タスクバー上のミニゲーム
05A1054
前田嵩公
種田研究室
はじめに
本研究では、自分でゲームを作ったことがな
かったので、Visual Basicを用いてタスクバー上
に小さく目立たず、デスクトップ画面に溶け込ん
で遊べるミニゲームを作成した。
(仕事中に遊べるかも?)
開発環境
 OS
Windows XP
 言語 Visual Studio 6.0(VB)
 ソフト Iconverter(アイコン)
Pixia(画像)
MakeRGN (リージョンデータ)
MakeRGN
通常、四角いウィンドウを異なる形(隋円や多角形など)
にするには、まず、リージョンと呼ばれる描画領域を作ら
なければならない。MakeRGNは、Visual Basicで四角で
はないウィンドウを表示するのに必要なリージョンデータ
(ウィンドウの周囲の形を形成するデータ)を作成するソフ
ト。絵の枚数が多い場合や複雑な形になるとデータを作
成するだけで大変な作業になるが、MakeRGNを使うこと
により自動で複雑なリージョンデータを作成してくれる。
ゲーム開発の流れ
ゲーム全体の構想を練る
↓
キャラクタや背景などの絵をPixiaを使って書き、
MakeRGNでリージョンデータを作成して、リージョン
ソースをプロジェクトに取り込み出力する
↓
キャラクタ用のフォーム、プロジェクト内で使用する共
通変数や共通関数を定義する標準モジュールを追加
し、プロパティなどを設定する
↓
テストプレイを行い、エラーなどが無ければ開発終了
ゲーム内容
今回作成したゲームは、タスクバー上のシュー
ティングゲームを作成した。ゲームは、障害物や
敵機の攻撃を避けながら最後に出てくるボス(目
が弱点)を倒すとクリアになる。自機は、三回ダ
メージを受けるとGAME OVERである。ステージ
は3つあり、ステージの長さや障害物などにより
難易度が違う。
素材
自機
自弾
敵機
敵弾
爆発1
爆発2
ステージ
ステージ1(512×99ピクセル)
ステージ2(1024×99ピクセル)
ボス
ボス
ボス
ステージ3(1024×99ピクセル)
操作手順
exeファイルをダブルクリック
シューティング.exe
Enterキーでスタート
方向キーで移動、スペースキーで攻撃
敵機を倒すor避けながら進む
ボスが出現するので撃破
クリア
シールドを右クリックして終了
デモ
まとめ、今後の課題
今回のタスクバー上のシューティングゲーム
を作ってみて、ゲーム作りの楽しさを学ぶことが
できた。
苦労したところは、ステージの構成を練ること
と、エラーを取り除くこと。
今後の課題としては、動きが単純なので敵機
の攻撃のバリエーションを増やしたり、処理速度
を安定化や、たまにおかしな動作をするのでそ
の原因の解明などが挙げられる。
参考
参考本
つーるバーゲームを作ろう
http://hp.vector.co.jp/authors/VA031375/
アクションゲームプログラミング
http://www.sbpnet.jp/books/
アクションゲームアルゴリズムマニアックス
http://www.sbpnet.jp/books/
C++ わくわくゲームプログラミング
http://www.rutles.net/
ご清聴ありがとうございました。
ダウンロード

タスクバー上のミニゲーム