京1000年のX線天文学:晴明、定家、和宮、秀樹
京都大学理学研究科・宇宙総合学ユニット長 小山勝二
SN1987A (下):可視光
その後の20年 (右下):X線
超新星残骸の研究
進化:時間発展を
たどることが重要
晴明神社
式神を封じた
一條戻橋
(安倍の屋敷跡
土御門通)
稲住神社
江戸時代以降の土御
門家の屋敷付近)
明月記
藤原定家 (1162-1241) が過去の記録をまとめた。
実際に観測し、
記録したのは
安倍晴明の子孫
例:晴明の次男
安倍吉昌 (? - 1019)
陰陽頭 (SN1006)
かに星雲
(1054)
後冷泉院 天喜二年 四月中旬以降
丑時 客星觜参度 見東方 孛天関星
大如歳星
後冷泉院天喜2年:の記事がアマチュアー天文家により、
Popular Astronomyに紹介、「超新星爆発の最初の実証例」
として国際的に認められた。(中国、日本、アラビア、アメリカ
原住民のみ、ヨーロッパには一例の記述もない)
中性子星(NS) をのこした。
天関 (Tenkan)
Taurusζ
觜, 参 = Orion
3C58 (1181)
高倉院 治承五年 六月廿五日 庚午 戌時
客星見北方 近王良 守伝舎星
高倉院治承5年の客星(3C58)
X線観測から冷えすぎた中心星をみつ
けた。これはクォーク星かもしれない。
当時は平家物語の世界。建礼門院
徳子も宮中(雲井)に見たかもしれない。
「思いきや 深山の奥に住まいして
雲井の月をよそに見んとは」
王良 (OhRyo)
Cassiopeiaβ
伝舎 (Densya)
=Camelopardalis
内部構造を知る手立て
冷却関数にもっとも :グリッジ 表面層と内部超流動層との
相互作用 量子磁気渦
厳しい制限を与えた
:冷却関数
3C58の意義
クォーク星か
Chandra image of
3C58
エキゾティックな
素粒子が表にでだす
SN1006
一條院 寛弘三年 四月二日 葵酉 夜以降
騎官中 有大客星 如螢惑 光明動耀
連夜正見南方 或云 騎陣将軍星本体 増変光
藤原 行成の日記「権記」 (991-1011)、藤原道長の日
記「法成寺摂政記」 (999-1022)(「御堂関白記」)(国宝)
「この世をばわが世とぞ思う望月のかけたることも
なしと思へば」
他、「日本紀略」、「吾妻鏡」、「百錬抄」、「玉葉」、「一代
要記」、「暦図」「賀茂史綱」など、全て7月以降の記
述 (日没後に見られる)。
枕草子:長保3年(1001年)~寛弘7年(1010年)
源氏物語 (1008年脱稿)、紫式部日記(~1010年)。の
世界、だがどの日記にもSN1006の記録はない。真
夜中で両人共にぐっすり寝こんでいた?
最北ではスイス、アルプスの山と谷をよぎった超新星
「すざく」はSN 1006が人類史上もっとも明るかったこと、
宇宙の加速器であることを証明した。この加速器が
湯川の中間子を実証した?
騎官
騎陣将軍
南天(観測に不利):世界中の記録:30
参考 かに星雲 北天(観測に有利):10
明るさの記録 (感覚的で明らかに誇張がある?)
○中国:
地上の物がはっきり見えた(5日の月
-8.5等級)
○エジプト: 1/4の月より少し明るかった
○シリア: 月のようだった。
○イラク: 月のようだった
○イエメン: 水面がぎらぎら輝き太陽のようだった
○スイス: 目がくらむようだった (アルプスの山
々をかすめる)
参考 金星-4.6等級 : 満月 -12.6等
記録からは史上最高の明るさ?
記録から再現した光度曲線
56Coの半減期
-magnitude
12
10
8
視 6
等
級 4
2
0
-2 0
-4
50
100
150
200
1006年5月1日からの日にち
Days from May 1, 1006
Ia型(核暴走型):標準光源:絶対等級(極大)
= -19.5等級
距離 = 7100光年 = 2.2kpc
 視等級 = -8.5等級
250
そして今:最新のX線CCDカメラで
©CSR/MIT
CCDカメラ(XIS)
CCD素子
(1)SN1006は
やはり史上最
も あかるかった
:Type Ia だった
(2)千年で1013
eV まで粒子加
速した
3 超高エネルギー粒子
の加速がわかった
OVII band
3-5 keV
土御門家中興の人、安倍泰邦は梅小路
の自宅に大表土台(日時計)と渾天儀台
(天体観測機器)をつくった。
梅林寺の大表土台
泰平の眠
りをさます
超新星
銀河中心のダイナミックス(想像)
1994年
2000年
X-ray front
2004年
2005年
明治維新になり、陰陽寮は廃止:安倍=土御門の天文学は京都大学へ
最後の華、上臈土御門藤子 (和宮の名代として江戸無血開城に尽力)
= 安倍朝臣邦子
ちょうどこのころ
最も若い超新星
約100年前、
銀河中心付近
膨張速度
14,000 km/s
天璋院
(篤姫)
御年寄
瀧山
その後
土御門家の陰陽師としての公務(天文観
測・暦の一元管理)は安倍晴雄で終焉、
そして天文学の伝統は京都大学に引き
継がれる。 安倍邦子の死後
20年、ドイツでX線発見
1年、日本でもX線写真
(島津資料館)
そして40年、
湯川中間子宇宙線中から発見
20年、 X線天文学が誕生。
現在、 X線天文学約40歳、
京都は宇宙学の中心。
ダウンロード

Type Ia だった