(様式2)平成24年度「サービス産業強化事業(地域ヘルスケア構築推進事業)」 提案書
1 事業内容
記述内容
 事業内容について具体的に記述する。
 事業内容
・事業内容が、公募事業の目的に整合しているか。
・事業内容が、具体的かつ詳細か。
・本事業目的に対して、有効な事業内容であるか。
2 事業実施方法
記述内容
 事業実施方法について具体的に記述する。
 事業実施方法
・事業実施方法が、事業目的・内容と整合しているか。
・効率的・効果的、かつ実現可能な事業実施方法が採られているか。
・事業実施方法について、創意工夫が見られるか。
・間接補助事業者の具体的な公募イメージが提示されているか。
3 事業実施計画
記述内容
 確実に成果をあげるために、応募者が行う事業実施計画(作業内容・スケジュール)について、主要なマイルストーンを記述し、提案したスケジュー
ルの根拠を具体的・客観的に記述する。
 作業内容、スケジュール

スケジュール(年間計画)
(以下の項目等を含めて記述)
•
事業内容、担当者、開始日、終了日、作成資料名、マイルストーン
作業ID
作業項目
平成○○年○月
作業内容
大分類 中分類 小分類
大分類
中分類
担当
開始日
終了日
○月
作成資料
4
11
18
25
6
13
20
27
●●●●●●
100
XXXX
111
記述例
●●●
XXX
●●
XXX
120
小分類
□□□□
●●
●●
130
△△△△
1
●●
・事業実施計画(スケジュール)は妥当かつ現実的か。
●●

工夫及び遅滞なく作業を完了するための工夫
•
•
•
過去、XXXXにて利用したスケジュールをテンプレートにしてスケジュールを作成した。
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
・・・・・・・・・・・・・・・
・事業内容・実施方法に対して、スケジュール、人員、作業手順等が効
率的か。
・実施手順について、効率的に事業を実施するための工夫が示されて
いるか。
4 事業実施体制
記述内容
 業務の実施体制や役割分担 について、体制上の役割分担や担当者数がわかるように記述する。
 実施体制については、個々の業務の担当が分かるようにし、各チームのリーダークラス要員については、役職及び担当者名を記述する応募者が当
該業務における実績を有する場合、その実績が当該業務の実施に当たり有益であることを具体的・客観的に記述する。(例えば、「過去の実績にお
ける経験者を当該業務の各チームに従事させる」等)
 業務実施体制
XXXXXリーダー
役職
XXX
XXX支援チーム
役職
名前
XXX XXXXXX
記述例
名前
XXXXX
XXX支援チーム
役職
名前
XXX XXXXXX
外注先・委託先
企業・団体名
役職
名前
XXX XXXXXX
・事業の実施体制図及び役割が、事業内容と整合し
ているか。
・事業内容について、医療・介護周辺サービス産業の
実態等に関する知識及び調査能力を有しているか。
XX担当
XX担当
・要員数、体制、役割分担が明確にされているか。
 役割分担



各チームの主な役割
さらに補足的な内容がある場合は「添付資料」として添付。
各チームの担当者数
提案書に別途含める、実施担当者の略歴への参照 等
・事業を円滑に遂行することが可能な人数が確保さ
れているか。
5 専門性、類似事業実績
記述内容
 過去の経験等について記述する。
 過去の実績
(以下の項目等を含めて記述)




提供先(※実名が記述出来ない場合は、必ずしも実名を記述する必要は
ない。その場合、例えば「中央府省A」といった形式で記述する)
実施概要
実施時期
主たる業務実施担当者
等
記述例
6 事業遂行のための経営基盤・管理体制
記述内容



 事業を円滑に行うための経営基盤、管理体制(経理処理体制等)について記述する。
経営基盤について
資金・設備の状況

XXXXXXXXXXXX。

XXXXXXXXXXXX。

XXXXX
管理体制について
•
•
XXXXXXXXXX
XXXXXXXXXX
・事業を実施する上で適切な財政基盤、一般的な経理処理
能力を有しているか。
・支出に係る証拠書類等の整理・保管体制等を有している
か。
7 事業費総額
記述内容 ・ 補助事業の事業費を記載する。
 総事業費
金
○○○
総事業費(補助対象経費)¥●●●●-
千円
区分
人件費
科目
経費
算出根拠
人件費
XXXXXXX 実施内容(研究員A):
研究員A: @(時間給)×(稼働時間)
XXXXXXX 実施内容(研究員B):
研究員B: @(時間給)×(稼働時間)
XXXXXXX 実施内容(研究員C):
研究員C: @(時間給)×(稼働時間)
(人件費計)
事務費
XXXXXXXXX
謝金
XXXXXXX 謝金支払内容:
@(謝金単価)×(時間)×(回数) 等
XXXXXXX 謝金支払内容:
@(謝金単価)×(時間)×(回数) 等
旅費
XXXXXXX 旅費支出理由、経路(出着地):
@(目的地までの運賃)×(回数)×(人数) 等
XXXXXXX 旅費支出理由、経路(出着地):
@(目的地までの運賃)×(回数)×(人数) 等
様式3:経費明細書と同じものを貼り付ける
こと
会議費
XXXXXXX 会議開催内容:
@(会場借上費) 等
XXXXXXX 会議開催内容:
@お茶代×(人数)×(回数) 等
借料及び賃料
XXXXXXX 使用用途:
その他諸経費
XXXXXXX 使用用途:
@(機器レンタル料) × (月数) 等
例)通信運搬費
@(通信費/郵便料)×(回数) 等
XXXXXXX 使用用途:
例)文献購入費
(事務費計)
間接補助事業経費
サービス事業・サービス創出
支援事業費
(サービス事業・サービス創出
支援事業費計)
小計
消費税及び地方消費税
合計
@(専門書等書籍代)×(冊数) 等
XXXXXXXXX
XXXXXXXXX
XXXXXXXXX
XXXXXXXXXXX 人件費計+事務費計+サービス事業・サービス創出支援事業費
XXXXXXX 課税事業者のみ記載してください
XXXXXXXXXXX
小計+消費税及び地方消費税額
記述例
【添付資料】
8 事業実施に係る工数
記述内容
 「2事業実施方法」にて提案した業務実施方法を実現するために必要な工数を、従事者のクラス別(主任研究者、研究者等)に記述する。
記述例
業務
#
(1)
(2)
大項目
担当者のクラス別工数(人月)/月
中項目
#
XXXX
XXX
XXX
XXX
工数
(業務中項目
単位)
●●に係るもの
1)
××××
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
2)
××××
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
1)
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
2)
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
合計(工数)
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
○○○に係るもの
【添付資料】
9 実施体制及び事業従事者略歴 -本事業実施のための体制図
【添付資料】
10 実施体制及び事業従事者略歴 -事業従事者の略歴・実績
ダウンロード

様式2:提案書