インターネット構成法・13班
村上 歌(B4)
八木 典裕(B4)
小坂井 遼子(B3)
渡辺 裕作(B2)
中村 友一(B2)
背景,問題点



村井さんは忙しい
SFCに来るのが面倒
諸事情でSFCに来れないとき
(電車にすぐ乗れる湘南台くらいなら・・・)
目的


湘南台に家を借りて,そこから授業を行う
湘南台引きこもり生活を支援する
要件






家のネットワークの構築
家から学校へのオンライン授業
SAの分の帯域を確保する必要がある
授業は,SFCのτ11で見るため,高画質である必
要がある
同時にリアルタイムで,100人程度に配信を行う
必要がある
なるべくコストを低く抑える
設計



使用するアプリケーション
使用する回線
配線図
使用するアプリケーション

千代倉研究室のVIDEO-PCを応用



デスクトップ上に
タブレットで絵を描ける
USBカメラで
講師の画像を右下に配置
外部出力を映像として利用
授業の動画配信
DVTS(30Mbps~40Mbps)
Windows Media Video
250Kbps
ネットワーク構成
回線



授業での高画質配信を保証するため,
SFCまでDVTSを使用、SA分の回線を含め
50Mbpsの専用線を引くこととする
Bフレッツでは帯域が心配
NTT CommunicationsのATMメガリンク
サービスを利用
ATMメガリンクサービス






サービスクラス:デュアルクラス
利用タイプ 2芯式(DSU)
保守グレード タイプ2
起点端末インタフェース 光ケーブル I型(シ
ングルモード)
終点端末インタフェース光ケーブル I型(シ
ングルモード)
回線距離3.3kmと仮定
家の中のネットワーク図
スイッチ PLANEX FX-08H
必要となる機材(その1)




VIDEO-PC(USBカメラ,
ペンタブレット,スキャ
ンコンバータ・DVコン
バータ)
DVTS送信用PC
DVTS受信用PC(授業
に投影)
ストリーミング配信用
PC
機材概要(その2)

DVコンバータ
アナログビデオからDVへの変
換処理を行ってくれる内蔵型
のPCIカード。変換したDVは直
接PCに取り込むことが可能。

スキャンコンバータ
PCからのアナログRGB信号を
ビデオ信号として出力し、モニ
ターに映し出すもの。
費用見積もり


イニシャルコスト
ランニングコスト
回線イニシャルコスト




回線接続等工事費 1000×2=2000円
屋内配線工事費 0円
ONU/DSU工事費 0円
基本工事費 1000×2=2000円
機材イニシャルコスト
DELL Dimension 8300
(PC)×3台
148,800×1.05×3
=468,720
VGAケーブル
(1.8m)
1,500×1.05=
1,575
ELECOM UCAMC1C30SV(CCDカメラ)
3,830×1.05=
4,022
S-Videoケーブル
600×1.05=630
ワコム FAVO410 F410UV(タブレット)
8,540×1.05=
8,967
USBケーブル
1,200×1.05=
1,260
ELECOM MS-STM54
(マイク)
1,250×1.05=
1,313
LANケーブル(10
m)
1,030×1.05=
1,082
カノープス ADVC-1394
(DVコンバータ)
29,800×1.05=
31,290
PLANEX FX-08H(ス
イッチングハブ)
9,600×1.05=
10,080
ノバック CreaVison
1600(Scanコンバータ)
29,800×1.05=
31,290
雑費
39,771
合計
600,000
回線ランニングコスト


ネットワーク区間基本回線専用料
870,000×1 = 870,000円
アクセス区間基本回線専用料
133,000×2 = 266,000円
総イニシャルコスト

機材導入費はもう少
し安く出来る…かも。
機材導入費
回線イニシャルコ
スト
合計
600,000
4,000
604,000
総ランニングコスト

複数年契約で安くな
る。
家賃
100,000
回線ランニングコ
スト
(3年継続)
(6年継続)
1,136,000
(1,056,480)
(1,011,040)
合計
1,236,000
湘南台ひきこもり生活

いかがでしょうか...
ダウンロード

グループ13