証券市場
証券の種類
発行市場と流通市場
・株式
・債券
・投資信託
・デリバティブ
http://www.toranoko.net/kanto
証券の種類
証券 「財産上の権利義務が記載された紙切れ」
証券
証拠証券
預金証書、借用証書、受取証書

有価証券
商品証券
貨幣証券
資本証券
船荷証券、倉荷証券など
(財貨請求権証券)
手形、小切手など
(貨幣請求権証券)
株券、債券、投資信託受益証券など
(投資に伴う諸権利請求権証券)
証券市場:2つの市場
発行市場と流通市場
証券
*発行市場
(資金調達の場)
¥

政府、地方公共団体、金融機関、事業会社等の
経済主体が、証券の発行によって資金調達を行う場であり、
経済効果を得る。
¥
*流通市場
証券
(証券売買の場)

証券の換金性(流通性)の向上
新たな買い手を見出して、自分の株式を現金化する

流通の過程で株価が形成され、需給の関係によって、株価も
変動する。
株 式
株式の種類
株式の流通(売買)
株式の発行
株式投資の実際・心得
株主の権利・メリット
http://www.toranoko.net/kanto
株式(stock)の種類





普通株(common stock)
配当や残余財産に制限がない
優先株(preferred stock)
優先的に配当を受ける、
残余財産の分配を優先的に受ける
後配株(deferred stock)
優先株、普通株の後に、
配当・残余財産を受ける
無議決権株式 (株主総会で権利行使資格なし)、
転換株式 (優先株から普通株へ)
株式の発行 (資金調達の場)



株主割当増資
第三者割当て増資
すべての株主へ割り当てる
特定の関係者へ割り当てる
(時価発行but株主総会決議で自由可)
時価発行公募増資
希望者を募集し、抽選する
☆その他
 株式分割
 転換社債の株式への転換
 新株予約権付社債の権利行使
 合併
 抱き合わせ増資(有償と無償の組み合わせ)
株主の法的権利
株主(株券保有者)の3大権利
①配当を要求する権利
配当請求権
②経営に物申す権利
議決権
③倒産時、財産をもらえる権利
残余財産分配請求権
その他

株式転換請求権、 株式買取請求権、 新株予約権
代表訴訟提起権、 書類・帳簿閲覧権、 提案権
株主の経済的メリット

株式投資のメリット
①配当 インカムゲイン(利益の分配、
預金金利に似ているが、何も保証されていない)
②値上がり益 キャピタルゲイン
(株価の上昇部分、景気や業績に左右される)
③株主優待
利益還元サービス
(会社商品・サービスの割引や特典を受ける)
株式の流通 (株式売買の場)
* 取引所市場
各取引所に上場された
企業の市場取引
 競争売買方式
売り
手買い手とも複数で同
時に相対する競売買
(価格優先・時間優先)
* 店頭市場(JASDAQ)
店頭登録された企業の
相対取引
証券会社の店頭で、証券会社
と顧客、証券会社
相互間で個別的に売買
取引所市場 (証券取引所)






東京証券取引所(第1部、第2部、マザーズ)
大阪証券取引所(第1部、第2部、ヘラクレス)
名古屋証券取引所(第1部、第2部、セントレックス)
札幌証券取引所(第1部、アンビシャス)
福岡証券取引所(第1部、Q-ボード)
株式売買の実際
流通市場(一般の売買の場合)
売る人
投資家
電話&internet
\
買う人
証券取引所
証券会社
broker
(現金は4日目受け取り)
line \
証券会社
\
broker
投資家
電話&internet
\
(代金の支払いは4日目までに入金)
Index of Industrial Production
株式投資の心得
110
108
106
104
102
100
98
96
94
92
90
1990
リスクへの対応ができているか?
1992
1994
1996
1998
2000
*3つの余裕
①資金 ②時間 ③心
*投資手法の会得
 テクニカル分析
(変動パターン,トレンドの分析)
 ファンダメンタル分析(企業価値、経済・環境の分析)
 ポートフォリオ管理(分散投資、リスク&リターン管理)

ダウンロード

株 式