大気環境への石綿の飛散防止
規制について
大阪府環境農林水産部
事業所指導課
はじめに
事前調査結果の表示について
事前調査結果の表示は、アスベストが
使用されていない場合でも必要です!
※事前調査等:大阪府条例 第40条の3
※事前調査の結果の表示:大阪府条例施行規則 第16条の6
石綿が使用されている場合
事 前 調 査 の 結 果 に つ い て
大阪府生活環境の保全等に関する条例第40条の3の規定により、石綿含有建築材料の有無を調査した結果、
当該建築物には、石綿が使用されていました。
石綿含有建築材料の有無を調査した日
建築物等の解体、改造又は補修する工事を行う期間
平成
平成
年
月
年
月
日 ~ 平成
日
年
月
日
使用している石綿含有建築材料
建築物等の解体、改造又は補修の作業を伴う建設工事を施工しようとする者の氏名:
(法人にあっては、名称及び代表者の氏名)
住所
:
連絡場所(連絡先)
:
・縦40センチメートル以上、横60センチメートル以上の掲示板によること
・
「使用している石綿含有建築材料」には、
「吹付石綿」
、
「石綿含有保温材」
、
「石綿含有断熱材」
、
「石綿含有耐火被覆材」
、
「石綿含有成形板」の中から、使用されているもの全てを記載すること。
石綿が使用されていない場合
事 前 調 査 の 結 果 に つ い て
大阪府生活環境の保全等に関する条例第40条の3の規定により、石綿含有建築材料の有無を調査した結果、
当該建築物には、石綿が使用されていませんでした。
平成
石綿含有建築材料の有無を調査した日
建築物等の解体、改造又は補修する工事を行う期間
平成
年
月
使用している石綿含有建築材料
建築物等の解体、改造又は補修の作業を伴う建設工事を施工しようとする者の氏名:
(法人にあっては、名称及び代表者の氏名)
住所
:
連絡場所(連絡先):
・縦40センチメートル以上、横60センチメートル以上の掲示板によること
年
月
日 ~ 平成
日
年
月
日
アスベスト規制全般について
アスベストの規制目的
解体現場から環境中へのアスベスト
飛散を防止し、周辺住民の健康を守る
<作業の基準>
・届出
・作業場所の隔離
・前室の設置
・集じん排気装置の設置
・薬液等による湿潤化
・事前調査等掲示板の設置
規制を受けるアスベスト
•
•
•
•
•
•
クリソタイル(白石綿)
アモサイト(茶石綿)
クロシドライト(青石綿)
トレモライト
アクチノライト
アンソフィライト
大気汚染防止法に基づく特定粉じんに係る規制の徹底について
(平成20年2月 環水大大発 第080215002号 環境省通知)
規制を受けるアスベスト
石綿の質量が当該建築材料の質
量の0.1%を超えるものをいうもの
とする。
石綿による健康等に係る被害の防止のための大気汚染防止法
の一部を改正する法律の施行等について(平成18年9月 環水
大大発 第060905003号 環境省通知)
届出のポイント
根拠法令
• 大気汚染防止法
• 大阪府生活環境の保全等に関す
る条例(以下「大阪府条例」)
労働基準法・石綿障害予防規則は厚生労働省
建築物等の解体等作業に係る規制
事
前
調
査
の
対
象
・吹付け石綿
・石綿含有保温材
・石綿含有耐火被
覆材
・石綿含有断熱材
石綿含有成形
板のみの場合
(みなしも含む)
石綿を含有する建
築材料を使用して
いない
■面積に関係なく大気汚染
防止法の届出対象
事
前
調
査
結
果
の
表
示
■使用面積50m2以上
⇒府条例に基づく測定義務
■面積1,000m2以上
⇒府条例の届出対象
■面積1000m2未満
⇒届出対象外
の作
適業
用の
対基
象準
(
石・
敷
綿地
排境
出界
等基
作準
業
)
※
(
す
べ
て
の
解
体
等
の
工
事
)
使用建築材料
※敷地境界基準は
10本以下
建築物の解体等作業に係る作業の基準
作業の種類
掲示板の設置
•
•
•
1.吹付け石綿等を使用している建
築物等の解体作業
(次項及び次々項を除く)
2.石綿含有保温材、石綿含有耐火
被覆材、石綿含有断熱材の除去作業
(掻き落とし、切断又は破砕以外の
方法による場合)
3.吹付け石綿等を使用している建
築物等で人が立ち入ることが危険な
場合等、解体にあたってあらかじめ
吹付け石綿等を除去することが困難
な場合
4.吹付け石綿等を使用している建
築物等の改造又は補修作業
5.石綿含有成形板を使用している
建築物等の解体、改造又は補修作業
石綿の飛散防止措置
建築物等の敷地
内の公衆の見や
すい場所に、作
業内容(施工者
の氏名、作業の
期間・工程、石
綿飛散防止措置、
石綿の濃度の測
定計画等)を記
載した掲示板を
設置
•
•
作業場所の隔離・前室の設置
負圧の維持
高性能集じん・排気装置の設置及びその良
好な運転管理
薬液等による湿潤化
除去後の石綿飛散防止
•
•
•
除去部分周辺の部分養生
薬液等による湿潤化
除去後の石綿飛散防止
•
建築物等に散水又はこれと同等の措置
•
囲い込み・封じ込めを行う場合
⇒劣化箇所・下地との接着不良箇所の吹付け石
綿等の除去
•
除去を行う場合
⇒解体作業の場合と同様の措置の実施
•
•
•
•
•
石綿飛散防止幕の設置
原則手作業による撤去
散水設備の設置
除去成形板の作業場内での切断時における
集じん装置を備えた切断機の使用
除去成形板の破砕の回避
排出水の処理
石綿を含む水を
作業場の外へ排
出する際の適切
な措置の実施
建築物等の解体工事に際して
規制を受けるアスベストは6種類
解体前に必ず事前調査を行うこと
事前調査結果を必ず掲示すること
作業の基準が適用される
敷地境界基準が適用される
事前相談・届出
事前相談
• 工事をする市町村によって事前
相談・届出先が変わります!
• 特殊な工法を採用する場合など
審査に時間を要する場合は事前
に相談してください
• 囲い込み・封じ込め(できるだけ
除去をお願いします)
事前相談
石綿含有の確認方法(例)
○建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策
マニュアル2007(環境省)
※ (社)日本作業環境測定協会からも発行
○石綿含有建材データベース(国土交通省HP)
http://www.asbestos-database.jp/
○既存建築物の吹付けアスベスト粉じん飛散防止
処理技術指針・同解説2006(日本建築センター)
○ その他
届出先
○各市で受付
大阪市、堺市、豊中市、高槻市、吹田市、枚方市、東大阪市、八尾市、
茨木市、池田市(箕面市、豊能町、能勢町は池田市で受付)、河内長
野市、富田林市、大阪狭山市、太子町、河南町、千早赤阪村、泉大津
市(忠岡町を含む)、阪南市、松原市、貝塚市
○泉州農と緑の総合事務所環境指導課
(泉南府民センタービル内)
岸和田市、泉佐野市、和泉市、高石市、泉南市、熊取町、田尻町、岬
町
○上記以外は
大阪府環境管理室事業所指導課で受付
届出先
○ 平成24年9月~
松原市
○ 平成25年1月~
貝塚市
届出のしおり・様式はこちらでダウンロード(大阪府HP)
http://www.pref.osaka.lg.jp/jigyoshoshido/asbestos/todokede.html
届出内容
○
・
・
・
・
・
工事概要の説明
スケジュール
事前調査結果
石綿使用箇所
除去作業
石綿濃度測定計画(測定をする場合)
○ 連絡先
○ 検査(隔離養生)の日程(平日10時~16時)
○ 届出者が代表者以外である場合、委任状
届出審査の重要ポイント
○ 届出は作業開始の14日前
○ 適正な作業基準の確認
大気汚染防止法施行規則第16条の4、別表第7
大阪府条例施行規則第16条の8、別表第9の2
届出審査の重要ポイント
○特定建築材料(アスベスト)の使用面積
⇒使用箇所、主要寸法が資料から確認できるか
○集塵・排気装置・資材など
⇒使用機材がカタログで確認できるか
○掲示板
⇒設置場所が見取り図から確認できるか
⇒記載内容(施工者情報、アスベストの使用の有
無、 種類、調査年月日)がわかるか
届出審査(大阪府所管分)
○適正な産業廃棄物処理委託で
あるか(有効な処理・処分業許可
証(写)の添付等)
○個人情報の入った資料の添付
は不要
届出審査-吹付け
○隔離養生されている区域に前室(セキュリ
ティ)が設けられ、負圧となっていることが資料
から確認できるか
○換気回数の計算根拠が資料から確認できる
か(隔離養生容積+前室容積)
○負圧集じん機の設置場所が適切か(前室と近
すぎないか、排気経路)
届出審査-石綿含有成形板
○飛散防止幕の設置場所の確認
○原則手作業で撤去
(機械を使用する場合、散水等飛
散抑制措置が必要)
届出審査-測定計画①
○一工区で使用するアスベスト(吹
付、保温材、耐火被覆材、断熱材)
の使用面積が50m2以上あるか
○測定地点及び測定の作業中の
測定地点に、前室と排気口に近い
地点があるか
届出審査-測定計画②
分析方法は大阪府公告第24号の2
「石綿の濃度の測定法」(平成22年
4月より)
※石綿6種に対応した方法報告下限値は0.056本/L
立入検査
立入検査-確認事項
 養生シートの設置状況
 集じん機の稼動状況、フィルタの管理表
 事前調査掲示板の設置、及び記載内容
 前室設置
 隔離養生の施工状況
 負圧
 使用機材
 廃アスベスト保管場所
養生シートの破け・はがれ
負圧の状態に留意
負圧集じん機の管理
前室の巻き上がり
養生シートの膨らみ
養生シートの膨らみ
窓は養生前にシート二重・目張り
換気扇の養生時は外部ダクトを先に塞ぐ
構造物の撤去による隙間に注意
配管はできるだけ養生すること
構造物のでっぱり部分を補強
突起部分はテープで補強すること
作業区域と区域外を仕切る場合
養生はビニールシートを二重
折半屋根の隙間は埋めること
特殊例(モルタルの下に吹付け材)
成形板の作業
建物高さ以上の飛散防止幕を設置
作業員の持ち出しには十分注意
• 作業後、エアシャワーを十分に浴びる
• 廃石綿を詰めた袋の持ち出し回数を減らす
行政測定
○実施時期
作業開始後、測定業者による測定と並行測定
○結果
敷地境界基準を超過した場合、基準に適合
するまで、作業の一時停止を命ずる
作業完了報告書
作業終了後、「作業完了報告書」を
提出をしてください。
•
•
•
•
施工写真
指導事項の改善写真
アスベスト測定結果(測定計画届出がある場合)
マニフェストE票の写し(大阪府所管分)
府民からの問い合わせ
住民からの問い合わせがあった場合は
届出等を確認後、電話による確認及び
現場確認をすることがあります。
まとめ
• 届出先は工事を行う市町村によっ
て異なります!
• アスベストの有無にかかわらず、
事前調査結果の掲示をすること
• 作業にあたっては、事故がないよ
うにお願いします
環境中へのアスベスト飛散を
なくしましょう!
ご静聴ありがとうございました
ダウンロード

PowerPointファイル/4.49MB