データで読み解く日本
経済
山澤成康
授業の構成

日本経済について、データを用いて分析する
データ
前半
 ミクロデータ
後半
 マクロデータ

個人のデータ、企業のデータ
国全体のデータ
履修登録の流れ(2009)

4月14日(火) 1回目授業
4月11日、13日(3年) 4月15日、16日(4年)
一次履修登録申請期間

4月20日(月) 1次申請抽選結果発表

4月21日(火) 2回目授業

当選した学生は当該科目を削除できない。

データで読み解く日本経済の位置づけ
経済予測論
(大学院)
マクロ経済学
経済統計学
計量経済学
データで読み解く日本経済
日本経済論
評価法

出席をとる。(グラフや表の提出で代替)

4回以上休むと単位は取得できない。
就職活動も休む理由にはなりません
 (パソコンの数に限りがあるため。)


中間、期末のレポートで評価

両方ださないと単位は取得できません
参考書


山澤成康『景気変動と経済政策がよーくわか
る本』
後半に使用。
レジュメのダウンロード

ホームページ(山澤研究室)からダウンロード
ダウンロード

日本経済論B