放送産業の特徴(2)
技術の発展
1.白黒テレビからカラーテレビへ
2.ENGの登場
3.衛星放送のスタート
4.地上デジタル放送へ
5.難視聴地域(離島)でのテレビ視聴
1
1.白黒テレビからカラーテレビへ
1957年4月 実験局の免許申請(日本テレビ)
1957年12月27日 カラーテレビ放送実験局の予備免許
交付(日本テレビ、NHK)
1960年9月10日 日本テレビ、ラジオ東京、朝日放送、
読売テレビ、NHKはカラー本放送を開始
※当時は白黒テレビと両立可能なNTSC方式が採用さ
れた。
しかし、カラー放送の普及はなかなか進まなかった。
←受像機が白黒テレビの3~4倍
2
Fig.2 脚付きテレビ
Fig.1 白黒テレビ
Fig.3 国産第1
号カラーテレビ
3
東京オリンピック(1964年)がカラー放送普及の転機
←カラー中継
70年10月には在京テレビ局のゴールデンアワーはす
べてカラー放送
4
2.ENGの登場
昭和40年代~50年代に登場
←1975年の昭和天皇の訪米報道がきっかけ
テレビに革命的変革(ソフト・イノベーション)をもたらした。
ENG=Electronic News Gathering(電子的ニュース取
材)
“フィルムを用いない”という意味
“小型テレビカメラ+携帯型VTR” を用いること
“VTR一体型テレビカメラ”
“軽量!”“携帯!”“機敏!”
5
Fig.4 ENG
6
フィルム取材:運版・現像が必要
ENG:伝送装置(FPU)につなげば、現場から放送局
に中継できる。
SNG(Satellite News Gathering)を用いれば、通信
衛星に電波を発射してテレビ局に情報を送ることが
可能。
7
3.衛星放送のスタート
2つの衛星放送
①放送衛星(BS:Broadcasting Satellite)
②通信衛星(CS:Communication Satellite)
(1)BSの歩み
1978年4月8日 実験用放送衛星(BSE)「ゆり」打ち上げ
1984年1月23日 実験放送衛星BS-2a(ゆり2号a)打ち上
げ
5月12日 NHKの衛星放送(試験放送)開始
⇒地上放送ー衛星放送並立の時代へ
8
1989年6月1日 NHKがBS1、BS2の本放送開始
6月3日 NHKがハイビジョン実験放送(1日1時
間) 開始
※ハイビジョンとは
NHKが開発した高精細度テレビジョン
High Definition television/HDTVの愛称
走査線が多いため映画フィルム並みの高精細な
画像となる。画面の縦横比(アスペクト比)は標準
(4:3)よりも横長の16:9。
9
日本では2006年現在で3種類の放送規格がある。
・BSアナログハイビジョン(MUSE)
・衛星デジタルハイビジョン(ISDB-S)
・地上デジタルハイビジョン(ISDB-T)
1991年4月1日 民間衛星放送局WOWOWによる
衛星放送開始
公共放送ー商業放送の並立時代へ
2000年12月1日 BSデジタル放送開始
→ハード・ソフトの分離
10
(2)CSの歩み
1989年10月1日 放送法改正施行
→通信衛星による直接放送許可
→委託放送制度の導入
1989年3月 JCSAT-1打ち上げ
1990年1月 JCSAT-2打ち上げ
1992年2月 スーパーバードーA打ち上げ(代替機)
4月~ 順次サービス開始
※専門チャンネルが中心
1992年12月 スーパーバードーB打ち上げ( 〃 )
11
1996年10月1日 CSデジタル放送 パーフェクTV!
開始
(3)衛星放送は何をもたらしたか
・難視聴の解消(←広域をカバーできる)
・全世界に同時期に同じ情報を供給できる
(←広域性、大容量性)
・多チャンネル
・専門チャンネル
・受委託放送制度(ハードとソフトの分離)
12
4.地上デジタル放送へ
(1)デジタル放送とは
デジタル技術を活用した放送。
動画像を圧縮する符号化圧縮技術や全ての情報を0
と1の信号で取り扱う技術。
→放送の多チャンネル化、高画質化、高機能化
→信号を通信やコンピュータと共有
⇒多種多様なサービスを展開
⇒他メディアとの連携・結合
13
具体的には、
①高画質(ハイビジョン)放送である
②高音質
音質が劣化しない、二ヶ国語放送も可能。
③データ放送が可能
④双方向サービスを展開できる
視聴者参加型の番組も可能
⑤モバイル受信
14
(2)地上デジタル放送の歴史
1987年 米で次世代テレビ放送方式の検討開始
1998年9月 英BBC放送で開始
1998年11月 米デジタル本放送開始
2001年1月 オーストラリアで放送開始
2001年2月 シンガポールで放送開始
2001年10月 韓国で放送開始
2003年12月1日 東京、大阪、名古屋で放送開始
2011年7月24日 アナログ放送停止
15
(3)アナログ放送が停止すると
・アナログのみに対応しているテレビ受像機は、新
たなチューナーを導入しなければ何も映らなくなる。
→テレビの買い替え需要が増大?
→テレビを見れない人が出てくる?
・地上アナログ放送に使用されている周波数帯(53
~62ch)は、地上デジタルラジオ放送や移動体通信
用に転用される。
→新たな媒体やブームの到来?
16
5.難視聴地域(離島)でのテレビ視聴
(1)離島であるがゆえに情報過疎地
e.g.東京都小笠原村、沖縄県南北大東島
東京から南南東へ1,000km。
船で25時間(6日に一便)。飛行場なし。
17
(2)メディアの普及
活字メディア:定期便により運搬。約一週間遅れ。
テレビ:1976年に父島、1977年に母島にケーブル
テレビ局開局。←地元のニュースを伝えた。
1984年にNHKのBSを視聴開始。
国内のニュースよりも国外のニュースが伝
えられた。
1996年よりNHK、民放の地上波放送の視聴
開始。
18
参考文献
隈部紀生 (2004) デジタル放送とメディアの融合 松岡新兒・向
後英紀(編著) 新現場からみた放送学 学文社 Pp. 120-140.
NHK放送文化研究所(編) (2005) データブック世界の放送
2005 日本放送出版協会
日本民間放送連盟(編) (1997) 放送ハンドブック(新版) 東洋
経済新報社
前納弘武(編) (2000) 離島とメディアの研究―小笠原篇
19
ダウンロード

放送産業の特徴(1) 日本の放送産業の構造的特徴