期末試験と成績評
価について
2009年度「企業論」
川端 望
試験と単位認定について



小テスト20点、期末試験80点。計100点満点で60点
以上が合格。
上記の100点枠とは別に、授業中の発言、再チャレ
ンジ支援制度による加点・減点がある。
『学生便覧』の「専門教育科目の履修上の注意」の
試験関連事項をよく読むこと。
 追試験は、試験終了後3日以内に教務係に願い出る


試験結果はWeb入力するので2月半ば以後、各自
確認可能になる。
試験結果に疑義がある場合は、教員に申し出ること
ができる。
 ただし、結果への疑義と関係ない頼み込みは受け付けな
い
試験の方法


出題の少なくとも一部は穴埋め式または選択式で
ある。さらに加えて記述式も出すかどうかは非公開。
出題範囲は、「第2章 内部組織」以後とする
 第2章を含む。
 (1)TCEに沿った説明を求める、(2)講義での教員の見
解に沿った説明を求める、(3)受講者自身の見解を求め
る、のいずれであるかの区別が明らかなように出題する

以下のもののみ持ち込み可(掲示済)。
 A3の紙1枚。裏表に手書き、印刷、コピーで書き込んでよ
い。ただし、別の紙を切り貼りしてはいけない。紙以外の
ものも貼り付けてはいけない。
持ち込みQ&A






Q:プリンターでA3の紙に直接印刷してよいか?
A:可。
Q:コピー機でA3の紙に直接コピーしてよいか?
A:可。
Q:A3の紙にノートやレジュメを切り貼りしてよいか?
A:別紙を貼るのだから不可。
Q:付箋を貼ってよいか?
A:別紙を貼るのだから不可。
Q:2枚の紙を張り合わせて裏と表にしてよいか?
A:1枚の紙ではなく、どちらかが別紙になるから不可。
Q:切り貼りしたものをA3の紙にコピーしたものは?
A:できあがりがA3の紙1枚なら可。
過去の出題について

2006年度、2008年度の期末試験問題と解答
は以下で公開されている。
 http://www.econ.tohoku.ac.jp/~kawabata/jugyo
file/jugyokigyo.htm

過去と同じ出題が一つもないとは限らない。
何に注意して勉強するか

テキスト、スライド資料、ノートの理解。
 スライドを極度に詳しくつくっているので、スライドに特に
注意を払う。
 実際に教員が何をしゃべったか、ノートで確認する。
 穴埋めすべき部分を確認する。

キーワードの定義が書けるように練習する。
 経済辞書は『有斐閣経済辞典第4版』、『岩波現代経済学
辞典』を推奨するが、辞書が正しいとは限らないので注意。


図や表で説明されている考え方に注意する。
対になっている言葉がセットで出てくるようにする。
 「生産費用」と「取引費用」とか、「企業内労働市場」「職業
別労働市場」「二次的労働市場」など。
この講義の基本的な組み立てを
理解する

TCEの主張をきちんと理解する。
 TCEの理論。
 TCEによる日本の企業システムの説明。

この講義の主張をきちんと理解する。
 TCEによる日本の企業システム理解はどこまで有効で、
どこがおかしいか。
 TCEによらないのであれば、日本の企業システムをどう
理解すべきか。

この講義に沿って、日本の企業システムとその変化
を理解する。納得できなければ自説を構築する。
復習のための主要文献

宮本光晴[2004]『企業システムの経済学』新世社。
 本講義は、この本を批判的に読むことによってつくられた。
そのため、本講義で「TCEの見解」としている考えは、お
おむね(すべてではない)この本に書かれている。

ポール・ミルグロム&ジョン・ロバーツ(奥野正寛ほ
か訳)『組織の経済学』NTT出版、1997年(原著
1992年)
 取引費用理論による企業論のテキスト。用語集が便利。

上井喜彦・野村正實編著[2001『日本企業 理論と
現実』ミネルヴァ書房。
 本講義の見解は、この本の影響を受けている。
ダウンロード

7-2 期末試験と成績評価について