~バス停界の黒船来襲~
都市計画実習 インフラ班
寺尾慈明 田代哲明 中島聖仁
西田幸太郎 水谷亮介 中井達也
担当教員:佐藤弘史 T.A.:薮本浩平
1
背景・問題提起
文献調査
アンケート調査
背景・問題提起
現地調査
問題点の整理
今後の方針
2
なんと!
剥がれかけの塗装
穴の空いた屋根
25年前から基本的な設備はかわっていないのです
壊れたベンチ
錆びた支柱
3
現行バス停設備の問題点(1)
バス停に…
屋根がない!
設備の不備
4
現行バス停設備の問題点(2)
バス停に到着!
しかし…
目的地までどうやって行ったらいいんだろう…?
案内の不備
5
現行バス停設備の問題点(3)
ノンステップバスがやってきた!
しかし…
バスに乗るまでが一苦労
不完全なバリアフ
6
現行バス停設備の問題点
我々インフラ班による観察の結果、
バス停設備の老朽化
バス停の不完全な設備
により、利用者に不便を
強いているという問題が考えられた。
そこで、我々はバス停について調査を行った。
7
背景・問題提起
文献調査
アンケート調査
予備調査
現地調査
問題点の整理
今後の方針
8
予備調査:概要
調査目的
利用者の状況・ニーズ把握
バス設備の現状把握
文献調査
方法
アンケート調査
現地調査
9
文献調査
アンケート調査
現地調査
10
文献調査
学内バス交通とバス停の変遷
運行システム
バス停設備
昭和52年 (旧)学内バス 試験運行開始
昭和55年 (旧)学内バス 本格運行開始
平成17年
新学内交通システムの導入
開学~S57
上屋などの施設設置
WBや横断歩道の改良
高速バス「つくば号」乗入開始
平成20年
現在
11
文献調査
バス停利用状況の変化
2004年
本数※1
運用時間帯
ノンステップバス導入率※2
2008年
189本/日
183本/日
6時~22時
4時~25時
5.6%
16%
(2004年3月31日現在)
(2007年3月31日現在)
本数はほぼ横ばい
利用者層の多様化(つくバス サイエンスツアー)
※1 筑波大学中央停発の本数 12
※2 国土交通省HP
文献調査
アンケート調査
現地調査
13
概要
アンケート調査
調査方法
回答者数
本学学生を中心としたアンケート調査
111名 内有効回答 109名
バスの利用状況・目的
バス停に対するイメージ
• バスの利用頻度
• よく利用するバス停
• SD法によるイメージ尺度
バス停の利用環境
• 時刻把握の有無
• バス停で経験した
マイナス感情
バスの利用に対する
満足度
• バスサービスへの満足度
• バスの利用目的
14
バスの利用に対する満足度
満足
やや満足
やや不満足
不満足
乗り降りのし易さ
運賃の分かり易さ
行先(系統)
の分かり易さ
自由回答では、
土日や雨天時の積み残しに対する不満が多かった
定時性
本数・頻度
0%
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
15
90%
100%
バスの利用状況・目的(どんな時にバスが必要か)
雨天の時
大荷物の時
遠出する時
交通弱者になった時
病気・けがの時
通学通勤の時
サンプルの大半がつくば在住者
夜遅くなった時
日常の
買い物の時
お酒を飲んだ時
16
0%
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
90%
100%
バス停の利用環境(経験の有無)
雨の日、バス停で
濡れてしまった
上屋が十分に整備されていない可能性
乗るバスを間違えた
降車後、目的地へ
行くのに苦労した
女性の割合が高かった
バス停で、自転車に
危険を感じた
夜バスを待つこと
への不安
17
0%
20%
40%
60%
80%
100%
バス停に対するイメージ
1
2
3
(大きい数
4 ほど悪印象)
安全な-危険な
くつろいだ
-緊張した
強い-弱い
全体的に悪いイメージをもたれている
軽い-重い
公共施設として致命的な印象を持たれている
明るい-暗い
清潔な-不潔な
いきいきしてる
-していない
おしゃれな
-ださい
18
0%
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
90%
100%
文献調査
アンケート調査
現地調査
19
現地調査
調査対象
図に示した 26箇所のバス停
( つくばセンターを除く )
調査方法
調査項目
現地踏査による調査
A 案内図の有無
B 照明の有無
C 上屋の有無
D 歩道高さ
E バス停部の歩道幅
F ベンチの有無
G 点字ブロックの有無
H WBの有無
I バス停部の車道の型
20
現地調査項目
A
B
C
D
E
B
C
A
H
F
E
D
G
I
F
G
H
I
案内図の有無
照明の有無
上屋の有無
歩道の高さ
バス停部の
歩道幅
ベンチの有無
点字ブロックの
有無
WBの有無
バス停部の
車道の型
21
具体例:ベンチ
利用者のニーズを
満たしていない
恐れがあるのでは?
両側設置
片側未設置
未設置
22
現地調査結果概要
バス停設備設置率
計算) 屋根設置箇所/学内循環バス停全26箇所 ×100
100
90
80
70
60
(%) 50
40
30
20
10
0
屋
根
ベ
ン
チ
照
明
案
内
点
字
看
板
道
幅
2
m
以
上
23
背景・問題提起
文献調査
アンケート調査
問題点の整理
現地調査
問題点の整理
今後の方針
24
アンケートと 現地調査 から見える問題
街灯・屋根・ベンチなど
バス停設備が不十分
不親切な案内や
分かりにくい料金表示
身体的負担や危険
間違い乗車や困惑
不十分な
バリアフリー
交通弱者への
負担や障害
バス停の
マイナスイメージ
自転車との接触
などの危険性
面白味がない
安全への不配慮
25
身体的負担や危険
初めて来た人
バス停の安全性へ不安を抱える人
バスにあまり乗らない人
交通弱者
様々な状況下でバスを使う人
間違い乗車や困惑
交通弱者への負担
面白みがない
街灯・屋根・ベンチ
十分な待ちスペースの確保
分かりやすい案内や
バリアフリー等への
筑波大学色のある
などバス停設備
など
十分な配慮
料金表示
バス停など
の保守完備
安全への不配慮
26
理想のバス停設備
全バス利用者にとって使いやすい
しかし
様々な利用者がいる
利用者によって異なるニーズ
27
バス停ごとに利用者を特定
I cannot speak Japanese. I don’t like
school bus because it is too difficult
for me to understand where bus stop
is. After I got off bus, I did not
understand where I was. So I
watched a map which was on the bus
stop. I understood where I was. I
want more English maps every bus
stops. Thank you.
28
利用者のNeedsにmatch
したバス停を目指す!!
29
背景・問題提起
文献調査
アンケート調査
今後の方針
現地調査
問題点の整理
今後の方針
30
今後の作業
現状把握の続行
障害体験
需要調査
関東鉄道
つくば市
大学施設部
交通弱者 など
解決策の提案
聞き取り調査
聞き取り調査の結果得られた問題の解決
費用対効果分析
31
参考文献
• 2004年度都市計画実習交通班 学内バス廃止に伴う
代替案の検討
• 2006年度都市計画実習交通班 新学内交通システム
の事後評価
• 浅見知秀,2007,筑波大学新学内交通システムが大学
構成員の意識と行動に与えた影響,筑波大学第三学群
社会工学類卒業論文
• 計良聡範,2005,筑波大学における学内バス導入のた
めの交通把握と需要予測,筑波大学第三学群社会工学
類卒業論文
• 中村文彦,2006 『バスでまちづくり』,学芸出版社
• 1982年,筑波大学の施設・環境の歴史,筑波大学施設
部施設環境計画室
32
おわり!
33
ウェルカムボード
横断歩道(車道嵩上げ)
歩道の切下げ
34
イチゴ
35
クリチバ
バス停
36
身体的負担や危険
初めて来た人
バスに事故等の不安を抱える人
バスにあまり乗らない人
交通弱者
様々な状況下でバスを使う人
間違い乗車や困惑
交通弱者への負担
面白みがない
街灯・屋根・ベンチ
分かりやすい案内や
バリアフリー等の
ウェルカムボード
十分な歩幅の確保
などバス停設備
安全性への十分な配慮
料金表示
の充実など
など
の保守完備
事故の危険性
37
ダウンロード

中間発表PowerPoint(4.69MB) - 都市計画DocumentSV