資料1
平成24年度第3回(通算8回)
大阪府建設事業評価審議会
H25.1.17
事前評価追加説明資料
①動物愛護管理センター(仮称)整備事業
P 1
■動物愛護推進計画の条例での位置づけについて
○「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律」(平成17年6月22
日公布、平成18年6月施行)において、以下の条文を追記
第二章 基本指針等
第五条 環境大臣は、動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針
(以下「基本指針」という。)を定めなければならない。 (以下省略)
第六条 都道府県は、基本指針に即して、当該都道府県の区域における動物の愛護及び管理に関す
る施策を推進するための計画(以下「動物愛護管理推進計画」という。)を定めなければならない。
2 動物愛護管理推進計画には、次の事項を定めるものとする。
一 動物の愛護及び管理に関し実施すべき施策に関する基本的な方針
二 動物適正な飼養及び保管を図るための施策に関する事項
三 動物の愛護及び管理に関する普及啓発に関する事項
四 動物の愛護及び管理に関する施策を実施するために必要な体制の整備(国、関係地方公共団体、民
間団体等との連携の確保を含む。)に関する事項
五 その他動物の愛護及び管理に関する施策を推進するために必要な事項
(3項以下を省略)
○法改正に伴う条例の対応について
法律で「動物愛護管理推進計画」の策定を義務づけられ、記載すべき事項を詳細に決め
られていることから、現行条例「大阪府動物の愛護及び管理に関する条例」(平成13年3月
30日公布)においては、特に規定していない。なお、他府県においても同様の取扱い。
1
■動物愛護管理推進計画の位置づけについて
動物愛護管理推進計画において、「動物愛護や適正な飼養に関する普及啓
発を行う基幹的な拠点となりうる施設等のあり方を検討する」こととしており、
これを踏まえ「動物愛護管理センター(仮称)」の整備を行う。
2
■近隣類似施設の比較
開設年度
自治体名
平成10年
兵庫県動物愛護センター
総敷地面積(㎡)
施設延床面積(㎡)
主な施設
施設内容
11,500
動物取扱数
(※)
H22年度
駐車場
犬
猫
譲渡数(頭)
犬
猫
平成20年
奈良県動物愛護センター
20,000
(有効敷地面積は8,806)
1,322
※県のうだ・アニマルパーク
(82,000㎡)の一部に動愛セン
ターを設置
上記施設延床面積の他にパー
ク内に動物愛護啓発関連施設
の動物学習館約1,000㎡あり。
2,292
3,708
事務管理関連施設、
動物保護収容関連施設、
小動物舎
動物愛護啓発関連施設(シア
タールーム、図書ルーム等備え
た学習館、しつけ方教室や動物
とのふれあいをするふれあい
館)等
事務管理関連施設、
動物保護収容関連施設
動物愛護啓発関連施設(映画上
映などのできるオリエンテーショ
ンホール、展示室、図書室、飼
育体験やふれあいのできる研修
室 等)
○憩いの芝生広場
○ふれあいドーム(全天候型)
○動物訓練広場
○マッチングルーム
○ドッグラン
○訓練フィールド
○動物の遊具のある遊びのデッ
キ
屋外施設
取扱数(頭)
平成12年
和歌山動物愛護センター
95,000
(有効敷地面積は33,300)
5,073
1,318
3,755
130 (2.6%)
103 (7.8%)
27 (0.7%)
普通車48台
バス7台
3,048
710
2,338
165 (5.4%)
127 (17.9%)
38 (1.6%)
普通車102台
バス5台
※動物取扱数:他府県の総数は、環境省発表の動物愛護管理行政事務提要より
事務管理関連施設
動物保護収容関連施設
動物愛護啓発関連施設(展示
コーナー、にゃん友ルーム 等)
※動物学習館(犬猫の室内飼育
のモデルルーム、ふれあいリビ
ング、多目的室 等)
2,076
628
1,448
77 (3.7%)
65 (10.4%)
12 (0.8%)
普通車107台、
バス6台
平成28年度中
大阪府計画案
17,000
2,500
事務管理関連施設
動物保護収容関連施設
動物愛護啓発関連施設(しつ
け方ふれあい室、啓発展示室
等)
○収容犬運動場
○多目的広場(訓練、ふれあい
等)
○ドッグラン
○イベント広場
H22年度実績数
4,465
H28年度セン ター
整備後推定値
約3,800
1,168
約1,100
3,297
約2,700
(7.0%)
約1,580 (41.6%)
313
268 (22.9%) 約1,000 (90.9%)
約580 (21.5%)
45 (1.4%)
50台(内バス2台駐車可能
エリアを設定)
3
■動物愛護管理センター(仮称)整備によって得られる効果について
現状
収容能力(頭数)
収用面積
飼養管理方法
その他飼育環境
譲渡頭数
啓発関連
動物引取り・相談窓口
犬
ねこ
犬
ねこ
犬
ねこ
犬
ねこ
犬
ねこ
内容
施設
参加人数
約14頭
約20頭
約60㎡
約50㎡
集合房・個別房管理
個別房面積 約1㎡/頭
個別ゲージ
個別ゲージ 約1㎥/頭
(W1×D1×H1)
268頭(H22年度実績)
45頭(H22年度実績)
しつけ方教室
保健所会議室等(動物持込み不可)
336人(H22年度実績)
・犬管理指導所、4分室
・動物一時保護センター
・保健所(府内13ヶ所)
整備後
約100頭
約100頭
約280㎡
約200㎡
個別房管理
個別房面積 約4㎡/頭
個別ゲージ
個別ゲージ 約2㎥/頭
(W1×D1×H2)
※猫に必要な上下運動を可能にする
譲渡対象の犬の運動、訓練等できる運動場を整備
譲渡対象の猫の室内飼育体験室を整備
約1,000頭(推定値)
約580頭(推定値)
しつけ方教室・飼育体験・ふれあい等実施
動物と一緒にしつけ等が体験出来る施設整備
約3,200人(推定値)
・大阪府動物愛護管理センター(仮称)
及び3支所
○動物収容能力の向上と飼育環境の改善により譲渡を推進
○しつけ方教室やふれあい施設を整備することにより、動物の習性や正しい接し方、
命の尊さなどの愛護精神を普及啓発し、終生飼養の必要性を伝え、安易な飼育放棄を
減らし動物の引取り数を削減
○窓口集約による効率化
4
ダウンロード

動物愛護管理センターの整備について(案)