丁半ゲーム
9班(1824081~1824084)
班長:三浦 竜
班員 : 増井 孝生
松本 和希
丸林 俊文
要求仕様
~その1~

システムの名前
「丁半ゲーム」

システムの目的
コンピューターとプレイヤーが丁半で対戦するゲームです。

システム開発の背景
丁半とは、サイコロを2つの使用して、それぞれ上面に現れ
る目の合計が偶数か奇数かを当てるゲームである。また、サ
イコロの目の合計が偶数の場合には丁、奇数の場合は半と
なる。
要求仕様
~その2~
 機能要求
*サイコロの目の表示領域、startボタン、丁ボ
タン、半ボタンがあります。
*startボタンを押し、丁ボタン、半ボタンのどち
らかを押すとサイコロの目が表示され、勝負の
判定がされて表示領域に表示されます。
 性能目標
*ユーザー数:1名
外観設計
Your select TYOU
表示領域
Judge TYOU
You win
start
tyou
han
状態遷移図
初期状態
(PUSH START)
start クリック
tyou・han クリック
表示状態
(コップ表示)
サイコロ状態
(勝敗表示)
start クリック
動作説明
①
②
start
tyou
han
Your select TYOU
Judge TYOU
③
start
You win
tyou
han
start
tyou
han
特長
 プレイヤーが選択した丁・半をサイコロの値と
比較し、勝敗の結果を出力をする点。
 画像の表示をフラグを使って制御する点。
まとめ
 今回のプログラムは一度ウィンドウを閉じな
ければ画像を表示できないので、この点を改
善したい。
ダウンロード

丁半ゲーム