小さいほど有
利.平均総費用が小さい
 固定費用が大きいと平均費用が高くなる


小さい固定費用は少ない生産量で最少生産
費用を達成する

一方、生産量が多いほど固定費用が大きい
ほど有利.平均総費用が小さい

生産量が高くなっても平均総費用はあまり
大きくならない
2011/12/8
産業組織論 7
17
各種曲線
250
200
費用2の
方が有利
費用1の
方が有利
150
円
平均総費用1
平均総費用2
100
50
0
1
2011/12/8
2
3
4 5 6
生産量(個)
産業組織論 7
7
8
18
多くの固定費用の調整

様々な固定費用の調整が可能ならば各生産
量で最も適した固定費用を選ぶことができ
る

長期平均費用曲線とは、各生産水準で各平
均費用を最小にする固定費用が選ばれた時
の生産量に対する平均費用の関係の図

各固定費用に対応する平均費用を短期平均
費用という
2011/12/8
産業組織論 7
19
160
140
120
100
円 80
60
40
20
0
短期平均
費用曲線1
短期平均
費用曲線3
短期平均
費用曲線2
長期平均費用曲線
1
2011/12/8
各種曲線
2
3
4
5
生産量(個)
産業組織論 7
6
7
8
20
長期平均費用曲線の形状
生産技術が費用曲線の形状を決める
 規模の経済性

 生産量が多くなると平均費用は下がる

規模に対する収穫不変
 生産量が増えても平均費用は不変

規模に対する不経済性
 生産量が多くなると平均費用が増大
2011/12/8
産業組織論 7
21
ダウンロード

12/9 - 跡見学園