生物活用 教科書 p.42
押し花の特徴
誰にでもできるドライフラワーの一種
植物標本の技術である。
急速に乾燥させて色・形を保持させる技術
そのままだと(乾燥していないと)色素は分解する。
適当な状態で保存しておけば様々な用
途に利用できる。
アートへ応用
園芸療法にも活用
押し花の活用
フラワーアート
蘭展に押し花工芸部門がありま
す。展示会も沢山あります。
花しおり、葉書、額、コースター、
クリスマスカード、タイルアート
外部講師授業
制作する作品
押し花の活用
園芸療法
◇子供のころの遊びを思い起こさせてくれる。
◇材料集め・・・散策
自然を楽しむきっかけ
◇色彩感覚を刺激する
大脳を刺激する
◇指の運動
◇押し花アートを通じてのコミュニケーション
◇葉書のやりとり
押し花の作り方
材 料
前日に植物を切り取って・・充分水揚げする
新聞紙をぬらして包む
※鮮度の高い花材がよい。
咲いたばかりの花かつぼみがよい。
材料は丁寧に扱う
押し花の作り方
前処理
押し花の作り方
前処理
※太く水分の多い茎や花は、カッターナイフで
2つ割にするか切り込みを入れる。
※並行脈や照葉の葉や茎は、サンドペーパー
(粗目)の上に置いて牛乳瓶のような円筒物を
軽く押さえ加減で転がす。
※ランのように肉厚の花は、サンドペーパー
(細目)で花の裏を軽くこする。
押し花の作り方
乾燥の仕方
押し花の作り方
乾燥の仕方
①乾燥マット(乾燥剤の入ったマット)に花和紙を
広げ草花を並べる。
※草花は片寄らないように重なりを少なくする。
※子房の大きい花は、おしべ・めしべを取り除く。
②並べた草花に花和紙を重ねて乾燥マットを重ねる。
③乾燥マットを6段まで重ね、押し板にはさんで5kg
以上の重しをのせて2~3日放置する。冬は1週間
押し花の作り方
保存の仕方
乾燥した押し花は、花保管袋に保管する。
専用のピンセットを使う(傷つけないこと)
押し花作りの様子
それでは実際にやってみよう!
ダウンロード

ダウンロード