コンテンツの充実にむけて 2008-2009
特色あるコンテンツ
小林・益川ノーベル物理学賞受賞論文公開 (2008-10)
“Progress of Theoretical Physics”編
益川敏英 京都大学名誉教授
(元基礎物理学研究所所長)が
集委員会より特別に許諾を得て登
ノーベル物理学賞を受賞!!
録・公開
(2008/10/9)
(2008/10/7)
MANGA Kyoto University
(2008-10)
マンガによる京都大学
紹介冊子
京都大学・京都精華大
学共同プロジェクト
2008年度アクセスラン
キング No.1
京都大学学術出版会との連携
第2弾 (2008-09)
今後の学位論文
2008年年間アクセスランキング(PDFダウンロード数)
順位
種別
著者
タイトル
掲載誌等
アクセス
京都大学・京都精華大学
MANGA Kyoto University
マンガプロジェクト.
1 図書
Takahashi K, Tanabe K,
Ohnuki M, Narita M,
2 雑誌論文
Ichisaka T, Tomoda K,
Yamanaka S.
3 紀要論文
7,751
Induction of Pluripotent Stem Cells from
Adult Human Fibroblasts by
Defined Factors
Cell; 131(5), 861-872
笠原, 勝幸; 小田, 裕造;飯 人工股関節全置換術(THR)術後の股関 京都大学医療技術短期大学部紀要;
19(1), 1-9
田, 寛和;中村, 孝志
節脱臼について
4 学位論文 小室, 努.
Makoto KOBAYASHI,
Toshihide MASKAWA.
超高強度コンクリートを用いた鉄筋コンク
リート柱の圧縮特性に関する研究
3,130
2,109
2,035
CP-Violation in the Renormalizable
Theory of Weak Interaction
Progress of Theoretical Physics; 49(2),
652-657.
1,983
6 紀要論文 玉木, 彰.
在宅酸素療法と呼吸リハビリテーション
京都大学医療技術短期大学部紀要.
別冊, 健康人間学; 16, 24-34
1,403
7 図書
地震(図解雑学)
1,266
8 学位論文 Eu, Seunghun.
Porphyrin-and Phthalocyanine-Sensitized
Solar Cells
1,228
9 学位論文 川原村, 敏幸.
ミストCVD法とその酸化亜鉛薄膜成長へ
の応用に関する研究
1,084
10 紀要論文 池添, 冬芽.
高齢者の体力づくり (第17回健康科学公 京都大学医学部保健学科紀要: 健康
開講座4)
科学; 1, 39-45
5 雑誌論文
尾池, 和夫.
とったのか?という問い合わせが
多く、その人たちに見ていただくた
めにWebアドレスを連絡するだけ
で、多くの人に見ていただけます。
以前ならば、海外に太い冊子を一
人一人に対して送付しなければな
らなかったのですが、今はメール
でhttp://repository.kulib.kyotou.ac.jp/dspace/handle/2433/66109
というアドレスを連絡するだけで、
すべてが済みます。
学位論文の電子化・公開
883
【KURENAI特別インタビュー:企業研究者が京大リポジトリに学位論文を登録
するわけ】より抜粋
いままでも多くの著者が文献を
書く際に、学位論文を引用文献と
するケースはよくありました。しか
し、それは一部の人が国会図書館
かもしくは大学の図書館に行くこと
でしか閲覧することができず、学位
論文が"引用文献"として機能して
いませんでした。引用文献欄に、
学位論文タイトルとWebアドレスを
記載することで、誰もがPDFファイ
ルを閲覧でき、引用文献の機能を
十分に果たします。
国内外から「どんな内容で学位を
学位申請時におけるリポジトリ登録許諾確認
過去の学位論文
遡及的な許諾確認調査後,電子化・公開
平成19年度
学位取得者(本学名誉教授、本学教員、他大学教
員等)で連絡先が確認できた約3,400名に対してリポジ
トリ登録・公開の許諾依頼を実施。
平成20年度
許諾の回答の得られた約1,800名のうち約1,000名分
を電子化。電子化完了したものより,順次,登録・公
開している。
【KURENAI: 収録論文数が3万件を突破! / 【特別インタビュー】経済
学研究科・藤井秀樹教授】 より抜粋
紀要・ゼミ論集・Proceedings等
約20学部の約70誌を公開
藤 月 会 論 集
京都大学経済学研究科・藤井秀樹
研究室のゼミ論文集
『非財務情報の有用性に関する実
証研究 : 藤月会論集第16号』
⇒ 年間アクセスランキング No.47に
ランクイン
藤井秀樹教授にインタビューしてみ
ました。
私たちは,ゼミ論文集を,1人
でも多くの人に読んでもらいた
いと思っています。1人でも多く
の人に読んでもらうことによっ
て,共同研究というゼミ生たち
の自己実現のプロセスが初め
て完結するからです。
しかし,学部学生の研究論文
ですから,それを学会等の学
術雑誌で発表することは非常
に困難であり,事実上は不可
能です。それでやむなく『藤月
会論集』という私製の冊子体で
研究成果を発表してきましたが,
それだけでは,
読者の広がりの点でも,対外
的なインパクトの点でも,大き
な限界があります。ゼミ論文を,
KURENAIという京都大学の公
式的な学術情報システムを通
じて発信することで,対外的な
インパクトを高めながら,読者
層を全国,全世界に広げること
ができます。
つまり,KURENAIは,ゼミ生
たちに自己実現の重要な機会
を与えてくれているのです。そ
の意味で,KURENAIは,私たち
にとって大変有難いシステムで
す。
学内の各所に埋もれた学術
情報を掬い上げ,それを広く社
会に発信するというKURENAI
の取組みの趣旨を読んだとき
に,これこそが,私どもが長年
無意識のうちに求めていたも
のだと思いました。
KURENAIは,私どものゼミ論
文のような中間的な学術情報
を対外的に発信するには,理
想的なメディアです。京都大学
には,埋もれた学術情報がま
だたくさんあるはずです。
KURENAIの担当者各位が,
そうした学術情報を引き続き丹
念に発掘され,KURENAIのコン
テンツをさらに一層充実したも
のとされることを期待しており
ます。そのような取組みが,京
都大学の社会的使命を果たし
ていくことにも繋がると思いま
す。
ダウンロード

csi_poster_20090709 - Kyoto University Research Information