道路網リンクの閉塞率判定データを用いた
数値的・視覚的避難経路解析
-上ノ加江を事例として-
高知高専正会員 竹内光生
四国建設コンサルタント(株)正会員 山崎陽子
高知高専専攻科学生会員 岡林優太
1
研究の背景
県政重要課題
南海地震津波対策
漁村における津波対策基本方針検討会
(高知県海洋局)
キーワー
ド
逃げる
避難路,避難場所など
施設整備計画基本方針
漁村地域モデル→ 上ノ加江地区
2
研究の背景
避難路整備計画、避難誘導計画
現状道路網での避難経路網
最短距離経路
古い建物の倒壊
道路沿いブ
ロック塀の倒
壊
道路の閉塞
道路区間の閉塞を考慮した避難経路網
3
上ノ加江地区
(S56年以前)旧耐震基準建築木造住宅率
阪神大震災
80.3 %
旧耐震基準木造住宅ほぼ倒壊
道路の約 7 割閉塞
地震時
多数道路が閉塞する可能性
4
研究の目的
避難誘導計画策定に資することのできる数値的・視覚的
避難経路解析法の提案
現在の道路幅,道路網での避難経路解析
(GPS、測量成果)
(高知県海洋局,第一コンサルタンツ提供)
地域住民の避難計画
通行可能・不可能な経路の把握
地震後襲来する、津波での2次災害
5
上ノ加江地区

総人口夜間892人,昼間815人
(2000年国勢調査)
世帯数404世帯
高齢化

65歳以上全体の4割

上ノ加江の道路総延長9252m
幅員1m未満→約 4%
2m未満→約39%
3m未満→約57%
4m未満→約79%
上
ノ
加
江
漁
港
小学校
全体的に見て狭幅員
6
閉塞率を想定した避難経路解析
• リンク幅員と長さを考慮した閉塞率算定法
2m
2m
4m
未満
~
4m
~
対面するどちらか
の建物が倒壊
6m
対面する一対の建物 対面する2組の建物が
同時に(連続しなくて
が同時に倒壊
も)
倒壊
道路
建物
7
閉塞率を想定した避難経路解析
• リンク幅員と長さを考慮した閉塞率算定法
2m
2m
4m
未満
~
4m
~
C1=1-(1-ZU)2m
C2=1-{1-(ZU)2}m
6m
C3=1
-{1-(ZU)2}m
-m(ZU)2・{1-(ZU)2}m
-1
m: 1リンクに面する片側の平均建物棟数(20m)
Z:建物倒壊率(0.803)
U:道路側へのガレキ流出率( 1/4 , 1/2 , 1 )
8
閉塞率を想定した避難経路解析
• リンク幅員と長さを考慮した閉塞率算定法
幅員及びリンク長により推定した
閉塞率(Z=0.803,U=0.25,m=L/20)
幅員2m未満
幅員2m~4m
幅員4m~6m
幅員及びリンク長により推定した
閉塞率(Z=0.803,U=0.5,m=L/20)
幅員2m未満
幅員2m~4m
幅員4m~6m
幅員及びリンク長により推定した
閉塞率(Z=0.803,U=1.0,m=L/20)
1.000
1.000
1.000
0.900
0.900
0.900
0.800
0.800
0.800
0.700
0.700
0.700
閉 0.600
塞 0.500
率 0.400
閉 0.600
塞 0.500
率 0.400
閉 0.600
塞 0.500
率 0.400
0.300
0.300
0.300
0.200
0.200
0.200
0.100
0.100
0.100
0.000
0.000
0
50 100 150 200 250 300 350 400 450 500
リンク長
避難路(U=1/4)
(U=1)
幅員2m未満
幅員2m~4m
幅員4m~6m
0.000
0
50 100 150 200 250 300 350 400 450 500
リンク長
避難路(U=1/2)
0
50 100 150 200 250 300 350 400 450 500
リンク長
避難路
9
現状の解析結果
避難路(U=1/4)
① 560m
②1402m
避難路(U=1/2)
避難路(U=1)
① 468m
② 964m
① 453m
② 911m
①;平均移動距離,②;最大移動距離
10
避難経路網を改善する対策法
迂回する原因となっている
道路を整備して改善を図る
避難場所を小学校のほかに
新たに設置して改善を図る
11
特定のLINKを整備
避難経路網に特に影響を与え
ると思われる4つのlinkの整備
海側
整備内容;幅員を6mに拡幅
平均移動距離
560m
最大移動距離
1042m
避難路(U=1/4)
12
特定のLINKを整備
避難経路網に特に影響を与え
ると思われる4つのlinkの整備
海側
整備内容;幅員を6mに拡幅
平均移動距離
最大移動距離
560m
1042m
451m
(-109m)
911m
(-131m)
避難路(U=1/4)
13
避難場所を2箇所に設置
避難場所を小学校と
北山の2箇所に設置
平均移動距離
560m
海側
最大移動距離
1042m
避難路(U=1/4)
14
避難場所を2箇所に設置
避難場所を小学校と
北山の2箇所に設置
平均移動距離
海側
最大移動距離
560m
1042m
388m
(-172m)
797m
(-245m)
避難路(U=1/4)
15
まとめ
地震規模が小さいなど,比較的閉塞率の高いlinkを
推定することができる場合,避難経路網は迂回する
傾向を示す
地震規模が大きいなど,linkの閉塞率に差がなく閉塞す
る危険性の高いlinkが不特定多数の場合,避難経路網
は大きく迂回することも困難となり,最短経路に近づく
全ての地震規模に対応する為には,まず,比較的小規
模の地震に対応した避難経路網を整備する必要がある
16
ダウンロード

道路網リンクの閉塞率判定データを用いた数値的・視覚的避難経路解析