2010 R&D
for LCGT
2010の前後の状態(1)
2009の重点項目
•CLIO:低温感度向上実験
•LIGOとデジタル制御共同開発開始(主にCLIOベースの開発)
•新クライオスタット設計:開始(主に、常温段階での高真空維持が目的)
•サファイア懸架:作成方法に関し試行錯誤中
•サファイア基材:メーカー検索中。複屈折、熱吸収性能試験装置稼働
•TAMA:RSEアライメント制御検証実験の準備。(2010は注力)
•帯域・RSE:基本設計決定
•SAS:各要素技術開発・検証 開始
•SPI:採用しない。他の部分の設計の見直しなどで対応
すべて、一歩づつ以上に進展している。
しかし、肝心のCLIOのベスト感度向上(=サファイア鏡の熱雑音低減)がまだ見
えてない(アルミのワイヤーでの振り子の熱雑音系は低温化による低減効果は
確認)。 CLIOを利用するという意味で、他のR&D計画に影響。
所長の基本方針:R&Dで検証されてないものは、LCGTに入れない。
(どこまでを検証というかは、議論しなければならないと思います(三代木))
2010の前後の状態(2)
 LCGT5年目の形 案
•
•
•
•
5年目の干渉計設計は当面保守的(=3km R&Dの位置づけ)
R&Dが済んでいればその項目(SAS, RSE)は入れる余地はある
サイエンスができる感度をできるだけ設定したい
7年目にLCGTの最終形(低温, RSE, SAS)にする
2010の方針
明確に、LCGTのデザインやそこで起こりうる事を意識したR&Dを行っていく。
• LCGT独自の部分(低温・サファイア in CLIO, KEK)の開発
(現状の人員)
内山・三代木・宮川・麻生・寺田・(大石)・齊藤・宗宮
鈴木・齊藤・高橋(竜)・黒田先生M1学生1人?
• LCGT独自の部分(地下環境)をさらに生かす部分の開発(防振Workingグループ)
高橋(竜)・黒田先生M1学生1人? ・(高森)・・・
• 日本のグループが特に得意な世界共通領域の戦略(RSE in TAMA)
辰巳・(新井)・宮川・麻生・宗宮・(安東)・(川添)・佐藤・(川村)・・・
• デジタル関係は、全部にかかわってくる技術。
に分割して3重点+デジタルで進める。
防振関係が手薄なので、サポートが必要。人員の柔軟な往来が必要。
ここにない、サファイア基材や加工に関する部分は、メーカー次第のところもあるので、
金銭的サポートを受け持つようお願いする。
2010の方針
川村さんに今年度
RSE実験に関して。
•
•
•
実働人員増員の上、TAMAでRSEのアライメント実験を行うが、それで2010は精いっぱい。制御
の実態は、LCGTそのものではない。CLIOもまだ低温実験以外ができる状態にない。
一方LCGT最終案まで至ってない。
作業部会で、LCGT案を細部まで検討してもらい、その最終案をみてRSEの進め方(場所、方式な
ど)を決定したい。
SAS実験に関して。
•
実働人員増員の上、お金のかからない(準備済みの)センサー、アクチュエーター系のR&D実験を
中心に開発していく。
低温懸架・クライオスタット実験に関して
•
実働人員増員の上、懸架・超高真空対応シールドに関するR&Dを行っていく。
デジタルに関して
•
CLIOベースの開発を行う。内容は宮川君資料。
次回までの作業
年度内スケジュールを立てる。
CLIO in 2010 案
 「鏡の熱雑音」低減を見る
• 3月末までは、工事の影響で、土日しか150Hz付近の感度改善作業ができない。(土
日がだめな場合も多い)
• しかし、それにとにかく集中する。
 デジタルシステム(CLIOベースでの基礎開発期間)によるスピード
アップ
• (制御系)Mass Lockを行い、感度を出せる。
• (問題解決)長期的データ取得と分析をやりやすくしたい。
• (スピードアップ)初期設定・干渉計設定変更における最適状態復帰。
 ヒートリンク防振R&D(SPIの変更によるデザイン変更R&D)
 LSPI導入SASの中段制御への応用
 サファイアファイバー懸架(振り子の熱雑音低減)? 4枚鏡冷却
•
•
感度を追求するのは、達成できれば+評価(「鏡の熱雑音低減」が達成できていれば
必須ではない?)
今の懸架方法は、LCGTと違うので、あまりR&Dにならない所があるが冷却や、熱接
触抵抗などを確認するには1度はやっといた方がよい。
 低温実験から一端離れるか?
•
•
これは、2011年以降の計画・状態にかなり依存する
Per Endに別アクセストンネルを作り、巨大化させ、LCGT SAS相当を投入するとか。
ダウンロード

LCGT-SAS