【第五講義】
アトラクタとリアプノフ指数
【前回の復習】
【質問】縮小写像の定義を述べよ.
【回答】リプシッツ定数の大きさが1よりも小さい.
【質問】線形写像f : x |→Axが縮小写像であるとき,満足する条件を求めよ.
【回答】||A||<1.
【質問】z=exp(x2+y2)の点(x,y)=(a,b)における接平面を求めよ.
【回答】法線ベクトルは,(2aexp(a2+b2), 2bexp(a2+b2),-1).
【質問】2次元写像の安定周期軌道の定義を述べよ.
【回答】特性乗数の大きさが二つとも1よりも小さい.
【質問】2次元写像のサドル型周期軌道の定義を述べよ.
【回答】特性乗数の大きさが一つは1より大きく,一つは1よりも小さい.
【安定多様体と不安定多様体】
【定義:不安定多様体】 2次元可微分同相写像 f において, サドルノードpが存在する場合,
pを含む領域Up上の像の合併は,
Wu =cl{Up} ∩ f cl{Up} ∩ f2 cl{Up} ∩ f3 cl{Up} ∩ ……..
不安定多様体とよばれる.
Up
f2Up
fUp
不安定多様体は,不安定固有空間に接し,その外部への延長となる.
【質問】同様に安定多様体Ws∩cl{Up}を定義せよ .
【馬蹄写像の多様体】
【定義:馬蹄写像】 F:x  [0,1]× [0,1] → R2
【定義:不変集合】L={x[0,1]×[0,1] : Fnx  [0,1]×[0,1] for  nZ}
Cantor集合× [0,1]
V0
V1
00 01
11 10
Cantor集合× [0,1]
V1
10
11
01
00
V0
【馬蹄力学系】
【定義:馬蹄力学系の不変集合】L = Cantor集合×Cantor集合
【定義:馬蹄力学系と記号力学系】 Lの元を
s = ….s-3s-2s-1 . s0s1s2 …. ∈S2
でコーデングすることで,馬蹄力学系(L,F)は記号力学系(S2,F)と位相共役となる.
したがって,馬蹄力学系の不変集合Lは,カオス的不変集合の特性
○加算個の周期軌道が存在し,その全体はΛ上で稠密.
○非加算個の非周期軌道が存在する.
○稠密な軌道が存在する.
○乱雑な軌道が存在する.
を満足する.
【不変集合上の接バンドル】
n周期点の接空間は,n個しか存在しないが,準周期軌道あるいは非周期軌道の
接空間をどのように扱ったら良いか?
可微分同相写像F : U→Uの軌道{x0, x1, x2, ……}は,Λ上で稠密であり,
Λ=cl{x0, x1, x2, …}⊂U
は不変集合であるとする.
Λの不変性とコンパクト性から,F : Λ→ Λも同相写像となる.
【接バンドル】点x∈Λの接写像の合併∪x∈ΛTxΛを接バンドルという.
【Λ上の接写像】F*Λ : ∪x∈ΛTxΛ → ∪{Fx:x∈Λ}TFxΛ = ∪x∈ΛTxΛ
不変集合上の1点の長時間反復に注目せず,すべての点の1回反復のみを考える.
【不変集合上の接バンドル】
【定義:双曲型不変集合】
①a  Lにおいて接写像の不変直線
Df]x=aEu(a) = Eu(fa),
Df]x=aEs(a) = Es(fa)
②不変直線に関して,
||Df-1]x=a x ||  l||x|| for xEu(a),
||Df ]x=a h ||  l||h|| for hEs(a)
を満足する0<l<1が存在する .
が存在する.
③ L上では, Eu(a), Es(a)が連続に変化する.
⇔
相空間
線バンドルの存在.
Eu = aL Eu(a), Es = aL Es(a)
⇔
セクターバンドルの存在.
Df-1Su  Su, Df Ss  Ss
…….
a
f 2a
fa
…….
接空間
Df]x=a
Df]x=fa
Df]x=f2a
【質問】
【質問】以下の馬蹄写像の不変集合の相似次元を求めよ.
1
a
1
a
a
a
【リアプノフ次元とリアプノフ指数】
【定義:リアプノフ指数】
写像 f:U → Uの軌道{x0,x1,x2,…}に関して合成された接写像
f*xn f*xn1     f*x1 f*x0 : Tx0U  TxnU
の線形作用素
A = limn Df ]x= xn Df ]x= xn1      Df ]x= x1 Df ]x= x0
が収束するとき,ATAの固有値の平方根の対数をリアプノフ指数という.
【定義:リアプノフスペクトル】
符号込みで大から小の順に並べたリアプノフ指数において,大なる方から
n番目の指数を第nリアプノフ指数という.また,零を含めた指数の符号部
の並びをリアプノフスペクトルという.
【定義:リアプノフ次元】
リアプノフ指数 {l1, l2,..,ln}において,非縮小的な体積素の最大の次数を
iとするとき,
i + (l1+l2+…..+li)/li+1
をリアプノフ次元という.
【アトラクタとベイシン】
【定義:アトラクタ,トラッピング領域およびベイシン】
写像 f: U → Uの不変集合Lの開近傍Tが,
① f cl(T)  T ②
i=0 fi cl(T) = L
を満足するならば,これをアトラクタ,Tをトラッピング領域という.
また,十分大きなM>0に対する部分集合
B(T) = {x∈U : fM x ∈ T}
をアトラクタのベイシン(吸引圏)という.
【質問】2次元写像fが単位正方形上で漸近安定な不動点pとqを持つとするとき,
トラッピング領域とベイシンの概念図(相図)を描いてみよ.
【2次元写像のアトラクタの分類】
周期アトラクター :リアプノフスペクトル(-,-)
i=0よりリアプノフ次元は,0.
準周期アトラクター :リアプノフスペクトル(-,0)i=1よりリアプノフ次元は,1.
カオス的アトラクター :リアプノフスペクトル(-,+)i=1よりリアプノフ次元は,1+α.
【質問】リアプノフスペクトル(0,0)の場合はいかなる不変集合となっているか?
【回答】非可算個の周期軌道の集合,もしくは、非可算個の準周期軌道の集合
いずれの場合もアトラクタではない.
【質問】3次元写像のリアプノフ次元を求め、その状態を分類をせよ.
(a) (-,-,-) (b) (-,-,0) (c) (-,0,0) (d) (-,-,+)
【回答】
(a) i=0よりD=0. 周期アトラクタ
(c) i=2よりD=2. 2トーラスアトラクタ
(b) i=1よりD=1. 1トーラスアトラクタ
(d) i=1よりD=1+α. カオス的アトラクタ
【公理A系アトラクタ】
【定義:公理A系アトラクタ】
コンパクト集合Lが,
①双曲型
②稠密な軌道の存在
③周期軌道全体は稠密
④トラッピング領域の存在
を満たすなら,これを公理A系アトラクタという.
【命題】ソレノイド写像 f : R3 → R3は,
公理A系アトラクタを持つ.
【質問】ソレノイド写像のリアプノフスペクトルを求めよ.
f
【Hénon写像:(xn+1, yn+1) = (0.3yn+1-1.4x2n, xn)】
【命題:精度保証計算によるトラピング領域の証明】
xfDと最寄のyDの距離は||x-y||>1.9×10-5となる.
【疑問】Hénonアトラクタi=0 fi cl(D)は,カオス的なのか?
①トラピング領域を持ち,漸近安定である.
②数値計算上では,正Lyapnov指数を持つ.
・極限集合i=0 fi cl(D)は,複数の不変集合の合併
となり,分解不可能性が満たされない.
【Lozi写像: (xn+1, yn+1) = (0.5yn+1-1.7|xn|, xn) 】
【定義:一般化された双曲性】ほとんど全ての点(ルベーグ測度零集合)
を除いて,接空間の分解が可能である.
【命題】Loziアトラクタi=0 fi cl(D)は,カオス的である.
①トラッピング領域を持ち,漸近安定である.
②正リアプノフ指数を持つ.
③周期アトラクタは存在しない.
ダウンロード

講義用スライド(pptファイル)