遺伝学③
• 遺伝子の本体はなに
か?
・DNA
も タンパク質?
フィスの実験
肺炎双球菌
• 遺伝子はどのようにして形質をきめるの
か?
・一遺伝子一酵素説
? それと
グリ
遺伝子に関する初期の研究
• 遺伝子の本体はタンパク質
← タンパク質は多様だが 核酸は単純
• 核酸に関する研究はあまり進まない
• 遺伝子本体の解明 ← グリフィス
肺炎双球菌
グリフィスの実験
図13-5
• 肺炎を起こす病原性のS型菌
• 肺炎を起こさない非病原性のR型菌
• 夾膜を失う → 病原性失う
夾膜
の有無の重要性:宿主の防御機構から
菌体を守る
• グリフィス
加熱殺菌したS型菌と生きているR
型菌 ネズミに注射
肺炎起こして死
ネズミ
からS型菌検出
• 熱に強い物質 加熱したS型菌から抜けて
R型菌をS型菌に形質転換
アベリーの実験
•
•
•
•
図13-6
試験管の中で実験
S型菌の抽出液 R型菌に加える
抽出液にDNA 含む時 R型菌→S型菌
DNA含まない
形質転換おこらない
→形質転換:DNAによって起こる
→遺伝情報をになうのはDNA
遺伝子はどのようにして形質を決定するのか
• 遺伝する病気
遺伝子の変異→症状
• アルカプトン尿症
尿
黒変
物質代謝経路の解析
図13-8
• 酵素の欠失
ホモゲンチジン酸オキシダーゼの欠失
モゲンチジン酸蓄積
尿中に排出
空気に触れると黒くなる
→ホ
一遺伝子・一酵素説(図13-7)
• 遺伝子に対応する酵素
• アカパンカビを用いた実験
• 1941年 ビードル と テータム
遺伝子が生化学的な反応を支配するか
• 簡単な栄養(無機塩類・糖・ビオチン)で生育できるカビ
アミノ酸・脂肪・ビタミン・炭水化物合成
• 特定の生化学反応を行う能力のない突然変異体を選び出す方法
考案
• 1958年
ノーベル医学生理学賞
• 現在の知見
遺伝子:タンパク質のアミノ酸配列を決定
ダウンロード

プレゼンテーションのダウンロード