近接連星 V4046 Sgr のホットス
ポットモデル
ガスはどこから降着するのか
花輪 知幸 (千葉大学)
連星の形成
松本-花輪 03
SR24 眞山 ほか 09
V4046 Sgr =近接 T Tau 連星
水素輝線 X線
Guenther et al. 09
V = 10.5 等,
J = 8.14 等
Quast et a. 00
分子ガス円盤
Kastner et al. 08
空隙
Jensen &
Mathieu 97
0.946 Mo
(K7Ve )
0.987 Mo
(K5Ve )
主星も伴星も古典的 T Tau 型
周期 2.42 日
周期変化
する輝線
細い2本=主
星、伴星
v  54 km s 1 ,
 57 km s 1
幅広く、速度
変化の大き
い2成分
Stempels &
Gahm (2004)
H8
H9
H10
公
転
位
相
•
•
•
•
自己重力なし
円軌道 (e = 0)
公転面内だけ (2D)
等温ガス
cs  25.7 km s
r0  23.1 R
-1
(T  6.9  10 K に相当)
4
2次元モデル
a  9.24 R
r*  1.1 R
広領域(Rout = 1.67 AU)
多層格子
星周円盤にホットスポット
降着エネル
ギーの解放
観測者(慣性系)から見た速度
ドップラーシフトの振幅と位相
主星
伴星
主星
輝線のドップラーシフト
v rad
cf.. Stempel & Gahm 04
Jacobi定数
v2
GM1
J 

2
r  r1
r
GM 2


r  r2
2
2
L1 点は輝線源?
まとめ
• 周連星円盤からガスが降着すると、円盤に
「ホットスポット」ができる。
• ホットスポットは幅広い輝線として見える可能
性がある。
• ホットスポットモデルはV4046 Sgr のバル
マー輝線構造を自然に説明できる。
ダウンロード

PPT