オペレーティングシステム2006
ファイル管理 (3)
演習へのヒント他
2006年11月17日
海谷 治彦
1
目次
• Ext2の構造再び
• 実際のExt2データ(ディスクの中身)を解析
– ディレクトリを保持するデータブロックについて
– iノードの探索
• バイトオーダーについて
– i386とPPCの違い
– Little Endian vs Big Endian
2
演習で使うFSの構造
(ブロックグループが1個)
1440個のブロック,
ブロックサイズは1024B
1個
0
1
2-2
3
4
データ
グループ
ブート スーパー
iノード
ブロック
ブロック ブロック ディスクリプタ ビットマップビットマップ
1ブロック
1ブロック
ココはExt2で使わない
複数ブロック
1ブロック
1ブロック
iノードを184個分 (8×23)
23個
1412個
5-27
28-1439
iノード
テーブル
41 データ
複数ブロック
ブロック
複数ブロック
演習2ではココ(0から数えて41個目)を使う
3
演習3の大まかな流れ
• ブロック41を取り出す.
– サンプル getblock.c (任意のブロックを切り出すもの)
• その中身を構造体 ext2_dir_entry_2 に従い解析
する.
– この構造体は可変長なのでタチが悪い.
– 個々のインスタンスの長さは読み込んで,メンバー
rec_lenの値を読まないと解らない.
– よって,まずは本構造体が最大長であると仮定して,
ext2_dir_entry_2 構造体に読み込み,rec_len の長さ
を得て,次のインスタンスまでポインタを進めればよい.
• 上記がヒントですが,さらに多少の工夫が必要.
4
ext2_dir_entry_2
型: 1 通常ファイル, 2 ディレクトリ, 7 シンボ
リックリンク 他
// include/linux/ext2_fs.h の501行目
struct ext2_dir_entry_2 {
__u32
inode; // そのディレクトリのiノード番号
__u16
rec_len; // 構造体のサイズ,name[]のため可変
__u8
name_len; // ファイル名の長さ \0 は含まず
__u8
file_type;
// ファイルの型番号
char
name[EXT2_NAME_LEN]; // ファイル名
};
通常,255
効率化のため4の倍数長になっている.不要な部
分には \0 文字が詰めてある.
5
例: とあるデータブロックの中身
file_type
inode番号 rec_len
21
12
1 2
name
. \0 \0 \0
22
53
67
12
16
28
2 2 .
5 2 h
3 2 u
. \0 \0
o m e 1 \0 \0 \0
s r \0
0
34
16
12
7
4
l
b
1
2
o
s
d
i
f
n
i
l
e \0
name_len
6
例: /usr/bin/cal の番号を探す
B0
iノード
テーブル
「/」 はiノード番
号2番と決まっ
ている.
B1
user 4
etc 20
boot 31
cal 3
man 44
make 57
1
2 B0
3 B84,85...
4 B5
5
9
データブロック
B2
B3
B4
B5
bin
9
local 101
X11 202
ファイルの中身
ファイルの中身
があるブロック群
ファイルの中身
があるブロック群
ファイルの中身
があるブロック群
があるブロック群
ここは後述
B2
前回とはちょっと直してあります
7
ファイルの格納例 (1)
構造体ext2_inode
i_block[0]
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
% ls -l exercise01/index.html
4341 exercise01/index.html
1024B データブロック
1024B データブロック
1024B データブロック
1024B データブロック
1024B データブロック
直接ブロック5個利用.
最後のブロックは245B
しか使ってないはず.
(4341-1024*4=245)
8
ext2_inodeの一部
struct ext2_inode {
__u16 i_mode;
/* File mode */
__u16 i_uid;
/* Owner Uid */
__u32 i_size;
/* Size in bytes */
__u32 i_atime;
/* Access time */
__u32 i_ctime;
/* Creation time */
__u32 i_mtime;
/* Modification time */
__u32 i_dtime;
/* Deletion Time */
__u16 i_gid;
/* Group Id */
__u16 i_links_count; /* Links count */
__u32 i_blocks;
/* Blocks count */
__u32 i_flags;
/* File flags */
union {
// ** 省略
} osd1;
/* OS dependent 1 */
__u32 i_block[EXT2_N_BLOCKS];/* Pointers to blocks */
__u32 i_version;
/* File version (for NFS) */
__u32 i_file_acl; /* File ACL */
__u32 i_dir_acl;
/* Directory ACL */
__u32 i_faddr;
/* Fragment address */
include/linux/ext2_fs.h
union {
の217行目あたりから
// ** 省略
} osd2;
/* OS dependent 2 */
};
全部で128バイト
9
演習3(かも)の指針
• 基本的に数ページ前のスライド「例:
/usr/bin/calの番号を探す」と同じことをする.
• それによって,該当するファイルのiノード
構造体が得られる.
• そこから,配列 i_block[] の中身を使って,
該当するデータブロックを得る.
10
おまけサンプル
• readsuper.c
– スーパーブロックの情報を読んで画面に出力
するもの.
– バイト単位のデータを扱う参考にしてください.
• 単なるおまけではなく,この手のバイト単
位データを解析するプログラムの例題にも
なっています.
– ので,ちょっとだけ解説します.
11
いくつかの注意
• iノードは1から順番に数えてください.
• ブロック番号は0から順番に数えてください.
12
バイトオーダー
• 2バイト以上のデータを保存したり通信転
送したりする場合,最上位のデータから送
る場合と,最下位から送るかの違いが
CPUによってある.
• 最上位: Big Endian と呼ぶ
– PPC (Power PC, Macに搭載)のCPUはこっち
• 最下位: Little Endian と呼ぶ
– i386 (WinPC)のCPUはこっち
• i386の場合は,データ型毎にバイト単位で
順序がひっくり返っている!
13
マクロ rev32 rev16
rev32(x) 4byteのデータのバイトーダーをひっくり返す
rev16(x) 4byteのデータのバイトーダーをひっくり返す
ext2_os2006.h の最後のほうに入ってます.
14
オーダー確認プログラム
main(){
int x=1; // 0x00000001
if (*(char*)&x) {
/* little endian. memory image 01 00 00 00 */
puts("little");
}else{
/* big endian. memory image 00 00 00 01 */
puts("big");
}
}
15
今回の演習での注意
• 今回の練習ではバイト単位のデータファイ
ルを扱うので,バイトオーダーの問題がモ
ロ関係する.
• マック所有が大多数なので,注意してくだ
さい.
• Ext2は Little Endian (非マック型)で保存さ
れています.
16
ダウンロード

fs3