第1章 消費者行動とマーケティ
ング
2節 なぜ消費者行動が重要になっ
てきたか(市場の変化)

バ
ブ
ル
↓

絶
対
的
不
足
の
時
代
(
生
産
優
位
)
↓

白
物
電
化
製
品
の
急
速
な
普
及
↓
消
費
革
命
の
終
了
(
全
体
の
富
裕
化
)
→

さ
ら
に
加
速
し
た
場
合
↓

低
成
長
化
(
何
ら
か
の
階
層
化
)
↓

シ
ス
テ
ム
の
変
更
頁
1)
9
7
4
↓
絶
1対
9的
5不
5
足
の
時
代
(
1
9
4
5
か
ら
)
↓
→
白
物
電
化
三製
種品
のの
神急
器速
・な
3
C普
(及
1
5



↓
消
1オ費
9イ革
8ル命
6シ
の
ョ終
ッ
ク了
(
全
土体
地の
バ
神富
ブ
話裕
ル
化
)
→
さ
1ら
9に
9加
1速
し
た
場
合
↓
↓
低
成
長
化
(
何
ら
か
の
階
層
化
)



動シ
?ス
テ
ム
の
変
更
な
ど
の
大
き
な
変
日
本
の
戦
第
敗
2
戦次
後世
界
大
↓
「白
つ物
く
っ電
た化
物製
を品
売の
る急
速
」
製な
品普
志及
向


→
「消
つ費
く
っ革
た命
物の
は終
売了
る(
全
」
販体
売の
志富
向裕
化
)
↓
↓
↓
向「 さ
売ら
れに
る加
も速
のし
をた
つ場
く
る合
」
消バ
費ブ
者ル
志



「「低
消売成
費れ長
者る化
のも(
関の何
係をら
強つか
化くの
る階
」
顧」層
客 化
志 )
向
「絶
つ対
く
っ的
た不
物足
はの
売時
れ代
る
」
生
産
志
向
1 絶
9 対
2T的
0型
不
フ足
ォの
ー時
ド代
に
よ(
生
る産
上優
昇位
)
↓
白
物
電
電化
気製
の品
普の
及急
速
大な
恐普
慌及


1
9
2
9
→
消
費
革
命
の
終
了
(
全
体
の
富
裕
化
)
↓

低
成
長
化
(
何
ら
か
の
階
層
化
)
↓

第
2
次
世
界
大
戦
(
世
界
シ
ス
テ
ム
)
↓


等5
0
年
代
の
第
2
次
消
費
革
命
(
?
)
ア
メ
リ
カ
合
衆
国
消費社会(消費者社会)
consumer society



米国,日本,ヨーロッパ主要国において生
じている。特に日米。
高度に産業が発達し,生理的欲求を満た
すための消費ばかりでなく,文化的・社会
的要求を満たすための消費が広範に行わ
れるような社会。(三省堂 大辞林 第2
版)
エンゲル係数でもチェックできる。
消費社会の別側面
consumerism

¡経済¢コンシューマリズム:商品の消費が常
に拡大することが,健全な国民経済の発展
のために有益だとする考え方.
小学館『ランダムハウス英語辞典』CDROM版(3つの意味のうちの一つ)
消費社会論の文献




佐伯啓思(1993)「欲望」と資本主義 講談
社現代新書 がよい.
常松洋(1997)大衆消費社会の登場(世界
史リブレット48)山川出版社 ¥729
1920年代の米国を描く
犬田充(1996)「超」消費社会 中央経済社
そのほかポストモダン論も重要
3節 マーケティング戦略と消費
者行動




マーケティング・コンセプト 作成
マーケティング・セグメンテーション(市場細
分化)戦略
製品差別化戦略
マーケティング・ミックス
(製品・価格・流通・販売促進)
4節 消費者保護・環境保護


消費者保護
環境保護とデ・マーケティング
ダウンロード

1-2