いま、地球は
どうなっているのだろう
●地球温暖化(ちきゅうおんだんか)
資源(しげん)やエネルギーの大量消費
(たいりょうしょうひ)によって、大気中に二
酸化炭素(にさんかたんそ)など温室効果
(こうか)ガスが増え、地球の熱が宇宙(う
ちゅう)に逃(に)げにくくなり、気温が上昇
(じょうしょう)する温暖化が心配されてい
ます。このままでは、21世紀末までに平均
(へいきん)気温が今より約3℃上がり、生
物や農作物への影響(えいきょう)や、海
水の膨張(ぼうちょう)、氷がとけることによ
る海面の上昇で陸地の水没(すいぼつ)な
どの被害(ひがい)が予測(よそく)されて
います。
カドミウムなど150種類もの有害物質
が検出(けんしゅつ)されたこともあり
ます。雨は大気の汚(よご)れを、川
は陸の汚れを海にもたらし、海にす
む生物の命と、漁業を通じて人間の
食生活をもおびやかしています。
●熱帯林の減少(げんしょう)
●オゾン層(そう)の破壊(はかい)
太陽からの有害な紫外線(しがいせ
ん)を吸収(きゅうしゅう)して生物を
守ってくれるオゾン層が、地球をおおっ
ています。これを人間の作ったフロン、
ハロンなどの化学物質(ぶっしつ)が壊
(こわ)しており、このためオゾン層が薄
(うす)くなって、地上に届(とど)く紫外
線が増(ふ)えると、皮ふガンや白内障
(はくないしょう)の増加(ぞうか)、また 、
農作物への悪影響など、さまざまな被
害(ひがい)が予想されています。
二酸化炭素(にさんかたんそ)を吸収
(きゅうしゅう)して、酸素(さんそ)を作る
重要な働きをし、気候を安定させる役目
を果たしている熱帯林が、開発・焼き畑・
樹木(じゅもく)の伐採(ばっさい)などで、
どんどん減(へ)っています。世界の野生
生物種の約半数が生息している熱帯林
の減少は、そのまま野生生物の減少に
もつながり、1981年から90年では、毎年
約1540万ヘクタール、日本の約4割(わ
り)の広さの熱帯林がなくなってしまいま
した。
●海洋汚染(かいようおせん)
海難事故(かいなんじこ)による油の
流出、プラスチックや発泡(はっぽう)ス
チロールなどのゴミ、そして、有害物質
(ゆうがいぶっしつ)による海洋汚染が
進んでいます。北海で死んだアザラシ
から、PCB(ピーシービー)や水銀、
4
急激(きゅうげき)な工業化に対する公
害防止対策(こうがいぼうしたいさく)の
遅(おく)れ、都市への人口集中などが
深刻(しんこく)な大気汚染(おせん)、水
質汚濁(すいしつおだく)などを引きおこ
し、開発途上国(とじょうこく)を中心に多
くの国で、人々の生活をおびやかしてい
ます。
●砂漠化(さばくか)
気候の変化や多すぎる家畜(かちく)
の放牧、樹木(じゅもく)の伐採(ばっさ
い)などが原因(げんいん)で、土地が
砂漠のようにやせた状態(じょうたい)
になる砂漠化が、地球上の全陸地の
約4分の1(約36億ヘクタール)の地域
(ちいき)で進んでいます。
●野生生物種の減少(げんしょう)
人間による開発や環境汚染(かん
きょうおせん)からの生息環境の破壊
(はかい)、乱獲(らんかく)などによっ
て、このままでは毎年約4万種の生物
が絶滅(ぜつめつ)の危機(きき)に瀕
(ひん)しています。
●有害廃棄物(ゆうがいはいきぶつ)
の越境移動(えっきょういどう)
●酸性雨(さんせいう)
●世界各地の公害
海
の
手
帳
・
2
工場からのばい煙(えん)や車の排気
(はいき)ガスにふくまれている、イオウ
酸化物(さんかぶつ)やチッソ酸化物が
原因(げんいん)で、強い酸性の雨が降
(ふ)っています。これによって森林が枯
(か)れ、湖や沼(ぬま)の生物が死滅(し
めつ)、建物や遺跡(いせき)の腐食(ふ
しょく)などの被害(ひがい)が出ていま
す。これらの汚染物質(おせんぶっしつ)
は、気流に乗って遠くまで運ばれるため、
被害は広範囲におよびます。
工場などから出る有害な廃棄物は、
責任を持ってきちんと処理(しょり)する
のが当然なのですが、量が多すぎる、
費用が高いなどの理由で、国内で処理
しきれず、国外へ移動することがありま
す。ところが、移動先での処理不十分
や不法投棄(ふほうとうき)によって、深
刻(しんこく)な環境汚染(かんきょうお
せん)を引きおこすことがたびたびあり
ます。
5
ダウンロード

PPT版ダウンロード (360KB)