抗菌薬
キノロン系抗菌薬
キノロン(ピリドンカルボン酸)系抗菌薬
COOH
CH3
N
COOH
O
ナリジクス酸 (1962)
抗グラム陰性菌 → 尿路感染症
ピリドンカルボン酸
フルオロキノロン
(ニューキノロン)
CH3
HN
N
N
O
O
キノロンカルボン酸
キノロン
H3C
COOH
F
O
O
H
N
H
N
H
N
H
N
N
F
COOH
O
ノルフロキサシン(1978)
グラム陰性・陽性菌に対して強力な抗菌作用
グラム陰性桿菌に対するPAE(postantibiotic effect)
DNAジャイレース,トポイソメラーゼⅣ阻害
副作用は少ない
キノロン系抗菌薬(オールドキノロン)
CH3
H3C
N
N
COOH
O
ナリジクス酸(経口)
グラム陰性菌(緑膿菌,嫌気性菌を除く)
尿路,腸管感染症
CH3
O
N
O
CH3
HN
N
N
COOH
O
シノキサシン(経口)
グラム陰性菌
代謝を受けにくい
N
N
N
COOH
O
ピペミド酸(経口)
グラム陰性桿菌に対する抗菌力増強
緑膿菌に有効
キノロン系抗菌薬(ニューキノロン)
CH3
HN
N
N
F
COOH
O
ノルフロキサシン(経口)
大腸菌,赤痢菌,Salmonella,Citrobacter,肺炎桿
菌,Enterobacter,Serratia,Proteus,インフルエン
ザ菌,緑膿菌,淋菌
ブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,腸球菌属
副作用:横紋筋融解症
小児適用あり
キノロン系抗菌薬
HN
H3C
CH3
F
N
N
F
COOH
O
ロメフロキサシン(経口)
Acinetobacter,Peptostreptococcus
に抗菌力拡大
副作用:光線過敏症
H3C
N
CH3
O
N
N
F
COOH
O
HN
N
オフロキサシン(経口)
N
F
COOH
グラム陽性菌に対する抗菌力増強
Acinetobacter,Peptostreptococcusに拡大
O
シプロフロキサシン(経口,注射)
グラム陰性菌に対する抗菌力増強
Acinetobacter,Peptostreptococcusに拡大
H3C
N
CH3
O
N
N
F
COOH
O
レボフロキサシン
抗菌力増強(2倍)
代表的キノロンの抗菌スペクトル
H3C
N
CH3
O
N
N
F
COOH
O
レボフロキサシン(経口,注射)
ブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,腸球菌属,炭疽菌,
Peptostreptococcus,アクネ菌(Propionibacterium acnes)
淋菌,緑膿菌,Moraxella catarrhalis,Acinetobacter,Legionella,
野兎病菌, Q熱コクシエラ(Coxiella burnetti),大腸菌,赤痢菌,Salmonella,Citrobacter,
Klebsiella,Enterobacter,Serratia,Proteus,ペスト菌,Providencia,Morganella morganii,
コレラ菌(Vibrio cholerae),インフルエンザ菌,Campylobacter,Brucella
トラコーマクラミジア(Chlamydia trachomatis),肺炎クラミジア(Chlamydophila pneumoniae),
肺炎マイコプラズマ
キノロン系抗菌薬
F
H2N
N
N
N
F
O
トスフロキサシン(経口)
グラム陰性菌,陽性菌に対する抗菌力増強
Burkholderia cepacia,Stenotrophomonas
maltophilia,Bacteroidesに抗菌力拡大
小児に適応あり
副作用:横紋筋融解症
N
H2N
COOH
CH3
O
F
F
COOH
O
パズフロキサシン(注射)
グラム陰性菌に対する抗菌力強化
Bacteroidesに抗菌力拡大
キノロン系抗菌薬
F
O
O
O
H3C
N
CH3
N
N
F
S
COOH
H2N
Cl
N
F
O
プルリフロキサシン(経口)
N
H
COOH
O
シタフロキサシン(経口)
プロドラッグ型キノロン
緑膿菌を含むグラム陰性菌に対する
抗菌力強化
グラム陰性菌,陽性菌に対する抗菌力増強
Prevotella,Porphyromonas,
Fusobacteriumに抗菌力拡大
経口吸収性改善
副作用:下痢・軟便
キノロン系抗菌薬
H
HN
H3C
OCH3
N
OCH3
HN
N
F
H
COOH
N
F
O
ガチフロキサシン
グラム陽性菌に対する抗菌力増強
グラム陰性菌に対する抗菌力やや低下
Burkholderia cepacia,
Stenotrophomonas maltophilia,
Bacteroidesに抗菌力拡大
呼吸器への移行性良好
副作用:血糖異常・・・外用薬
N
COOH
O
モキシフロキサシン(経口)
グラム陽性菌に対する抗菌力増強
グラム陰性菌に対する抗菌力やや低下
呼吸器への移行性良好
1日1回投与
キノロン系抗菌薬(デスフルオロキノロン)
HN
H3C
F2HCO
N
COOH
O
ガレノキサシン(経口)
ブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,Moraxella catarrhalis,大腸菌,
Klebsiella,Enterobacter,インフルエンザ菌,Legionella pneumophila,
肺炎クラミジア,肺炎マイコプラズマ
肺への移行性良好,1日1回投与
多剤耐性肺炎球菌などの耐性菌を含む呼吸器・耳鼻咽喉科領域感染症の
起炎菌に対して優れた抗菌活性
キノロン系抗菌薬の副作用
・一般的に副作用は弱く,発現頻度も低い(3~5%)
・消化器系症状・・・食欲不振,胃部不快感,悪心・嘔吐,下痢
・過敏症状・・・発疹,痒み,ショック
・光線過敏症
ロメフロキサシン
・中枢神経系症状・・・眩暈,ふらつき,頭痛,頭重,不眠,眠気
・横紋筋融解症
トスフロキサシン,ノルフロキサシン
・血糖異常・・・糖尿病患者
ガチフロキサシン
・乳幼児の関節軟骨障害
・テオフィリン投与患者における血中テオフィリン濃度上昇
シプロフロキサシン,トスフロキサシン
・痙攣誘発・・・非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)との併用(GABA結合阻害)
フェンブフェン,フルルビプロフェン・・・ノルフロキサシン,ロメフロキサシン
ケトプロフェン ・・・シプロフロキサシン
サルファ薬
サルファ薬の発見
Gerhard Domagk (1895-1964)
レンサ球菌(Streptococcus pyogenes)感染マウスを用いたスクリーニング
H2N
N
N
SO2NH2
N
NH2
プロントシル・ルブラム
H2N
SO2NH
スルファピリジン
H2 N
SO2NH2
スルファミン (1935)
チャーチルの肺炎治療
サルファ薬の作用機序
H2N
N
H
N
H2N
N
COOH
p-アミノ安息香酸
OPP
N
OH
H2N
N
N
H
N
H2 N
SO2NH2
スルファミン
N
OH
H2N
N
N
HN
H
N
ジヒドロプテロイン酸
COOH
N
OH
HN
H
N
O
COOH
COOH
チミジル酸合成系 → DNA合成
ジヒドロ葉酸
長時間作用型サルファ薬
OCH3
O
N
O
S
N
H
N
OCH3
H2N
スルファジメトキシン(経口,注射)
レンサ球菌属,肺炎球菌,大腸菌,
髄膜炎菌,軟性下疳菌(Haemophilus ducreyi )
咽頭・喉頭炎,扁桃炎,髄膜炎
膀胱炎,腎盂腎炎,軟性下疳
副作用:血液障害,皮膚障害
ST合剤
CH3
O
O
S
N
H
OCH3
H2N
O
N
5 : 1
N
N
H2N
OCH3
OCH3
NH2
スルファメトキサゾール・トリメトプリム
緑膿菌を除くグラム陰性桿菌,腸球菌(経口)
上気道,尿路感染症(他剤無効例)
カリニ肺炎(注射)
強い副作用:血液障害,アナフィラキシー
H2N
H
N
N
N
OPP
N
H2N
CH3
COOH
O
O
S
OH
N
H
H2N
N
N
O
N
H2N
H
N
スルファメトキサゾール
N
OH
HN
ジヒドロ葉酸
H
N
COOH
OCH3
H2N
N
O
H
N
COOH
H2N
N
N
N
N
H
OH
OCH3
NH2
HN
トリメトプリム
H
N
テトラヒドロ葉酸
O
COOH
COOH
OCH3
抗結核薬
抗結核薬
結核菌 Mycobacterium tuberculosis
細胞壁ミコール酸・・・薬剤透過性低
N
H
N
N
NH2
O
イソニアジド(経口,注射)
H3C
NH2
S
エチオナミド(経口)
肺結核,その他の結核症
作用機序:ミコール酸生合成阻害
肺結核,その他の結核症
作用機序:ミコール酸生合成阻害
副作用:肝障害,末梢神経障害
副作用:肝障害,胃腸障害
(四肢のしびれ感など)
抗結核薬
CH3
CH3
肺結核,その他の結核症
非結核性抗酸菌症,ハンセン病
CH3
H3COCO
H3CO
OH
CH3
作用機序:DNA依存性RNAポリメラーゼ阻害
OH
副作用:肝障害,胃腸障害
OH
OH
H3C
O
肝臓の薬物代謝酵素P450を誘導し,血中濃度
を低下させるため,下記薬物との併用は禁忌
CH3
NH
N
O
N
OH
O
CH3
O
リファンピシン(経口)
N
CH3
インジナビル,サキナビル,ネルフィナビル,
ホスアンプレナビル,アタザナビル(抗HIV薬)
デラビルジン(抗HIV薬)
ボリコナゾール(抗真菌薬)
プラジカンテル(抗吸虫薬)
タダラフィル(勃起不全治療薬)
抗結核薬
OH
N
H
N
CONH2
H3C
N
ピラジナミド(経口)
肺結核,その他の結核症(経口)
結核菌ピラジナミダーゼにより活性化
ピラジン酸 → トランス翻訳阻害
副作用:肝障害,関節痛
N
H
CH3
HO
エタンブトール(経口)
肺結核,その他の結核症
非結核性抗酸菌症
細胞壁アラビノガラクタン生合成阻害
副作用:視神経炎
抗結核薬
NH
HN
HO
HN
H2N
NH2
OH
OH
O
NH
O
CHO
H3C
HO
HO
H2N
OH
O
HO
OH
O
HO
OH
O
H2N
NH2
O
NH2
OH O
HO
O
HO
NHCH3
カナマイシン(注射)
HO
ストレプトマイシン(注射)
肺結核,結核症,ペスト,ワイル病,
感染性心内膜炎,野兎病
30Sリボソームに結合しタンパク合成阻害
副作用:聴覚神経障害,腎障害
肺結核,その他の結核症
ブドウ球菌,肺炎球菌,淋菌,大腸菌,
Klebsiella,Proteus,Morganella morganii,
インフルエンザ菌,緑膿菌,百日咳菌
30Sおよび50Sリボソームに結合し
タンパク合成阻害
副作用:聴覚神経障害,腎障害
抗結核薬
OH
H H
N
H2N
NH2
O
OH
O
H
N
N
H
O
NH
O
HN
H
N
H
H
NH
N
H
NH2
OH
O
NHCONH2
O
N
H
O
O
サイクロセリン(経口)
NH
エンビオマイシン(注射)
肺結核,その他の結核症
タンパク合成阻害
副作用:聴覚神経障害
肺結核,その他の結核症
D-Ala-D-Ala合成酵素阻害
アラニンラセマーゼ阻害
→ ペプチドグリカン生合成阻害
副作用:中枢神経障害
結核の標準治療法
イソニアジド + リファンピシン + ピラジナミド + エタンブトール or ストレプトマイシン
2か月
イソニアジド + リファンピシン
4か月
抗結核薬の副作用
イソニアジド
リファンピシン
ストレプトマイシン
エタンブトール
ピラジナミド
肝障害,末梢神経障害
肝障害,胃腸障害
聴覚神経障害,腎障害
視神経炎
肝障害
その他の合成抗菌薬
ハンセン病治療薬
らい菌(Mycobacterium leprae)
Cl
O O
S
H2N
H3C
NH2
ジアフェニルスルホン(経口)
葉酸生合成阻害(サルファ薬と同様)
リファンピシン
オフロキサシン
N
CH3
N
Cl
N
H
クロファジミン(経口)
DNA複製阻害
マクロファージのリソソーム活性化
ハンセン病の標準治療法:リファンピシン + ジアフェニルスルホン + クロファジミン
抗嫌気性菌,ピロリ菌薬
CH3
N
N
OH
NO2
メトロニダゾール(経口)
嫌気性菌:Peptostreptococcus属,Bacteroides属,Prevotella属,Porphyromonas属,
Fusobacterium属,Clostridium属,Eubacterium属
ピロリ菌・・・アモキシシリン + PPI
副作用:食欲不振,胃の不快感,吐き気 ,末梢神経障害,痙攣発作
妊婦禁忌
作用機序:細菌のニトロ還元酵素系によってニトロソ化合物に変化し,DNA鎖を切断する
抗MRSA,VRE薬
O
O
N
N
F
O
NHCOCH3
リネゾリド(経口,注射)
MRSA,VREFを含むグラム陽性菌に有効
リボソーム70S開始複合体形成阻害 → タンパク質合成阻害
適応:バンコマイシン耐性Enterococcus faecium(VREF)
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)
副作用:骨髄抑制による血小板減少,下痢,悪心・嘔吐,視神経障害
抗MRSA薬
バンコマイシン,テイコプラニン
リネゾリド
アルベカシン
ダプトマイシン
ムピロシン(鼻腔用軟膏)
抗VRE薬
キヌプリスチン・ダルホプリスチン
リネゾリド
抗菌薬使用上の注意
最適な抗菌薬の選択
感染臓器の決定
抗菌薬の臓器移行性
感染微生物の決定(推定)
感受性の高いものを選択
抗菌スペクトルの狭いものを選択・・・耐性化対策
患者の状態把握
重症度,年齢,他疾患,副作用歴,常用薬
抗菌薬の副作用,薬物間相互作用
抗菌薬使用上の注意
菌交代現象
強力な広域抗菌薬の長期使用
→スペクトル外の病原体,非病原性細菌などが異常増殖
菌交代症・・・カンジダ症,偽膜性大腸炎
長期使用をなるべく避け,長期使用時には要観察
耐性菌の増殖
抗菌薬の乱用により,レンサ球菌,ブドウ球菌,結核菌などが耐性化
最適のスペクトルをもつ抗菌薬を選択,不必要時に乱用しない
抗菌薬の副作用
重篤な副作用・・・薬剤アレルギーによるショック
患者の薬剤使用歴を十分にチェック
抗菌薬と他薬との相互作用
感染症は急性疾患であることが多く,常用薬との相互作用に注意
代表的な抗菌薬の使用上の注意
ペニシリン系・・・アレルギー性ショック
カルバペネム系・・・腎毒性,中枢神経毒性
アミノグリコシド系・・・聴器毒性,腎毒性
キノロン系・・・非ステロイド抗炎症薬との相互作用
小児に使用できないものが多い
テトラサイクリン系・・・耐性菌が多い
グリコペプチド系・・・アレルギー反応,腎毒性
リンコマイシン系・・・菌交代症
抗菌薬の組織移行性
臓器移行性が高い抗菌薬
・肺
マクロライド系,キノロン系,テトラサイクリン系・・・肺炎治療薬
リンコマイシン系
・肝・胆汁
マクロライド系,キノロン系,テトラサイクリン系,リンコマイシン系
ペニシリン系(ピペラシリン)
セフェム系(セフォペラゾン,セフブペラゾン,セフピラミド,セフトリアキソン)
・腎・尿路
ペニシリン系,セフェム系,モノバクタム系,カルバペネム系,
アミノグリコシド系,キノロン系,グリコペプチド系
・髄液
クロラムフェニコール,ペニシリン系,カルバペネム系,キノロン系
セフェム系(セフトリアキソン,セフォタキシム,セフタジジム,ラタモキセフ)
抗菌薬の吸収
腸管から吸収され,経口薬,注射薬ともに使用される
キノロン系,マクロライド系,テトラサイクリン系
腸管から吸収されないため,注射薬のみ
アミノグリコシド系,グリコペプチド系,カルバペネム系
腸管から吸収される群と吸収されない群がある
ペニシリン系,セフェム系
血清タンパク質と強く結合するため外用薬のみ
ムピロシン
ダウンロード

合成抗菌薬