哲学
第7回 「人格の尊重」
By カント
2007年5月22日 吉田
パロ「戦争や争いの絶えない社会では幸せにはなれないね。近
代の民主主義ってのは、そこからスタートしたんだね。」
ピロ「国民主権、平和主義。日本国憲法の柱だね。」
パロ「基本的人権の尊重についてはどうだろう?」
ピロ「きっと、それも誰かが提案したんだと思うな。」
パロ「誰が提案しようと、そんなことはどうでもいいんじゃない?
要は主張内容であって、理論だよ。」
ピ゚ロ「理論か。理論ってことは、つまり仮説? 基本的人権を尊
重すべし、という仮説なのかな? でもどうやって実証でき
る?」
パロ「仮説というより、むしろ決意みたいな感じだね。」
ピロ「そうすると、やっぱり、どんなひとがどんなつもりで、そうい
う決意を提案として言い出したのか、気になるね。」
パロ「そうだね。人間性にかかわる言葉は、無色透明じゃない。」
ピロ「その人の『色』ってものがある。そして、それが社会を動か
して、社会の『色』になる」
パロ「逆もまた真だね。」
カント
ドイツ(東プロイセン)
ケーニヒスベルク
1724年生-1804年(80
歳)没
敬虔なキリスト教の家
庭(職人)に生まれる。
生涯独身
勤勉で社交的な地方知
識人、大学人として生
涯を送る
カントの倫理思想
代表作
『純粋理性批判』(哲学、認識論、科学論)
『実践理性批判』(倫理学)
『判断力批判』(美学)
人間的立場から「善く生きる」を考える(≒デ)
信仰の領域と人間の領域を切り離す(≒パ)
人間の問題として社会の作り方(人への接し方)としての
倫理を考える(≒ロ)
「善く生きる」=お互いに理性ある存在(人格)として
尊重しあうこと
人格(ただ生きる存在ではなく理性ある尊い存在)(≠ホ)
人格尊重の倫理学→「人権」確立→現代の社会の理念
時代と人生 カントの時代
ドイツ(→ヨーロッパ全土へ) 宗教改革&宗教戦争
1651年 デカルト『省察』(フランス絶対王政へ)
1687年 ニュートン『プリンキピア』(自然科学)
1689年 ロック『統治論』(イギリス名誉革命以後、議
会制民主主義へ)
北ドイツ プロイセン王国(ドイツ帝国へ)
1724年-1804年 カントの
1762年 ルソー『社会契約論』『エミール』
1789年 フランス革命(フランス民主主義共和国)
カントの生涯 前半
1724年 ケーニヒスベルクに生まれる
敬虔主義(厳格なルター派キリスト教)もとで
育つ
1740-46年 ケーニヒスベルク大学生
1747-55年 街の家庭教師
1755年(31歳) 『天体論』『形而上学的認識』
執筆
同年 ケーニヒスベルク大学 私講師(給与
の保証のない身分)
カントの生涯 後半
1755年-1770年 私講師として 以降教授として
講義(数学、物理学、論理学、哲学、法学、地理学、教育
学)
研究と論文
デカルト主義的な合理主義の哲学
ルソー『エミール』を読む→「人間の尊厳」
1781年 『純粋理性批判』
哲学独自の領域を切り開く(一躍大哲学者に)
1797年まで 母校で講義を担当しつつ研究・執筆
カント倫理学、美学の基礎を築く
1804年 カント没(80歳)「Es ist gut!」
信仰(神)と学問(理性)1
カント以前(近代) 信仰の領域なし
ロック、ニュートン
神
推論
理性
(哲
学)
自然
デカルト
経験
自覚
科学的
研究
神
?
理性
(哲
学)
社会科学
的研究と
実践
社会
自
然
自然科学
的研究
信仰(神)と学問(理性)2
カントの場合 信仰の領域の確保
『純粋理性批判』の「善く生きる」
信仰
神
•理性の能力や方法
を検討
•信仰の領域を確保
信
心
理
性
科学的
=経験
的研究
批
判
哲学
自
然
理性の自己検討
社
会
カントの倫理学の出発点
カントの倫理学の前提
1.
道徳法則が存在する(研究の前提)
–
–
–
2.
もし道徳法則が存在するとしたら、それはどのようなものでなけ
ればならないだろうか
観察される「事実」としての法則(ex.自然に見出される自然法
則)でなく、
必要によって要請される「権利」としての法則(ex.社会に要請さ
れる法律)
道徳法則は普遍的(いつでも、どこでも、だれにでも当
てはまるべき)
–
–
自分勝手なルールは道徳ではない
特定の人、時代、社会にだけ当てはまる「善く生きる」はない
倫理は快苦、幸福を求めない
快苦、幸福は人によって異なる
道徳法則は人によって異なってはならない(前提2
「普遍性」より)
人
生
快苦の法則、幸福のための法
則は道徳法則ではない
–そのようなルールは人・社会によって
異なる
–また、自分にとっても、その時々で気
持ちよいもの、好きなものを求めても虚
しいだけ
社会
善さ
道徳法則の形
道徳法則は快苦、幸福などの対象をもとめるもので
はない
条件部
命令部
「○○のためには××せよ」という形ではない
「Aに嫌われたくなければ、うそをつくな」は×
(Aが嫌いになったらうそをついてもよい、のような自分勝
手なルールでは道徳が成り立たない)
自分の身の処し方、処世訓としてならよいが、道徳とは言
えない
道徳法則は無条件でなければならない
「××せよ」(「うそをついてはならない」)
道徳法則と自由意志
道徳法則は無条件
欲求の対象である特定の目的のために、××せよという
のではない
道徳法則には、欲望や感情で従うことはできない
道徳法則にはただ、意思の力で従うだけ
善くあろうとする意思(義務)から、無条件に法則に従う
自由意志は道徳の存在根拠として道徳に要請される
存在根拠
自由
意志
道
徳
要請
「自由」をめぐって
人間は「自由」なのか? 自由な意思は存在する
か?
AかBかを自由に選べる(選択の自由)
反論1:ビュリダンのロバ(AとBが完全に同じ条件だった
らどちらも選べないのでは?)
反論2:物理世界は閉じている故、人の行為も意思も物理
的に決定されているはず
AかBかが決まっているとしても、人はそれを意思す
るかしないかの自由意志をもっている(自律の自由)
自律の自由は道徳法則によって要請されている(カント)
人間が自然法則によって決定されているとしても、人間は
なお自由にそれを意思することができる(≒「考える葦」)
黄金律(原理的な道徳法則)
人は、意思+理性によって、道徳法則を理解し、受
け入れ、それに従うことができる
「誰にでも当てはまるような法則に従って行為せよ」
「汝の意思の格率が常に同時に普遍的立法の原理として
妥当し得るように行為せよ」(『実践』§7)
自分の嫌なことを人にするな
自分の望むことを人になせ
自分の理性で判断して、意思の力でこの法則に従う
ことが「善く生きる」ということ
快苦や欲望、幸福への憧憬などで流されるのはたまたま
善いと判断される行為だとしても「善い行為」だったとは言
えない(動機が大事「義務論」)
人格の尊重
人格=意思と理性を兼ね備えた道徳的主体
黄金率を理解して、お互いに尊重し合える
十分に尊重されるなら、お互いに尊重しあって平
和な社会を築くことができるはず
• 教育:自律的な理性と意思を育てる必要がある
• 人権:社会の成員の人格を尊重するための法律(憲
法)
• 刑罰:できない者には隔離と再教育(刑法的)
• 合意:理性的な話し合いの場を設ける(国連、議会)
「人権」の範囲
人格(理性と意思を持つ存在)があるから人権(尊
重される権利)を保証する
どこまで、どのような根拠で権利を保障するのか?
女性(男性とは異なる理性? 同等の理性、人格の承認)
植民地の人々(非西欧的な理性?)
精神薄弱者(不完全?な理性)
子供(教育を受ける権利、未熟な人格? 「成人」)
認知症老人(理性の衰弱? 感情、人格)
ペット、動物(感情、意思?)
ロボット(理性、自由意志は?)
「永遠平和のために」
人格を持った主体としての人間が、どうやって国家を
作り、平和な世界を作るか。
国民による自治(自律の原則)=共和制の実現
• 国民は、リスクの高い戦争を避けたいと望む
• 共和制でなければ、国家を所有物とする支配者によって、戦争に安
易に突入する可能性が高い
各国の平和連合を作る
• 共和国同士は平和を求める自国の権利を保障する
• 世界政府は、国民による自治国家としては不可能
平和を実現するのは自然と商業・利己心?/理性と道徳?
• 「事実としては、道徳性によって善き国家体制が構築されるのでなく、
善き国家体制こそが、民族の善き道徳性を育むのである。」p.206
• 「純粋な実践理性の王国と、その正義を推進せよ。そうすれば、汝の
目的、永遠平和の恩恵はおのずから実現されよう。」p.233
参考文献
『カント』岩崎武雄(著)、勁草書房。
カント哲学の解説書。古いけど定番的存在。
『世界の名著(カント)』、野田又男(編著)、中央公論
社(読みやすいカントの原書翻訳
『基礎』『人倫』『プロレゴメナ』収録のお買い得→中
公クラシックスの新書版で後二者は復刻)
『永遠平和のために/啓蒙とは何か』カント(中山
訳)光文社(短く、しかも読みやすいが、カントの国
家論、国際関係論満載)
『実践理性批判』カント(波多野精一等訳)、岩波文
庫(読みやすくはないでしょうが、じっくり読みたい重
要文献)
ダウンロード

第七回