長崎屋再建計画
チーム:頭文字“あい”
メンバー:杉村 賢治 大谷 宜崇
折戸 英理美 吉田 彩 原 翔吾
昔の長崎屋
 顧客
45歳以上の中高年の主婦
(おばちゃんとおばあちゃん)
 自社
【店舗】暗い・古くさい
【商品】ださい・品質悪そう
最近の長崎屋
 現在、再生計画を進め、
店舗・商品改革を進めている
 店舗・商品自体はそれなりに普通のスーパー
くらいのものにはなってきた
しかし
ダイエーと同じレベルに立っただけ!
~長崎屋ism~
「健康」と「語り」
のある場を提供する
45~60歳(おばちゃん)
喫茶,CAFE
マッサージ
岩盤浴
極楽や~
凝ってますね~
フィットネス
フィットネスで、私2キロもやせたんですよ!
ところでここのケーキおいしわね♪
語らい
エリア
60歳以上(おばあちゃん)
お茶、菓子売店
診療所
眼科
先生、クチが痛いです
しゃべりすぎや!
みのさんが納豆は
体に良いって!
買って帰ろうか
畳の待合所
68歳のおばあちゃんの動き
 病院に行こう(健康)
 病院仲間とわいわい(語り)
 帰りに、下のスーパー部分でお買い物
 長崎屋に行くのが楽しみ
リピート化
これにより
 売上高
1390億円から2240億円に
Q&A
Q.なんでそれだけもうかるの?
現在の1店舗あたり売上高 およそ25億円
その他
45~60歳
60歳以上
前2
後1
0
20
40
60
80
100
120
140
導入後の1店舗あたり売上高 およそ40億円
Q. 競合に真似されないの?
A. 真似されない。
長崎屋のメインターゲットは45歳以上の主婦
であり、競合であるダイエー等のスーパーは
ターゲットが全年齢層である。
真似した場合、45歳以上のお客さん以外の
顧客に対する売り上げが低下する。
Q. 患者さんを引っ張ってこれるの?
 大病院に老人患者の斡旋をお願いする
 大病院は高度医療に集中したい
 町医者を引き抜く
 町医者の持つ顧客ごと獲得する
 患者さんが自分で動く
 かかりつけにこだわりがない患者の場合
Q. 顧客はついでに買い物をするの?
A. します。
そもそもターゲット層が主婦であり、
食事の用意や生活用品などの買い物をする
必要性が高い人達。
Q. リヴァンプの有効性は?
A. リヴァンプはマッチングビジネスを得意として
おり、その実績もあるので、テナントのマッチ
ングをしてもらいます。
例:ロッテリアとクリスピー クリーム ドーナツ
Q. 他の施設でなく、長崎屋を選ぶの?
A. 長崎屋には語れる場が用意してある。
ついでに長崎屋で食料を買えるメリットがある。
語らうだけならなぜ長崎屋を選ぶのか?
 語らいだけでなく、健康という付加価値もある。
さらに、ただ語らうだけよりも、健康に関する共
通の話題がある
ダウンロード

プレゼンテーション資料はこちら