熱力学1 第4回
熱量と比熱
(熱量の種類(顕熱と潜熱),比熱,平均比熱)
熱量の種類

顕熱:物体に熱を与えるとき、温度を上昇させるために使わ
れた熱量
潜熱:物体の相(固体→液体,液体→気体)を変えるときに使
われる熱量
120
110
(詳細は黒板で)
潜熱(沸点) 2222 [J/kg]
100
90
80
70
T [℃ ]

60
50
40
30
20
10
0
-10
潜熱(融点) 333 [J/kg]
-20
-20
480
980
1480
q [J/kg]
1980
2480
2980
比熱


熱容量:顕熱に使う熱量について、単位温
度上昇させるために必要な熱量。1K上昇さ
せるのに必要な熱量を考えるとC[J/K]
比熱:上記を単位質量あたりにしたものが比
熱。1kgの物体を1K上昇させるのに必要な
熱量でc[J/kg・K]
(詳細は黒板で)
比熱の計算


熱容量C,比熱 c, 質量 m, 温度 T とすると。
比熱が温度が変化しても一定の場合
Q  C T2  T1 
C  mc
q  cT2  T1 

比熱が温度によって変化する場合
dq  cdT
q12   cdT   cT dT
(詳細は黒板で)
2
1
T2
T1
平均比熱

比熱cが温度によって異なる場合、各温度付近
で積分平均を求めて、それを平均比熱cmとし
て考える。(表などにまとめることで温度毎に熱
量が計算できて便利)
T2
q12
1


cm 

c
T
dT

T2  T1 T2  T1 T1
ダウンロード

Document