電力会社における
気象予測の影響
~需要想定と気象予測について~
中部電力株式会社
中央給電指令所
津坂 秩也
電力と気象予測
需要想定(燃料計画)
年間・月間・週間・翌日
出水予測
水力発電所・貯水池運用計画
災害対応
台風・地震による設備被害に備えた対応
系統運用
雷・雪に伴う設備故障を想定した対応
販売電力量と最大電力の推移
[ 億kWh ]
14,000
過去最大電力
27,500MW
(2001年7月24日)
[ 万kW ]
3,000
’82 & ’93
冷夏
12,000
2,500
販売電力量
最大電力
10,000
’74 & ’80
石油危機
2,000
8,000
1,500
6,000
1,000
4,000
‘51 会社創設
500
2,000
0
0
1950
1960
1970
1980
[ 年度 ]
1990
2000
1日の電気の使われ方
[ % ]
110
100
90
80
夏
冬
秋
秋(休日)
70
60
50
40
30
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
[ 時刻 ]
発電計画の立案
電力需要の想定
電力設備の
作業計画・運用制約を反映
必要な供給予備力の確保
電力設備の効率運用
揚水式水力
(発電)
揚水式水力
(動力)
石油
LNG
IPP他
石炭
自流式水力
電力の安定供給
資源の有効活用
原子力
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
[時]
電力需要の変動要因
季節・曜日
気象状況(気温・相対湿度・天候等)
◎気温の影響
夏 86 万kW/℃
75 万kW/DI (DI:不快指数)
冬 -38 万kW/℃
大口需要家の操業計画
社会的因子(スポーツ・イベント等)
景気の動向
など
冷暖房需要の気温感応度(2004年度)
(夏)
[万kW]
90
[万kW]
40
80
35
70
(冬)
-38万kW/℃
30
60
25
86万kW/℃
50
20
40
15
30
20
10
10
5
0
0
20
25
30
最高気温 [℃]
35
40
-5
0
5
10
日平均気温 [℃]
15
20
最大電力の予想
気象情報の提供
回帰計算式
最大電力予測システム
(ニューラルネットワーク方式)
人間系による総合判断
・社会的要因
・大口需要家の操業の有無
・ピーク発生時間
等
最終予想
類似日検索と補正
的確な需要想定の必要性(ケース①)
気温予想値<気温実況値
需要想定値<需要実績値
(夏季の場合)
供給力不足
非効率な発電機の運転
他社からの電力購入
会社の収益に影響
最悪の場合
電力品質の低下
会社の信頼性に影響
的確な需要想定の必要性(ケース②)
気温予想値>気温実況値
需要想定値>需要実績値
(夏季の場合)
供給力過剰
発電機の熱効率が低下
会社の収益に影響
日数
20
18
16
14
12
10
8
6
4
2
0
-400
最大電力需要想定の誤差
(2004年6月~9月)
絶対値の
平均 57万kW
単純平均 21万kW
標準偏差 81万kW
-300
-200
-100
0
100
200
前日の想定値-実績値 [万kW]
300
400
日数
20
18
16
14
12
10
8
6
4
2
0
-6
最高気温予測の誤差
(2004年6月~9月)
絶対値の
平均 1.2℃
単純平均 0.2℃
標準偏差 1.5℃
-5
-4
-3
-2
-1
0
1
2
前日の予測値-実測値 [℃]
3
4
5
6
最高気温誤差と最大電力の需要想定誤差
(2004年6月~9月)
200
150
100
50
0
-6
-5
-4
-3
-2
-1
-50
0
1
-100
-150
-200
前日の想定値-実績値 [万kW]
2
3
4
5
6
前日の予測値-実測値 [℃]
貯水池運用計画(例)
[%]
梅雨期
110
台風期
100
90
80
70
60
50
40
30
満水値
20
計画値
10
0
4月
5月
6月
7月
8月
9月 10月
11月
12月
1月
2月
3月
今後の課題
・安定供給と効率運用の両立には精度の高い需要想
定が不可欠である
・電力需要は気象状況と密接な関係があり、需要想
定の更なる精度向上は気象予測に委ねられている
・気象予測は不確実性を伴っている
電力需要想定に向けた
気象解析能力の向上と気象情報の有効活用
(確率予報を用いたリスクマネジメントの可能性)
ダウンロード

津坂_電力会社における気象予測の影響(発表用).