環境問題の現状と課題
環境政策への歩み
環境問題へのアプローチ
都市と自然
環境問題の諸側面


公害問題
自然環境の著しい劣化と破壊




アメニティの確保
自然の多様性の保持
資源枯渇問題
未来への対応

地球温暖化問題

不確実な未来への最善の努力
公害とその対策

経済成長の光と影


環境悪化



脅かされる生活
大気汚染、水質汚濁、土壌汚染
騒音、震動、地盤沈下、悪臭
対症療法から予見・予防へ
多様な汚染形態


工業用途の化学物質
農業の問題


漁業の問題


殺虫剤、殺菌剤、除草剤、人工色素
海洋生物付着防止剤
生活からの汚染


自動車の効用と社会的費用
酸性雨
環境政策への歩み


国家環境政策法(アメリカ、1969)
公害国会(日本、1970)における法整備


環境保護庁の設置
国連人間環境会議(1972)

ストックホルム人間環境宣言を採択

国際環境法の整備への道
「持続可能な発展」論

「開発と環境に関する世界委員会」



国連、1984
委員長、ノルウェーのブルントラント首相
報告書 Our Common Future (1987)



大来佐武郎監修『地球の未来を守る』
自然の持続可能性
社会の持続可能性

絶対的貧困の存在と格差の増大
環境政策のさらなる発展

地球環境基金の設置(1991)


Global Environmental Facility: GEF
国連環境開発会議(1992)

United Nations Conference on Environment
and Development(地球サミット)



持続可能な環境と発展のための行動計画(アジェ
ンダ21)
気候変動枠組み条約
生物多様性条約
環境基本法の成立

環境基本法(1993)

それまでの環境政策を越えて



公害対策基本法(1967)
自然環境保全法(1972)
環境基本法の3つの基本理念



環境の保全と継承
持続可能な発展
国際的協調
環境問題の多様性

取り扱い領域の多様性




環境汚染と公害
自然保護
歴史的・文化的遺産の保存
空間的スケールの多様性



地域スケール
国家スケール
国際的スケール・地球スケール
環境と生活の諸側面

生命サポートシステムとしての環境




資源の供給
アメニティの供給
廃物の同化・吸収
環境破壊の形態



環境汚染
アメニティ破壊
自然破壊
社会現象としての環境問題

個別現象の多様性


環境と人間社会の関わりの多様性
共通する問題


経済活動による環境破壊
福祉水準の低下


意図せざる副作用
利害対立と社会問題化

政策過程研究の必要性
都市と自然

都市化現象とは何か

近代技術主義とシミュレーション指向


自然との対立


意図せざる結果への不寛容
シミュレーションのできない自然
自然の消えた都市

資源しか見えない都市住民
都市の特質としてのゴミ問題

時間の呪縛

注文生産から作りおきへ



食品の合成保存料
作りおき食品の定期的な廃棄
多様な消費財

多品種少量生産

不良在庫の処理問題
都市と森林

悪霊のすみかとしての森

ギルガメッシュ神話



エンキドゥと森の神フンババ
森の征服とその報復
都市建設と森林破壊

森林の消滅と都市の滅亡
森林と農村・漁村

江戸時代初期の開墾




過剰開発と洪水問題
漁業への影響
森林保全への取り組み
社会の変化と保全システムの崩壊


明治期の土地所有権問題
戦後の農地改革
環境問題にどう対応するか

近代技術主義

自然は制御可能か



自然環境主義


自然の総合的理解の不足
分化する学問の弊害
引き返し不能地点
生活環境主義
自然を取り戻す

町作りと自然

公園の役割


ビオトープへの取り組み


幾何学的な庭園から自然へ
野生動物の生息可能な自然生態系の機能する空
間
自然と人工のバランスを求めて

生態系への配慮
環境問題に取り組む

複雑な因果関係と錯綜する利害関係



絶対化の危険性



温かい心と冷静な頭脳
事実問題と価値判断
神様でも悪魔でもない人間
人の醜さと美しさ
誰のために働くのか

神に愛されている人
ダウンロード

提示 - nifty