計測情報処理論
カラー撮影,CCD 以外の撮像系
撮像素子の制御による高度な計測
カラー撮影
• R, G, B 3原色を順に撮影するもの
– filter wheel 方式等
• 光エネルギーを R, G, B の3成分に分け,
同時に撮影するもの
– 3管式,3板式(3CCD)
• 各画素にそれぞれ R, G, B のどれかを担当
させるもの
– 原色フィルタ,補色フィルタ
– Foveon
フィルタホイール方式
• 各フィルタを任意に選ぶことが出来る
– 特殊な特性のフィルタが利用可能
• 4色以上の撮影が可能
– マルチスペクトル化(材質の認識など)
• カラー化が難しい特殊なCCDが利用可能
– 超高解像度 CCD など
• 静止物しか撮影できない
顕微鏡撮影,天体撮影などの科学技術用
商品カタログなどの静物撮影用
フィルタホイール
3管式カメラ
プリズム
撮像管
レンズ
3板式カメラ
各プリズムの界面には「干渉フィ
ルタ」が蒸着により構成されてい
る.干渉フィルタは異なる屈折率
の透明物を所定の厚みで重ねる
ことにより,波動光学的に光を反
射・透過するので,入射光は波
長ごとに反射率が決まり,残りの
光エネルギーは透過する.
• エネルギーのムダがなく,感度が高い
• 色再現性が高い
(画素ごとに着色する必要がないため)
1板式
R G R G R G R G
Cy Ye Cy Ye Cy Ye Cy Ye
G B G B G B G B
G Mg G Mg G Mg G Mg
R G R G R G R G
Cy Ye Cy Ye Cy Ye Cy Ye
G B G B G B G B
Mg G Mg G Mg G Mg G
R G R G R G R G
Cy Ye Cy Ye Cy Ye Cy Ye
G B G B G B G B
G Mg G Mg G Mg G Mg
原色フィルタ
(Bayer 配列)
補色フィルタ
• CCD の各画素に着色
– 原色フィルタ
○自然な色再現 ×感度が低い(ノイズが多い)
– 補色フィルタ
○感度的に有利 計算により R,G,B値に変換
カラー画像の再現(1)
• 最も単純な方法(各色の補間)
G
G
G
G
G
G
G
G
G
G
G
G
G
G
R
R
R
G
R
R
R
R
G
R
R
R
R
G
G
G
R
G
G
G
G
G
解像度が落ち
てしまう(赤,青
では縦横各半
分)
カラー画像の再現(2)
• もしも対象が単一色であるとすると
– 例:R = G = 2B の場合(B が ½ の明るさ)
R G R G R G R G
R G R G R G R G
G B G B G B G B
G B G B G B G B
R G R G R G R G
R G R G R G R G
G B G B G B G B
G B G B G B G B
R G R G R G R G
R G R G R G R G
G B G B G B G B
G B G B G B G B
• それぞれの画素の値を上式に従い推定
– R の画素: G = R, B = 1/2R
– G の画素: R = G, B = 1/2R
– B の画素 : R = 2B, G = 2B
○輝度の解像度は
落ちない
×色解像度が落ちる
光学ローパスフィルタ
• 結晶(ニオブ酸リチウムなど)の複屈折の性
質を用いて像をぼかすための素子
• サンプリング(標本化)時のエリアシングを防
ぐ
CCD素子の例
• ソニー 1/6inch CCD
かなり小型化している
非正方格子
CCDの内部回路
• 通常,信号発
生回路等は
含まれない
(チップセット
等により供
給)
• カラーフィルタ
は補色系
分光感度特性
読み出しと色の計算
• フィールド毎に縦2画素を
結合して読み出し(インタ
レースのため)
• 色差信号は,左右画素の
和,差で計算
• 色差信号=(Y, R-Y, G-Y)
読み出しと色の計算
画素
(2画素分
の電荷が
ひとまとめ
にされてし
まう)
4相転送方式
(垂直転送
で利用)
転送方式
2相転送方式(水
平転送で利用)
転送速度が速い
• 読み出し部
• 転送されてき
た電荷を取り
出す
ビニング (binning)
• 白黒CCDにおいて,隣同士の画素の電荷を
ひとまとめにする方法
通常読み出し:
垂直転送1回につき,全画素を
読み出し
垂直ビニング:
垂直転送を2回連続で実行した
後,全画素を読み出し
2x2 ビニング:
垂直転送を2回連続で実行した
後,水平転送2回ごとに1回だけ
読み出す
オンチップレンズ
X-Y アドレス型撮像素子
それぞれの「スイッ
チ」に用いられてい
る素子の名称が撮
像素子の名称とな
る
(例えば CMOS 型
FET が使われてい
る場合,CMOS セ
ンサと呼ばれる)
CMOSセンサの基本構成
CMOS 型撮像素子
• 低消費電力
– 全画素に電圧をかけておく必要がない
• 他の回路との混載可能
(通常の半導体プロセスが利用可能)
– 画像処理回路を合わせて1チップ化できる
• 従来はノイズが多い傾向
– 昨今は大幅に改善
• ランダムアクセス可能
CMOS センサの応用
• ランダムアクセスを生かした研究例
• CMOS 混載プロセスによる画像処理回路を
用いた研究例
CCD での部分読み出し
• CCD でもビニングのような手法により部分読
み出しが可能
• CCD による部分読み出しの研究例
カラーCCDでの
ビニング
Foveon
• 1つのセンサー
の奥行き方向に
RGB各色の受光
素子を配置
• 既に実用化
Foveon
Sigma
ダウンロード

カラー,MOS,撮像素子の制御