フレッシュコンクリートの性質
コンクリート工学研究室
岩城 一郎
コンクリートの製造
• どこで?:生コン工場(レディーミクストコンク
リート工場),コンクリート製品工場,現場(ダム,
大型構造物の場合)
• 製造の手順:材料の入手や吟味→配合設計
→練混ぜ→(型枠,示保工の設計・施工)→打
込み→必要な強度が出るまでの管理(養生等)
生コン工場
コンクリート製品工場
フレッシュコンクリートの性質
• フレッシュコンクリート:まだ固まらないコンクリート
• コンシステンシー(Consistency):変形あるいは流動に対す
る抵抗性の程度(軟らかさの程度).一般にスランプ試験
(後述)で判定
• ワーカビリティー(Workability,最も重要かつ多く使われる
用語であるが,定義は極めてあいまい):コンシステンシー
および材料の分離(後述)に対する抵抗性の程度(作業の
しやすさ)→スランプ試験やその後,コンクリートをたたいた
ときの崩れ具合により判断→構造物や施工法により良し
悪しが異なる.
• フィニッシャビリティー(Finishability):仕上げの容易さ(平
滑な表面仕上げ)
• 「・・・が高い,・・・に優れている.」といった使い方をする.
材料分離とは?
• 材料分離:コンクリートの構成成分の一部が他
から離脱する現象(望ましくない)
• コンクリートは,各材料間の粘着力や摩擦力に
よって均質な状態にある程度保持可能⇔分離
させないことは不可能(各材料の密度や大きさ
の違いにより,重力や他の外力の影響を受けて
多かれ少なかれ分離する)
• 配合,取扱いが不適当な
場合,過度な分離が生じる.
三浦尚著:土木材料学(改訂版),コロナ社
材料分離のタイプ
• タイプI:粗骨材の分離
• タイプII:モルタルまたはペーストの分離
• タイプIII:水の分離
材料分離の例
• コンクリートの打込み中に生じる分離:タイプI→ジャンカ,
豆板,Honey comb(締固め不足,ペーストが回らない),
施工不良(初期欠陥)→適切な配合,施工により対応
• コンクリートの運搬(長時間の振動)中に生じる分離:
タイプII→トラックアジテータ(攪拌装置)により分離を防御
• コンクリートの打込み後に生じる分離:
タイプIII→ブリーディング
ブリーディング水
タイプI
タイプII
三浦尚著:土木材料学(改訂版),コロナ社
タイプIII
ジャンカの例
日経コンストラクション:「コ
ンクリート名人養成講座」
ブリーディングとは?
• ブリーディング:コンクリート中の固体成分が重力によ
り徐々に沈下する現象→水が浮上する現象→コンク
リート表面に浮き上がるだけでなく,骨材下面に堆積
→乾燥後空隙として残存→強度上の弱点
• レイタンス:ブリーディングとともに表面に浮き出て沈殿
した微細粒物質(脆弱層を形成)→コンクリートを打ち
継ぐ際に除去する必要あり.
蒸発
レイタンス
水
隙間
打設直後 骨材 セメント 数時間後
硬化後
ダウンロード

フレッシュコンクリートの性質