Q:今日のあなたは昨日のあなたと同じか?
1.人の体は約60兆個の細胞からできている。
2.今日のあなたは昨日のあなたと同じか?
3.古くなった6000億個以上の細胞が死んでいく。
4.心臓や脳のような細胞は死なないが、古くなったタンパクは分
解される。
5.壊された細胞や分解されたタンパクに代わって新しい細胞やタ
ンパクが作られる。
6.生きるためにはエネルギーが必要。
エネルギー産生は、糖の酸化によって生み出される。
細胞膜はコレステロールを材料に作られる。
タンパク合成のためにはアミノ酸が必要である。
消化器の解剖
消化器系とは、食物を摂取し、分
解し、腸管で吸収した後、食物残
渣を排泄する器官である。
消化器:消化管(口腔、食道、胃、
小腸、大腸)、 肝胆道、膵臓
Q:栄養を分解して吸収する理由は何か?
消化酵素と栄養素
消化液
酵素名
作用
唾液
アミラーゼ
でんぷん
胃液
ペプシン
タンパク質
胆汁
胆汁酸
脂質の乳化
膵液
トリプシン
タンパク質
キモトリプシン
タンパク質
アミラーゼ
でんぷん
リパーゼ
脂質
ホスホリパーゼ
リン脂質
核酸分解酵素
核酸
Q:口の中の食べ物を気管に入れてしまっ
たらどうなりますか?
あなたならどうなります?
お年寄りならどうなります?
口腔内カンジダ症
白っぽく見える白班、偽
膜が特徴的。
免疫不全に伴うことが
多い。
口腔内にはカンジダをはじめとして
凡そ400種類1兆個(1014)もいる。
これが嚥下性肺炎の原因となるの
で、高齢者では口腔内の衛生管理
が重要。
食道疾患
1.胃食道逆流症
2.食道静脈瘤
3.食道がん
食道裂孔ヘルニア
食道裂孔も食道と胃のつなぎ目を締めているが、年齢とともに緩んでしまい、ここ
から胃がはみだす「食道裂孔ヘルニア」になることがある。こうなるとさらに胃液が
逆流しやすくなるが、逆流性食道炎の患者さんはこれを合併している人が多く、
高齢者にその傾向が強い。
食道疾患
1.胃食道逆流症
2.食道静脈瘤
3.食道がん
肝臓に特異的な血流支配
動
脈
心臓
心臓
心臓
静
脈
肝
動
脈
肝
他の臓器
普通は動脈から
酸素と栄養が供
給され、静脈で
老廃物を運搬。
動
脈
静脈
(門脈)
肝
動
脈
肝
消化管
バイパス
動
脈
静脈
(門脈)
消化管
消化管へ行く動脈血は、消化管で吸収された栄養素を門脈(静脈)
をへて肝へ運ぶ。一方肝動脈から酸素が供給され、門脈血と肝動
脈血は肝静脈で心臓へ運ばれる。肝硬変などで門脈血が肝静脈へ
流れないと、バイパスを作って大静脈へ戻るようになる。このひとつ
が食道静脈瘤。
食道静脈瘤
こんなものができたら何
が問題なの?
肝硬変症や門脈圧亢進症に伴って、
門脈から大静脈へのバイパス経路
として形成される。
静脈瘤の破裂が肝硬変症の死因
の一つ。
食道疾患
1.胃食道逆流症
2.食道静脈瘤
3.食道がん
食道癌のルゴール染色
青い矢印で囲まれた部分
が、ルゴールで染色され
ずに白いまま.正常粘膜
はグリコーゲンが多いの
で染色される。
Q:どうして胃は胃酸で溶けないの?
胃はなぜ溶けないのか。ピロリ菌で胃潰瘍ができる理由は?
この粘液
層が守っ
ている。
ヘリコバクターピロリ菌
急性胃粘膜病変
急性胃粘膜病変(Acute gastric
mucosal lesion;AGML)
原因の半分は薬物(インドメサシン
などのNSAIDs)、ついでアルコー
ルとストレス。
食欲不振、心窩部痛、嘔吐、吐血
内視鏡にて多発性の浮腫、発赤、
びらん
胃潰瘍
原因のほとんどはH. Pylori感染による。NSAIDs服用なども一因
胃潰瘍の場合には胃角部小弯側が好発部位
12指腸潰瘍の場合には球部が好発部位
除菌療法(アモキシリン、クラリスロマイシン、PPI)
胃がんの進展と予後-早期胃がんの意味早期胃がん
粘膜内もしくは粘膜下
層までの浸潤がある胃
がん。
転移の有無についての
規定はない。
5年生存率(治癒)は
100%ではない。
胃癌の転移
胃癌の転移(覚えておいてほしい)
1.ウイルヒョウ転移
2.クルッケンベルグ転移
3.シュニッツラー転移
胃癌の手術法
Q:炎症性腸疾患が大事な理由は何か?
潰瘍性大腸炎の治療
SASP:サラゾピリン
大腸がんの治療の問題点
肛門を残すことができない
直腸がんの場合、人工肛
門を造設せざるを得ない。
術後の人工肛門の管理が
大変。
ダウンロード

内分泌・代謝スライド