テキスト 98ページ
6.3.3 わなの選定
対象動物をしっかりと拘束できる機構や強度を持っ
たわなを選ぶ
安全に操作や管理ができるものを選ぶ
現時点では、わなの強度や仕様について、対象動
物ごとに明示できる基準はない
→経験則に基づいて判断することと、各事業者の報
告に基づき客観的な情報を蓄積することが重要
6.3.4 わなの設置場所の選定
(運用面)
捕獲しやすい場所
見回りのしやすい場所
処分、搬出がしやすい場所
土地占有者の承諾が得られる場所
(安全面)
一般の人があまり出入りしない場所
標識等により設置がわかりやすい場所
見通しが良い場所 など
テキスト 98ページ
見通しの悪い場所にわなを設置すると
危険が増す
テキスト 99ページ
6.3.5 わなの設置方法
 箱わなや囲いわなは適切に組立て動作確認をする
 イノシシのような土を掘る対象に対しては、床面と
壁面の接続部を補強する
 くくりわなはワイヤーの端をしっかりと固定する
 事業者の名称を書いた標識を、見やすい場所に設
置してください。
テキスト 100ページ
6.3.6 毎日の見回りの徹底
 捕獲個体を早期に発見し、適切に処理することで
安全性を確保する
 捕獲効率の向上のためにも、見回りは必要
 わなに近づく際は、捕獲された鳥獣に注意が必要
 錯誤捕獲の防止のためにも、見回りを徹底する。
見回りで改善が必要
← 露出したわな
作動しないわな
↓
テキスト 100ページ
6.3.7 止めさしの方法
 止めさしの際は、危険性が高い
 止めさしは必ず2人以上で作業する
 状況に合った適切な止めさし方法を選択する
 くくりわなでは必ず斜面の上方から近づく
 捕獲個体の動きを、確実に保定して行う
 相手の動きをよく見極めて対処する
 初心者は、経験者の処置を十分に
見学してから実施する。
テキスト 101ページ
6.3.8 錯誤捕獲の危険性への対応
錯誤捕獲を防ぐ方法
・わなの形状や作動条件等を工夫する
・餌を使う場合は、餌の種類を工夫する
・日々の見回りで対象外種の接近を事前に察知する
万一、錯誤捕獲が起こった時の対応
・対応方法を、あらかじめ発注者と取り決めて置く
テキスト 102ページ
6.3.9 捕獲期間終了後や捕獲しない期間
のわなの取扱い
 捕獲を終了するときは、わなを確実に撤去する。
 捕獲を中断する場合で、設置しておくことが可能な
場合も、確実に動作しないように固定し、関係者以
外が操作できないようにする
テキスト 103ページ
最後に巻末の事故事例を確認し、
安全確保に努めてください
2日目終了
写真・イラスト・動画 提供 兵庫県森林動物研究センター・香川県
ダウンロード

第6-3章 [PPT 2582KB]