企業システムの進化と多様性
清水耕一
第3講
生産モデル
3-1 利潤戦略と成長分配様式の適合性
国際体制
市場
国民所得の
成長・分配様式
企業
利潤戦略
労働
3-2 利潤戦略(1)
 利潤源泉
 量(規模の経済)
大量生産によって製品1単位当りの製造コストを削減
 多様性
製品を多様化して多様な支払い能力を持つ需要を満たす
 品質
社会的な差異化を求める消費者の期待を満たす
 イノベーション
製品イノベーションによって独占的利益(レント)を確保
 生産のフレキシビリティ
生産・雇用調整によって市場停滞期にも収益性を確保
 原価低減
絶えざる原価低減活動によって利益を確保
3-2 利潤戦略(2)
 自動車産業における利潤戦略
 品質戦略:BMW,ダイムラー,ボルボ
 多様性・品質戦略:初期のメーカー(手作り),
イギリス
 量戦略:T型フオードのフォード,ビートルのVW
 量・多様化戦略:GM,1970年代以降のVWグルー
プ
 原価低減戦略:トヨタ,プジョー
 イノベーション・フレキシビリティ戦略:ホンダ,
1990年代のクライスラー
3-3 成長・分配様式
 競争型成長分配様式:イギリス
 所得分配は不平等で不安定⇒市場は細分化
 消費主導・競争型成長分配様式:現代のアメリカ
 所得水準は高いが貧富の差⇒需要の階層化
 競争的価格財輸出主導・競争型成長分配様式:アジア諸国
 競争的分配⇒分配の不平等⇒市場の階層化
 消費主導・調整型成長分配様式:戦後のアメリカ,フランス,イタリア
 所得分配は全国的に調整⇒所得水準は高いが格差も小さい⇒装備市場の成長⇒
需要の差別化へ
 特化財輸出主導・調整型成長分配様式:ドイツ
 所得分配は全国的に調整⇒高賃金⇒中・高級品市場の発達
 競争的価格財輸出主導・調整型成長分配様式:日本
 対外競争力⇒分配の調整⇒高賃金・低格差⇒消費需要の拡大
3-4 生産モデル
 生産モデル
 選択した利潤戦略を展開するためにCG妥協によって
支えられた首尾一貫性・整合性を持つ実現手段(製品
政策,生産組織,雇用・労働関係)の総体である
 CG(コーポレート・ガバナンス)妥協
 首尾一貫して利潤戦略を遂行しうるための企業内ア
クター間の,とくに労使間におけるコーポレート・ガバ
ナンスについての妥協
 例:フォード主義的労使間妥協、トヨタの労使共同宣
言、ドイツの共同決定、フォードの譲歩交渉
国際体制
成長分配様式
労働
市場
利潤戦略
製品戦略
CG妥協
生産組織
雇用関係
生
産
モ
デ
ル
ダウンロード

企業システムの進化と多様性 清水耕一