WordとExcelの活用
Word文書
Excel文書
実教出版「30時間でマスター
Word&Excel2002」
WordとExcelの活用
Word文書に
Excelグラフを挿入
Excel文書
OLE (Object
読み方:
Linking Embedding)
オーエルイー,オーレ
Microsoft社が開発したWindows環境でのアプリケーションソフト間のデー
タ連携機能のことである。
いろいろなアプリケーションソフトで作成した文章,絵,表,グラフ,さらには,音声やビ
デオ画像など(オブジェクト)をつなぎ合わせて新たに1つのデータとしてまとめる機能
OLEは,エンベッド(enbedding:embedは「埋め込む」の意)と
リンク(linking:linkは「連結する」の意)の2つの機能からなっている。
OLE機能を利用するためには,各アプリケーションソフトの方でもこの機能が用意されて
いなければならない。
OLE機能に対応しているアプリケーションソフトには2つの種類がある。
サーバ
・・・他のアプリケーションにデータを提供できるアプリケーション
クライアント・・・データを受け入れるアプリケーション
WordとExcelはサーバとクライアントの両方の機能を持っている。
OLEの変遷について
OLE1.0 ・・・・ 1991年に登場し,Windows3.1に搭載された。
Object Linking and Embedding の略称であった。
OLE2 ・・・・・・ 1993年に登場し,Windows95に搭載された。
略称ではなく,OLE2そのものが用語となった。
MacOSでは,Microsoft Word6.0とExcel5.0以降のバージョンで
OLE2によるデータのリンクを実現している。
ActiveX ・・・ 1996年に登場し,OLEにインターネットなどネットワーク
に対応するための機能が追加されたもの。
Internet対応アプリケーションやInternetコンテンツを開発するための
技術を総称したものである。
ダウンロード

パワーポイント:587.0KB