「新都心の地域減災セミナー」
第一回・趣旨説明
都市と大震災:
震災時にまちや建物はどうなるのか
新都心の地域減災セミナー・プロジェクト代表
工学院大学 建築学科 久田嘉章
セミナーHP:http://www.kogakuin.ac.jp/bcp/index.html
首都圏の震災は近いと言われるけど・・・
・30年間発生確率70%→実感・イメージできず、対策は?
内閣府資料より
対策の必要性は認識:耐震診断・補強、業務継続計画
(BCP)、改正消防法(6月施行:消防対策→防災対策)
→既存の防災センター、消防計画、訓練(主に避難訓練)・・
火災と震災の違い:高層建築の場合
状況
火災時
発災
一箇所(火災)
館内
エレベータ稼動、
通信通話可能
周辺
平常、消防・警察出動
状況把握
可能(防災センター)
初動対応
通報、防災センターによ
る避難誘導、消防隊到
着・消防活動
意思決定
防災センター
避難者
基準階、帰宅、自宅待機
対策・
訓練
防火管理者、消防計画、
消防組織、消防用設備、
火災・煙探知器→自動検知
消火器・消火栓→初期消火
スプリンクラー作動→消火
電話・非常電話→通報
消火失敗・煙→基準階避難
・初期消火訓練、避難訓練→逃げる訓練
・意志決定者が不在でも緊急対応可能
防災センター・警備室
・ビル内連携・地域連携が無くても対応可能
火災発生
火災と震災の違い:高層建築の場合
状況
地震時
発災
同時多発(火災、建物・設備損傷、什器転倒、
天井・ガラス等落下、閉込め、傷病者・・・)
館内
エレベータ停止、ライフライン遮断、通信輻輳
周辺
広域な同時多発災害、傷病者、延焼火災、交
通マヒ、ライフライン損傷、通報不可、消防・
警察対応困難、大量の滞留者、治安悪化・・・
状況把握 困難(現場のみ)
初動対応 消防・防災センター対応困難、現場対応(初
期消火、傷病者の救援救護、閉込め者救出)、
避難、不明者捜索、安否確認・・)
意思決定 防災センターは機能麻痺・意思決定不可、現
場(自衛消防組織)、災害対策本部(責任者)
避難者
館内収容、帰宅困難者、数日滞在
対策・
耐震診断・補強、転倒防止、防災管理者・防
訓練
災計画・BCP策定、緊急時対応組織(現場・
災害対策本部)、備蓄・資機材、非常時通
信・・・
・対応組織・図上演習・発災対応訓練→立ち向かう訓練
・意思決定者がいなければ機能せず
・ビル内・地域間の連携が無くては対応が困難
7
社長室?
建物・設備被害
6強
閉じ込め発生
傷病者発生
周辺大混乱・治安悪化
6弱
防災センター
工学院大学の地震防災・減災活動の取組み
○研究:地震防災・環境研究センター(EEC:2001-2008年度)、
都市減災研究センター(UDMC:2009-2014年度)
→ハード対策:構造・設備・ライフライン・什器・二次部材(診断・補強)
ソフト対策:防災計画・BCP、組織・連携・訓練・情報、マニュアル・・
○地域貢献活動:新宿区西口地域現地本部(新宿区)、広域避難場
所(八王子市)、学生ボランティア活動協定(予定)
防災活動・訓練:新宿駅周辺滞留者対策訓練、新宿・八王子キャン
パス防災訓練、東京都北区・新宿区などの発災対応型防災訓練
→平成20年度「防災隣組」育成促進モデル事業(内閣府)
○教育:学生教育:文科省・学生支援GP:いのち・つなぐ・ちから-学
生連携型地域防災拠点の構築大学間連携:神戸学院大学、神戸女子大学・神戸女子短期大学、
大妻女子大学、兵庫医療大学、東北福祉大学との協定
社会人教育:文科省・新規学習ニーズ対応プログラム:首都直下地
震に備える施設管理者への減災対策および復旧復興マネジメント
教育プログラム→新都心の減災セミナー
新都心の地域減災セミナーのねらい
ー地震防災・減災のPDCAサイクルー
• 計画(Plan):現状調査(点検リスト・マップなど)、被害想定、対
策案(ハード・ソフト)の策定・・・
• 実行(Do):耐震診断・補強、対応組織・備蓄・マニュアル・・・
→ 新宿駅周辺地域における建物や周辺地域の震災イメージを持
ち、現実的な被害想定を行う
→ 工学院大学新宿校舎を教材にした防災計画・震災対策の具体
的な立案と改善方法を学ぶ
• 検証(Check):図上演習、防災訓練の実施・・・
→ 防災訓練(10/15午後:新宿駅周辺地域防災対策協議会と協
働)に参加・検証する(発災対応型訓練、安否確認、情報収集・
共有、傷病者対応、新宿駅西口地域現地本部活動・・)
• 改善(Act):修正・改善案の策定・実施、次年度に向けて
→ 反省会・改善案策定、シンポジウム・ワークショップ開催
• 地域連携による減災体制の構築:共助(顔の見える繋がり)
震災イメージと被害想定
被害想定(内閣府、東京都)
実大震動実験(防災科学技術研究所兵庫
耐震工学研究センター:E-Diffenceなど)
都市災害の具体例:阪神・淡路大震災
建物被害の具体例:阪神・淡路大震災
7
具体的な教材(新宿校舎)
• ハード対策:地震動、
地震応答、構造・設備・
ライフライン・什器・・
• ソフト対策:点検マ
ップ・被害推定・備蓄・
通信・対応組織・・
フロア点検
マップ
設備・ライフライン機器
構造解析
エレベータ経路・機械
防災センター・警備室
災害対策本部
防災訓練による検証、地域連携の構築
• 発災対応型防災訓練(2009年10/15 午後)
発災対応:火災・傷病者・閉じ込め→現場
情報収集:フロア・組織単位・現場→本部
避難・安否確認:避難階(低層階・組織単位)
傷病者対応:1階フロア・応急救護・・
情報集約・意思決定:防災センター・災害対策本部・・ 発災対応型訓練
新宿駅西口現地本部活動訓練
• 地域連携体制の構築
新宿駅西口現地本部活動訓練(2008年度)
・情報収集・共有:地域・公共交通・病院・・
・傷病者対応:多数の傷病者、トリアージ、搬送・・・
・駅周辺滞留者・災害時用援護者:収容・ケア・・
傷病者対応訓練
・学生ボランティア活動訓練:設営・情報提供・・
・八王子キャンパスの活用訓練:郊外情報共有・・
今後は、地域の人材・機材・備蓄・スペースなど共用、
地域継続計画(DCP)など
→日頃からの顔の見える繋がりの構築
西口現地本部活動訓練
セミナーの内容(2009年度)
•開講時間:隔週(水)16:20-19:30、第6回のみ午後13時から (防災訓練)
第1回 07/08(水) 都市と大震災:
震災時に街や建物はどうなるのか、具体的なイメージを持つ
第2回 07/22(水) 首都圏の震災想定と対策の現状:
首都圏・新宿地域・建物被害を知り、共助・地域連携の重要性を知る
第3回 09/02(水) 超高層建築など大規模建物の震災想定と対策 1:
工学院大学新宿校舎を教材に、主としてハード対策を実例を通して学ぶ
第4回 09/16(水) 超高層建築など大規模建物の震災想定と対策 2:
工学院大学新宿校舎を教材に、主としてソフト対策を実例を通して学ぶ
第5回 09/30(水) 超高層建築など大規模建物の震災想定と対策 3:
地域連携と防災訓練への参加・検証計画、役割分担
第6回 10/15(木) 防災訓練へ参加・検証
13~17時予定:新宿駅周辺滞留者対策訓練協議会と連携
第7回 11/04(水) 今後に向けて:訓練の報告・反省・次年度、BCP・DCPなど
•見学会 08/19(水) 13:30-17:00:清水建設・技術研究所
•シンポジウム 12/12(土) 午後:新宿駅周辺地域とBCP・DCP(案:中山区長)
•国際ワークショップ 2010/1/23(土) 午後: 多文化共生都市と震災対策(案)
セミナー開講・テキスト作成に際し、多くの関係者の協力を頂いています(名簿)。
詳細はHPをご覧ください(http://www.kogakuin.ac.jp/bcp/index.html)。
本日の予定(第1回セミナー)
○1時限(16:20~17:50):
過去の震災から学ぶ都市の大震災:
1. セミナー趣旨・概要:久田(工学院大)
2. 過去から学ぶ都市震災(阪神・淡路大震災など)
・被害概要・映像:久保(ABSコンサル)、 テキスト
児島(損保ジャパン・リスクマネジメント)→1.1.1
・建物被害の特徴と教訓:久田 →1.1.2~1.1.4
・都市機能・生活被害と教訓:
村上(工学院大)、秦(東京ガス)→1.1.5~1.1.8
3. 質疑・議論・補足:全員
休憩(17:50~18:00)
本日の予定(第1回セミナー)
○2時限(18:00~19:30):自己紹介・議論
1. 参加者・委員の自己紹介:所属・自社(自分)の
震災対策の現状・セミナーに期待することなど、
を1人1分程度で
2. 議論:それぞれの立場から
・阪神・淡路大震災など都市震災から学ぶこと
・首都圏での減災対策に行かすべきこと
・新宿駅周辺地域でさらに考えるべきこと、など
3. 課題説明:首都圏直下地震と減災対策
4. アンケート調査・図上演習・見学会参加確認など
懇親会(終了後)→顔のみえる繋がり構築へ!
ダウンロード

第1回趣旨説明 - 久田研究室