ハイビジョンカメラおよび
超高感度テレビカメラによる日食観測
土佐 誠、大江宏典(仙台市天文台)
東原健介(五島光学研究所)、花岡庸一郎(国立天文台)
観測計画・目的
• ハイビジョン(HDTV)カメラによる皆既食・コロナの撮影。
• HDTVカメラ+透過回折格子(600本/mm)によるフラッシュス
ペクトルの撮像(太陽表面のガス・彩層のスペクトルを観測)。
• HDTVカメラ+魚眼レンズによる全天・シャドーコーンの撮影。
• 超高感度TVカメラ(GOTO NC-R550a) +鉄輝線狭帯域(Fe
X 6374Å)フィルターによるEコロナの撮影(コロナそのものを
光で、コロナの構造を調べる)。
• アウトリーチ及び天文・地学教育の資料・教材として活用。
• 雲のため、目的を達成できなかった。
•HDTVカメラ(SONY HDR—X520)+透過
回折格子(600本/mm)によるスリットレス
スペクトル。皆既5分前:左は0次の太陽像、
右は一次像(スペクトル)。目的:フラッシュ
スペクトルの観測
•超高感度TVカメラ(GOTO NCR550a)+鉄輝線(Fe X 6374Å)狭帯域
フィルタ(右上先端部分)
•目的:Eコロナの観測
ダウンロード

ハイビジョンカメラおよび 超高感度テレビカメラによる日食観測 仙台市