乱雑な多Slater行列式の重ね合わせによる軽い核の励起構造
-Skyrme力を用いた計算-
篠原聡始1, 太田寛史2, 中務孝1,3, 矢花一浩1,3
1筑波大物理, 2住友化学, 3筑波大計算セ
現代の原子核物理
-多様化し進化する原子核の描像-
@KEK
2006/8/1-3
序論
• 多様な原子核励起構造
– ph励起、クラスター、超変形、変形共存、・・・
• 様々な核構造理論が発展
– 殻模型
– 平均場理論
• RPA, GCM
– クラスター模型・AMD
目的
• 低励起状態の多様な励起構造を記述したい
– 広い模型空間が必要
• 多数のSlater行列式の重ね合わせ
• 3次元格子表示
– 非経験的に記述したい
• 確率論的アプローチ
手法
• 虚時間発展法を用いた確率論的アプローチ
– 確率論的な手法によりSlater行列式を生成
How to prepare the Slater determinants?
– パリティ・角運動量射影、配位混合
Many paths created by
imaginary-time method
Randomly-generated Slater determinants
We can pick them up as basis states
16O
soft
Many configurations included
in the calculation in 16O
Local minima and soft modes automatically appear.
配位混合
• パリティ・角運動量射影
• 一般化固有値問題
16O
(SLy4)
16O
SLy4
(positive parity)
exp
16O
SLy4
(negative parity)
exp
12C
S3
(positive parity)
exp
12C
S3
(negative parity)
exp
まとめ
• 多様な励起構造の記述
– 非経験的
– 多Slater行列式の重ね合わせ
• 虚時間発展法を用いた確率論的アプローチ
– 多様なLocal minimum, soft-mode
– ランダムな初期条件
• 軽い核への適用 (12C, 16O)
今後の課題
• 手法の改善
– エネルギー得を考慮に入れた配位の選択
• 不安定核、中性子過剰核への適用
22日 SC会場 22pSC 13:30~17:00
7
Quadrupole pairing contribution to collective mass in shape coexisting nuclei around 68Se
京大理,筑波大物理A,筑波大計算セB,新潟大理C 日野原伸生,中務孝A,B,松尾正之C,松柳研一
8
乱雑な多Slater行列式の重ね合わせによる軽い核の励起構造-Skyrme力を用いた計算-
筑波大物理A,住友化学筑波研B,筑波大計算セC 篠原聡始A,太田寛史B,中務孝A,C,矢花一浩A,C
9
2核子コア結合模型を用いた奇奇核の励起機構の研究
千葉工大,埼大理A 東山幸司,吉永尚孝A
10
質量数100領域の奇核,奇奇核の核子対殻模型計算
埼大理,千葉工大A 吉永尚孝,原澄人,東山幸司A
11
質量数80領域不安定核の殻模型による研究
埼玉大理,千葉工大A 原澄人,吉永尚孝,東山幸司A
12
奇数質量のLu 同位核におけるtop-on-top機構
大妻女子大,埼玉大理A 田辺和子,田辺孝哉A
13
非軸対称変形した原子核のウォブリング回転運動に対する非軸対称変形度の効果
九大理 小路拓也,清水良文
16O
(SLy4)
Initial Slater determinant
iteration
iteration
Gaussian wave packet
• Gaussian single-particle wave functions are distributed.
• Positions of the Gaussian-centers are determined by
random numbers to remove any prejudice.
How to collect Slater det
• Checkpoints are put every equal interval.
– We accept the state to keep the basis set linearly-independent.
• Many trials started from various initial Slater determinants.
Overlap between any two
of Slaterdeterminants
should be
〈Φi(±)|Φj(±)〉<0.7
i, j ∈ basis set
Energy convergence
Eigenvelue of norm matrix
Energy convergence
Eigenvelue of norm matrix
40 check points
An example of imaginary-time calculation
16O
12C
Kπ=1Kπ=0+
cal
exp
Kπ=3-
20Ne
Kπ=0-
Kπ=2-
Kπ=0+
cal
exp
ダウンロード

篠原聡始 1