添付資料1
カネライトスーパーE後張り断熱工法説明資料
フロン類の概要
代表的なフロン類の特徴
物質名
物質例
オゾン層破壊係数
(CFC-12=1.0)
地球温暖化係数
(CO2=1.0)
規制スケジュール
特定フロン
CFC
HCFC
CFC-12
HCFC-22
代替フロン
HFC
HFC-134a
1.0
0.055
0.0
8100
1500
1300
モントリオール議定書
1989年
1996年
規制開始
規制開始
1996年1月 2020年1月
生産全廃
生産全廃予定
2004年~65%
2010年~35%
2015年~10%
2020年~0%
ウレタン発泡用途は2003生産中止
スチレン発泡は2010生産中止
京都議定書
2008年~2012年
(注)1995年を基準
とした総排出量比を
+2%の増加に抑制
することを目標とする
添付資料2
カネライトスーパーE後張り断熱工法説明資料
グリーン購入法の概要
目的(第1条)
環境負荷の低減に資する物品・役務(環境物品等)について
①国等の公共部門における調達の推進、②情報の提供など
⇒環境への負荷の少ない持続可能な社会の構築
グリーン購入
区 分
法律(環境省 平成12年法律第100号)*1
指 定
平成14年度に断熱材が特定調達品目に指定
認定制度
なし(情報提供により、当事者間で判断)
判断基準
建築物の外壁等を通して熱の損失を防止するもの
オゾン層を破壊する物質を含有していない
再生資源を使用しているか又は使用後に再生資源として使用で
きること
発泡プラスチック断熱材のうち熱伝導率が0.028W/mKを超え
るものはハイドロフルオロカーボン(HFC)を含有していないこと。
配慮事項
長期的に断熱性能を保持しつつ、可能な限り地球温暖化影響の低
い物質が使用されているか又はハイドロフルオロカーボンの使用量
の低減に配慮されていること。
平成16年2月閣議決定
平成16年4月施行予定
*1法律名:国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(通称:グリーン購入法)
ダウンロード

カネライトスーパーE後張り断熱工法説明資料