仮説を比較する
スノーボードのリピーターを増
やすには?
事件編(基本観察)
• 今日はスノボーの話。事件編
• 前回は、卒論と同じ仮説を立てるのに、必要最小
限の基本観察をお示しした。
• 推理小説と同じで、かなりネタバレ
⇒切り取られた現実
• 現実の現象を考えるとき
⇒むしろどこに着目するかが、オリジナリティの見
せ所(まだまだ日本ではあんまり
進んでいない教育法~欧米の大学では、あたりまえ
だけど)
動機の難しさ
紅翔祭:天気は残念だったけど、力作が多かった。
なんであんなにがんばれたのか?
(がんばれなかった人との差は何か?)
「どうしたら、いろいろなことにがんば
れる自分」を演出できるか~とっても
重要なヒントになる!
いろいろ理由は思いつくけど、
なかなかホントのところはわからない
問いになりえる動機のなぞ
例:なぜ朱鷺メッセ
本人たちに聞けば、
そのものズバリ、動
機がわかっちゃう。
が込んでいるか?⇒今日は
コンサートがあるから
これはマスコミの仕事
聞かれれば、“みんな(世間)”が
納得する答え言うけど、その答え
を応用しても解決になり得ない
決して解決には結
びつかない!
例:なんで非行に
走ったんだ!
ケイサツ(世間が)
が納得してくれる
答えを言う
本人だって、解決策がわからない
どうするか?
多くの人の行動・
証言(現場)
基本観察
どの仮説が正し
いか、もう一度
原因に影響を与えている差異は何か?
現場に戻る!
仮説を立てる!
(例:非行に走る人・走らない人)
今度の事件
ウィンタースポーツ
新潟にとっては大変重要な産業
もちろん他の産業にも影響!
参加率(その年一度でもやった
人)と参加回数
12
参加回数⇒半分に!
10
8
6
4
参加率⇒比較的緩やか
2
参加率 %
年間活動回数 回
年間平均費用 万円
0
H9
H10
H11
H12
H13
H14
スノボーのリピーターが増えない
のなぜ
参加率は、5年で60%増し…
けど…一人あたりの参加回数
5年で半分に!
続ける人と、続けない人の差は何か
やめる人はいろいろ言うかもしれない:
それを改善したら、戻ってくるのか?
改革しなければ、新潟困る! 我々が考えよう!
皆さんの仮説
•
•
•
•
•
•
•
お金がない
ブームが去った
メディアとのギャップ
時間がない
シーズンが短くなった
インターネットに取られた
高齢化(若年人口の減少)
つづき
•
•
•
•
•
•
•
長野五輪の影響が薄らいだ
一度行くと十分
過疎化した
混雑するようになり、行かなくなった
一度、怪我をしていかなくなる
若年老人が増えた
教えてくれる人が減った
基本観察を説明できる仮説にしよう!
• 経済困窮説
H9→H14
参加率は増えている。平均回数は減った。
一度行くぐらいのお金持ちは増えたが、繰
り返し行くほどの、とってもお金持ちの人は
減った。
基本観察を説明できる仮説になった!
ブーム説
• 基本観察;参加率は下がっていない。
流行はひとつの要因だが、これだけでは
基本観察をうまく説明できない。
メディアとのギャップ説
流行に乗って一度やって懲りた
これでも説明しきれない。
H9のころだって、同じだったはず…
とっても重要なファクターだけど、もうひとつ工
夫が必要
余暇時間減少説
H9→H14
参加率は増えている。平均回数は減った。
一度行くぐらいの余暇時間がある人は増え
たが、繰り返し行くほどの、とっても時間が
ある人は減った。
学生、減った? H9→H14の時期だ
と減っていない。ほぼ横ばい。
社会人の残業時間?
天候説
• 温暖化でシーズンが短くなった。
H9→H12
回数半分になった。シーズン半分には
なっていない。大雪だったH12には回数
少し持ち直し! ある程度説明力はあるが
これだけで説明はつかないようなだ。
その他
インターネット説 H9からの変動では、さすがに苦しい
か? レジャーにいけなくなるほどはまる人も少なくない
が、スノボー人口が半減するほど?
長野五輪説
面白いが、参加率が上昇。これだけでは説明苦しい。
過疎化説 やはりH9からの5年の変動を説明するには苦し
いか。
若年老人説 やはりH9からの5年の変動を説明するには苦
しいか。そうでもないのかな?
皆さんぐらいから、急激に体力低下(文部科学省の調
査)
危険・教育説
• 危険説
一度怪我をして、やめる。
H9→H14 なぜ怪我が増えたか
・教育説
教えてくれる世代が、引退。そのため、初
心者が上達できず、参加回数が減少。
説明になっている! 怪我が増えた原因
にも。
ダウンロード

仮説を比較する