野鳥の診療カルテ集計2006
○須田沖夫(1)、正藤陽久(2)、金坂裕(1)、馬場国敏(1)、大窪武彦(1)、
大塩哲也(1)、柴田晴夫(1)、中津賞(1)、高島一昭(3)、中村丹美(4)、
新妻勲夫(1)、森田斌(1)
(1)NPO野生動物救護獣医師協会
(2)日立市かみね動物管理事務所
(3)鳥取県動物臨床医学研究所
(4)長崎県野生動物保護センター
WRV 071118
06’カルテ集計の方法






各会員病院にて診療
野生動物診療カルテに記録
郵送によるカルテの回収
集計(1月ー12月)
データーベース化
分析・データー提供
WRV 071118
06’報告施設数と保護種数
県
施設数 鳥類 哺乳類 爬虫類
北海道
7
63
山形県
1
4
栃木県
1
48
茨城県
1
千葉県
県
施設数 鳥類 哺乳類 爬虫類
愛知県
2
26
京都府
2
58
2
7
滋賀県
2
21
2
85
17
鳥取県
1
123
23
2
119
8
岐阜県
25
143
16
埼玉県
3
208
14
大阪府
2
109
5
東京都
60
441
34
4 山口県
1
1
2
神奈川県
3
167
8
2 高知県
1
4
4
山梨県
1
2
福岡県
1
14
2
群馬県
2
8
長崎県
1
118
10
新潟県
1
14
2
宮崎県
1
26
福井県
26
222
28
沖縄県
1
26
静岡県
1
35
4
WRV
2
WRV 071118
5
1
5
1
3
2
06’動物分類別診療報告件数

総報告件数 2329件
鳥類
2117件(90.90%)
哺乳類 199件(8.54%)
爬虫類
13件(0.56%)
哺乳類
爬虫類
鳥類
WRV 071118
06’鳥類報告種上位20種
173種2117件中
種類
件数
%
種類
件数
%
スズメ
316 14.93 トビ
37
1.75
ツバメ
242 11.43 ゴイサギ
27
1.28
ドバト
238 11.24 ハシボソミズナギドリ
25
1.18
キジバト
147
6.94 アオサギ
22
1.04
カルガモ
89
4.20 アオバズク
22
1.04
ムクドリ
87
4.11 カワラヒワ
22
1.04
ヒヨドリ
83
3.92 フクロウ
21
0.99
カラス
67
3.16 オナガ
18
0.85
メジロ
61
2.88 コサギ
16
0.76
シジュウカラ
38
1.79 オオタカ
14
0.66
上位10種合計
WRV 071118
1368 64.62
上位11~20種合計
上位20種合計
224 10.58
1592 75.20
06’保護鳥の月別数
300
250
200
巣内ビナ
巣立ちビナ
若鳥
成鳥
150
100
50
WRV 071118
月
2
1
月
1
1
月
0
1
月
9
月
8
月
7
月
6
月
5
月
4
月
3
月
2
1
月
0
06’保護数上位の保護月推移
種類(件数)
1月
2月
3月
4月
8月
9月
スズメ(316)
0.3
0.3
0.6
3.2 25.0 27.8 23.7
9.2
ツバメ(242)
0.0
0.0
0.0
1.7 13.2 22.3 42.1 19.0
キジバト(147)
2.7
3.4
6.1
8.8
カルガモ(89)
0.0
0.0
3.4
0.0 24.7 36.0 11.2 11.2
4.5
ムクドリ(87)
0.0
1.1
1.1
3.4 42.5 19.5 18.4
6.9
ヒヨドリ(83)
2.4
0.0
3.6
6.0
7.2 15.7 14.5 19.3
シジュウカラ(38)
0.0
0.0
2.6
5.3 18.4 31.6 18.4
トビ(37)
2.7
2.7
0.0
8.1 27.0
ゴイサギ(27)
0.0
7.4
7.4
0.0
アオバズク(22)
0.0
0.0
0.0 13.6 13.6 22.7 27.3
WRV 071118
5月
6.1
7.4
6月
10月
11月
12月
5.7
0.9
1.9
1.3
1.2
0.4
0.0
0.0
5.4 10.9 19.7 15.6
9.5
2.7
5.6
3.4
0.0
3.4
0.0
3.4
0.0
4.8
7.2
1.2 18.1
2.6
7.9
5.3
2.6
8.1
8.1 10.8 10.8 10.8 10.8
0.0
0.0
0.0
8.8
7月
5.3
7.4 40.7 14.8
7.4
7.4
4.5 13.6
0.0
0.0
4.5
06’都道府県別保護種上位10種
全国1位スズメ、2位ツバメ、3位ドバト
県
北海道
茨城県
千葉県
埼玉県
東京都
神奈川県
福井県
岐阜県
大阪府
鳥取県
長崎県
沖縄県
1
ドバト
ハシボソ
ミズナギドリ
ドバト
スズメ
スズメ
スズメ
スズメ
ツバメ
ドバト
ツバメ
ドバト
シロハラ
クイナ
2
タシギ
ツバメ
スズメ
キジバト
ドバト
ドバト
ドバト
ドバト
スズメ
スズメ
スズメ
アオバズク
3
フクロウ
スズメ
ツバメ
ドバト
キジバト
ツバメ
トビ
スズメ
キジバト
キジバト
ツバメ
リュウキュウ
コノハズク
4
ヒヨドリ
ムクドリ
キジバト
カルガモ
ヒヨドリ
メジロ
ツバメ
キジバト
ツバメ
トビ
シロエリ
オオハム
リュウキュウ
アカショウビン
5
ヒバリ
フクロウ
ヒヨドリ
メジロ
ツバメ
カルガモ
カルガモ
カルガモ
ヒヨドリ
ドバト
キジバト
キンバト
6
アオサギ
カルガモ
ヒバリ
ヒヨドリ
カルガモ
キジバト
セキレイ
ヒヨドリ
ムクドリ
ムクドリ
コサギ
オオクイナ
7
ツグミ
メジロ
ハシゾソ
ミズナギドリ
ムクドリ
メジロ
シジュウカラ
キジバト
カラス
カワラヒワ
ヒヨドリ
アオサギ
キジバト
8
アオバト
アカゲラ
オオタカ
ツバメ
ムクドリ
カラス
カモ
カケス
メボソムシクイ
フクロウ
ゴイサギ
カンムリワシ
9
スズメ
カワセミ
メジロ
カラス
シジュウカラ
ムクドリ
カラス
ゴイサギ
ケリ
カンムリ
カイツブリ
シロハラ
イシガキ
ヒヨドリ
10
カモメ
クロガモ
カワラヒワ
ゴイサギ
オナガ
オナガ
ムクドリ
カワラヒワ
カラス
モズ
カモ
スズメ
WRV 071118
06’鳥類保護理由
保護理由
件数
%
飛べない
動けない
577
27.2 化学物質汚染
52
2.46
巣の破壊
猫より救出
交通事故
巣から落下
159
137
89
83
7.51
6.47
4.20
3.92
誘拐
釣糸が絡まる
巣立ちの失敗
農業ネット
49
12
8
7
2.31
0.57
0.38
0.33
3.64 罠
3.40 その他
3.40
不明・未記入
2.83
2
95
0.09
4.49
506
23.90
衰弱
カラスより救出
怪我をしている
激突(ガラス、
建物、電線)
WRV 071118
77
72
72
60
保護理由
件数
%
06’臨床診断内訳図
鳥類
その他
9%
不明
8%
誘拐
5%
問題無
7%
衰弱
15%
WRV 071118
内科的疾患
汚染中毒
10%
寄生虫寄生
3%
1%
外科的疾患
42%
06’臨床診断詳細
(外科的疾患)
2117件中903件
42.65%
WRV 071118
詳細
件数
327
骨折
257
外傷
159
打撲
70
咬傷
10
そ嚢破裂
6
気嚢破裂
71
その他
3
不明
%
36.21
28.46
17.61
7.75
1.11
0.66
7.86
0.33
06’臨床診断詳細
(内科的疾患)
2117件中206件
32.52%
WRV 071118
詳細
件数
%
99 48.06
栄養不良
67 32.52
神経学的異常
14 6.80
呼吸器疾患
5 2.43
消化器疾患
3 1.46
感染症
15 7.28
その他
3 1.46
不明
06’臨床診断詳細
(その他)
2117件中767件
36.23%
WRV 071118
詳細
衰弱
特に問題なし
誘拐
巣立ちの失敗
巣の破壊
巣より落下
その他
不明
件数
310
147
109
66
11
3
117
4
%
40.42
19.17
14.21
8.60
1.43
0.39
15.25
0.52
06’報告件数上位の臨床診断別件数
173種2117件中
外科的
内科的
寄生虫
汚染中毒
衰弱
問題無
誘拐
その他
不明
スズメ(316)
23.42 14.24
0.63
3.16 17.09
9.49
9.18 13.61
ツバメ(242)
19.01
7.02
1.24
4.55 17.36
7.85
6.61 23.14 13.22
キジバト(147) 63.27
4.08
0.00
0.00 10.20
5.44
5.44
カルガモ(89)
32.58 17.98
0.00
0.00
ムクドリ(87)
33.33
8.05
1.15
ヒヨドリ(83)
49.40
7.23
9.18
6.80
4.76
4.49 14.61
6.74 15.73
7.87
0.00
8.05 14.94
6.90 13.79 13.79
1.20
4.82
8.43
6.02 12.05
7.23
3.61
シジュウカララ(38) 39.47 18.42
2.63
5.26 10.53
5.26 10.53
2.63
5.26
トビ(37)
37.84
5.41
0.00
0.00 35.14
5.41
0.00
8.11
8.11
ゴイサギ(27)
51.85 11.11
0.00
0.00 25.93
0.00
0.00
3.70
7.41
アオバズク(22)
68.18
0.00
4.55
4.55 13.64
0.00
0.00
4.55
WRV 071118
4.55
06’保護理由:猫より救出の鳥種別割合
29種137件
保護総数
猫より
保護数
種類
保護総数
猫より
保護数
オナガ
18
4
22.22 アオバト
12
1
8.33
ヒヨドリ
83
14
16.87 シジュウカラ
38
3
7.89
キジバト
147
21
14.29 ツグミ
13
1
7.69
8
1
12.50 ウグイス
14
1
7.14
カラス
67
8
11.94 オオタカ
14
1
7.14
ムクドリ
87
9
10.34 メジロ
61
4
6.56
キジ
10
1
10.00 アオバズク
22
1
4.55
ドバト
238
21
8.82 ツバメ
242
4
1.65
スズメ
316
27
8.54 カルガモ
89
1
1.12
種類
モズ
WRV 071118
%
%
06’保護理由:猫より救出の臨床診断
臨床診断
詳細
外科的疾患 咬傷
97件 外傷
骨折
件数
44
22
20
%
45.36
22.68
20.62
8
3
3
8.25
3.09
60.00
栄養不良
1
20.00
消化器疾患
1
20.00
打撲
その他
内科的疾患 神経学的異常
5件
WRV 071118
06’保護理由と臨床診断(猫より救出)
12%
10%
保護理由
臨床診断
8%
6%
※臨床診断
4%
咬傷、外傷
骨折、神経など
2%
0%
スズメ目
ハト目
カモ目
タカ目
(1090件)
(408件)
(152件)
(97件)
WRV 071118
フクロウ目
(57件)
(保護総数)
06’保護理由:人工物に激突の種類
鳥類43種120件
件数
WRV 071118
%
ガラス
56
46.67
建物
31
25.83
電線
14
11.67
車
4
3.33
電柱
2
1.67
不明
13
10.83
06’保護理由:人工物に激突の鳥種別割合
鳥類43種120件
種類
保護総数 激突件数
%
種類
保護総数 激突件数
%
ハクチョウ
6
4 66.67 アオバト
12
1 8.33
ムシクイ
3
2 66.67 メジロ
61
5 8.20
カイツブリ
2
1 50.00 キジバト
147
11 7.48
メボソムシクイ
6
2 33.33 ドバト
238
17 7.14
キンバト
3
1 33.33 カラス
67
4 5.97
キビタキ
13
4 30.77 ムクドリ
87
5 5.75
カワラヒワ
22
4 18.18 ヒヨドリ
83
4 4.82
アオバズク
22
4 18.18 スズメ
316
12 3.80
カワセミ
13
2 15.38 ゴイサギ
27
1 3.70
シジュウカラ
38
5 13.16 ツバメ
242
7 2.89
WRV 071118
06’保護理由と臨床診断(人工物激突症候群)
50%
40%
30%
保護理由
臨床診断
20%
※臨床診断
骨折、外傷
10%
打撲、神経など
0%
スズメ目
ハト目
カモ目
タカ目
(1090件)
(408件)
(152件)
(97件)
WRV 071118
フクロウ目
(57件)
(保護総数)
06’まとめ:レッドデータブック掲載種
絶滅危惧ⅠA類 クロコシジロウミツバメ
WRV 071118
1
ウミスズメ
1
サンショウクイ
1
カンムリワシ
1
シラコバト
1
4
オオワシ
1
コアホウドリ
3
ヒクイナ
1
キンバト
3 準絶滅危惧
オオタカ
14
オオクイナ
1
チュウサギ
6
クマタカ
1
ミサゴ
4
オオヨシゴイ
1
カラスバト
2
チュウヒ
1
ハイタカ
2
ブッポウソウ
1
ウズラ
1
ハヤブサ
8
ハチクマ
1
サシバ
2
絶滅危惧ⅠB類 ミソゴイ
絶滅危惧Ⅱ類
1 絶滅危惧Ⅱ類 ヨタカ
06’鳥類の予後日数
死亡898件、放鳥787件
死亡
3日以内
7日以内
15日以内
16日以上
565
677
728
170
62.92
75.39
81.07
18.93
242
358
493
294
30.75
45.49
62.64
37.36
※死亡件数に安楽死、来院時死亡含む
放鳥
WRV 071118
3日以内
7日以内
15日以内
16日以上
06’鳥類の年齢別保護から7日間の死亡率
【日数までの死亡数/年齢の死亡総数】
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
巣内ビナ
(89)
17.98 48.31 60.67 62.92 66.29 69.66 76.40
巣立ちビナ
25.68 48.65 49.32 66.22 75.68 79.05 83.11
(148)
若鳥
(96)
31.25 61.46 81.25 84.38 87.50 92.71 95.83
成鳥
(205)
45.85 68.78 80.98 85.85 90.73 93.66 97.56
WRV 071118
06’鳥類の予後内訳図
来院時死亡
予後不明
安楽死
死亡
放鳥獣
飼育継続中
WRV 071118
06’鳥類の診断別予後
外科的疾患 内科的疾患 寄生虫寄生 汚染中毒
(903)
(206)
(15)
(61)
その他
(767)
不明
(165)
放鳥
32.12
25.24
53.33
36.07
47.85
29.09
飼育継続中
17.39
25.24
6.67
9.84
11.86
12.12
死亡
44.74
43.20
26.67
50.82
37.42
50.30
5.76
6.31
13.33
3.28
2.87
8.48
予後不明
WRV 071118
06’鳥類の年齢別予後
巣内ビナ 巣立ちビナ
(253)
(396)
若鳥
(292)
成鳥
(578)
不明
(598)
放鳥
38.34
42.68
35.96
42.39
28.60
飼育継続中
20.95
16.41
21.58
12.11
12.71
死亡
37.15
38.38
38.01
42.39
49.50
3.56
2.53
4.45
3.11
9.20
予後不明
WRV 071118
06’鳥類の原因別予後
放鳥
全 体
外科的疾患
内科的疾患
その他
人工物激突
猫より救出
絶滅危惧種
WRV 071118
37.18
32.12
25.24
47.85
34.17
27.74
48.44
飼育継続中
15.45
17.39
25.24
11.86
19.17
20.44
15.63
死亡
42.42
44.74
43.20
37.42
41.67
43.07
34.38
06’考察ー傷病鳥救護カルテで解ったこと

















WRV 071118
保護鳥数は月によって変動し、夏に多い
成鳥保護数は月別変動が少ない
ヒナや幼鳥増加に伴って保護数は春から夏に多い
保護鳥は人間社会適応種が多い
希少種鳥は保護鳥数の3%
都市型人間は野鳥に関心が高い
傷病鳥原因は人為的なものが多い
保護鳥は地域性がある
保護鳥の4割弱が放鳥され、4割強が死亡
放鳥の7割は保護日より15日目以内
死亡鳥の7割は7日目以内に死亡
飼育継続は保護鳥の1~2割
飼育継続は差があるが動物病院に多い
安楽死は動物病院差があるが低率
保護鳥は特定(指定)病院に集中
傷病原因や種によって予後割合は変動
行政からの診療補助金は少なく、動物病院の自己負担大
06’傷病鳥救護の今後の課題















WRV 071118
動物病院を一次診療施設に
野生動物臨床獣医師の養成
傷病鳥の予後判定基準の設定
一次診療に予算処置を
行政は野生動物保護施設(センター)を充実
野生動物リハビリテーターの養成と配置
野生動物救護活動費の確保
センターを二次診療施設に
感染症や化学物質汚染調査
生態調査や繁殖実施
傷病原因分析から事故防止対策
放鳥後の行動調査
野鳥保護の国民への啓発
環境教育へのセンター利用
調査、研究、教育など一元化
ダウンロード

野生動物救護獣医師協会 診療集計報告 2004