粗い試算の改訂について 【 22年8月版 】
○ 法人二税を中心とした府税収入の大幅な減収という極めて厳しい財政状況のなか、
地方交付税等の増や、土地売却収入、ボーナスの減額などの臨時的要因もあり、平
成22年度当初予算がなんとか編成できたところ。
○ この平成22年度当初予算を発射台として、平成23年度から平成42年度までの20年
間を対象に、バブル後の景気対策等で大量発行した府債の最終償還の到来を視野に
入れて、収支を試算。
○ 試算にあたっては、現時点で見込むことができる条件を前提に推計。なお、この試算
は不確定要素を多く含んでおり、相当の幅をもって見る必要がある。
○ 今回は「経済財政の中長期試算」(6/22内閣府)で示された「慎重シナリオ」(プルー
デント(慎重)な見通し)における名目経済成長率、名目長期金利の数値を参考に、基
礎的な数値を置き換えるなど平成22年4月版の改訂を行ったもの。
結果のポイント 【 22年8月版 】
○ 収入の範囲内で予算を組み、将来にわたって実質公債費比率を早期健全化基準(25%)以上にしないためには、
『改革プラン』の取組期間(23~25年度)中、毎年、要対応額が600億円程度見込まれます。
○ 前回試算(平成22年4月版)との主な違い
(1) 取組期間中の要対応額: 【前回】960~1,130億円 → 【今回】600億円
主な理由
① 成長率見直しによる
実質税収の増
② 金利見直しによる
公債費の減
③ 設定金利の細分化※
による公債費の減
④ 21年度の決算剰余金
311億円を反映
※ 10年債と5年債の金利をそれぞれ別設定で試算(これまでは金利の変動をほとんど見込まなかったため、単一の金利で試算)
(2) 取組期間中の減債基金復元額: 【前回】1,290億円 → 【今回】715億円
主な理由
公債費の減(上記②、③ )などにより、実質公債費比率の数値が全体として減少
なお、復元額の総額は、前回は23~28年度 2,580億円、今回は23~33年度 2,405億円であり、年度間でより平準なものとなりました。
○ 35~41年度に見込まれる収支不足について
バブル後に大量発行した府債の最終償還が到来することによる影響であり、前回試算と比べて、要対応額が増加
した主な理由は、金利見直しによる公債費の増です。
今後、この試算結果を踏まえた『改革プラン』をもとに、社会保障や地方財政などの国への大胆な制度改革
の提言を行っていくとともに、次年度以降の予算編成に向けて、施策の選択と集中を図っていきます。
なお、中期的(29年度以降)には、収支不足が一旦解消しますが、35~41年度にかけて再び大きな収支不足
が見込まれますので、財政調整基金の残高確保といった手法により、負担の平準化を図っていくことが必要と
考えられます。
財政収支の見通し 【 22年8月版 】
(億円)
1,500
収支不足
収支不足
要対応額の推移 ( 折れ線 )
単年度過不足額
0
H23
H24
H25
0
29
0
H26
H27
7 00
30
H29
30
▲
1
30
80
H30
21決算剰余金(311億円)を活用するとともに
取組期間中の要対応額を平準化するものとして試算
▲
18
0
29
H31
0
▲
30
3
H32
0
▲
29
H33
0
▲
0
39
0
5
0
32
H34
▲
12
0
H35
H36
H37
0
H38
2 00
0
0
39
70
3 20
5 40
H28
0
3 90
1
50
10
40
0
20
30
H39
H40
80
0
0
0
20
80
H41
0
14
29
0
30
0
19
31
0
5
6 00
6 00
4
60
0
0
41
0
38
5
1 50
21
減債基金復元額
4 90
500
6 00
6 00
1,000
H42
60
▲
▲ 500
500
3 70
29
0
0
H23
4 10
29
0
H24
0
75
70
66
0
0
1,000
4 60
29
0
H25
推計には見込んでいないが、今後、財政収支に大きな影響を及ぼす可能性のある
「将来リスク」として、地域整備事業会計(156億)、まちづくり促進事業会計(400億)、
大阪府産業基盤整備協会(140億) などがある。
試算の前提条件 【 22年8月版 】
■推計期間: 平成23年度~42年度 ■推計ベース: 22年度当初予算を基本として推計
「経済財政の中長期試算」(22年6月内閣府)で想定されている慎重シナリオにおける名目経済成長率より
府税伸び率
府税
歳
入
今回試算
( 前回試算 )
H23
H24
+1.6% +1.7%
+0.4%
H25
H26
H27
H28
H29
+1.6%
H30
H31
H32
H33
+1.3%
H34
H35
+1.9%
前年同額
H36
+1.7%
H37以降
前年同額
※法人二税の超過課税については継続と仮定した上で試算
交付税等
22年度普通交付税の決定額をベースに、府税と社会保障関係経費の推計を反映
一般歳入
税関連歳入については府税の伸びに連動、その他については、23年度以降は原則22年度当初予算と同額
特定財源
現行制度をベースに歳出連動
人件費
社会保障
関係経費
職員数は現時点での定数削減計画を反映。今後の給与改定は考慮せず。36年以降は、35年度と同額を見込む
現制度下における社会保障関係経費を推計
国制度改正による影響が不明な26年度以降は、25年度と同額を見込む
「経済財政の中長期試算」(22年6月内閣府)で想定されている慎重シナリオにおける名目長期金利より
10年債金利
歳
出
公債費
今回試算
( 前回試算 )
H23
1.7%
2.0%
H24
1.8%
H25
H26
2.0%
H27
2.5%
H28
H29
2.2%
H30
H31
H32
H33
3.2%
H34
H35
H36
H37以降
3.7%
2.0%
※5年債の金利設定については別途算定
税関連歳出
その他
府税収入の見込み額から推計
原則、22年度当初予算と同額を見込んでいるが、財政収支への影響が大きいと考えられる事業で、事業計画等を前提に現時点で事業
費が見込めるものについては、26年度まで個別に積み上げを行った(27年度以降は、原則として26年度と同額)
※財政収支に大きな影響を及ぼす可能性があるものの、発生すること及び発生時期が不確実であり定量的把握が困難な、いわゆる
「将来リスク」については、別途、改革プランにおいて点検
■財政収支の推計(H 2 2 年8 月試算・概算)
【府税伸び率】 H 2 3 :+1 .6 % H 2 4 :+1 .7 % H 2 5 ~3 2 :+1 .6 % H 3 3 ~3 5 :+1 .9 % H 3 6 :+1 .7 % H 3 7 以降:±0 %
【金利設定】 H 2 3 :1 .7 % H 2 4 :1 .8 % H 2 5 ~2 6 :2 .0 % H 2 7 ~3 1 :2 .2 % H 3 2 ~3 4 :3 .2 % H 3 5 以降:3 .7 %
区 分
人件費
歳
出
8 ,2 8 6
平成2 2 年度
8 ,4 5 7
平成2 3 年度
8 ,6 9 0
平成2 4 年度
8 ,5 9 0
平成2 5 年度
8 ,5 0 0
平成2 6 年度
8 ,3 6 0
(単位:億円)
平成2 7 年度
8 ,1 9 0
平成2 8 年度
8 ,0 7 0
平成2 9 年度
7 ,9 0 0
平成3 0 年度
7 ,8 3 0
平成3 1 年度
7 ,7 5 0
平成3 2 年度
7 ,6 7 0
退職手当
1 ,0 0 6
997
1 ,0 0 0
1 ,0 1 0
1 ,0 3 0
990
920
880
790
780
760
720
退職手当以外
7 ,2 8 0
7 ,4 6 0
7 ,6 9 0
7 ,5 8 0
7 ,4 7 0
7 ,3 7 0
7 ,2 7 0
7 ,1 9 0
7 ,1 1 0
7 ,0 5 0
6 ,9 9 0
6 ,9 5 0
社会保障関係経費
3 ,0 4 8
3 ,3 7 4
3 ,4 7 0
3 ,4 9 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
公債費
2 ,7 9 0
2 ,9 1 5
2 ,8 7 0
3 ,1 5 0
3 ,3 0 0
3 ,3 2 0
3 ,2 5 0
3 ,2 4 0
3 ,0 9 0
2 ,9 4 0
2 ,8 3 0
2 ,8 4 0
税関連歳出
4 ,2 6 5
4 ,2 2 3
4 ,1 3 0
4 ,2 0 0
4 ,2 7 0
4 ,3 4 0
4 ,4 0 0
4 ,4 7 0
4 ,5 5 0
4 ,6 2 0
4 ,6 9 0
4 ,7 7 0
投資的経費
2 ,3 0 3
2 ,1 4 8
2 ,0 6 0
2 ,2 4 0
2 ,0 9 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
公共
1 ,3 4 9
1 ,4 3 4
1 ,4 1 0
1 ,4 6 0
1 ,4 0 0
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
単独
954
714
650
780
690
670
670
670
670
670
670
一般施策経費
1 ,3 4 0
670
1 0 ,9 6 2
1 8 ,0 6 7
1 1 ,4 5 0
1 1 ,4 2 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 1 0
1 1 ,2 1 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 0 0
3 1 ,6 5 4
3 9 ,1 8 4
3 2 ,6 7 0
3 3 ,0 9 0
3 2 ,9 6 0
3 2 ,8 3 0
3 2 ,6 6 0
3 2 ,6 0 0
3 2 ,3 5 0
3 2 ,2 0 0
3 2 ,0 8 0
3 2 ,0 9 0
1 1 ,4 1 0
1 0 ,5 6 3
1 0 ,7 2 0
1 0 ,8 9 0
1 1 ,0 5 0
1 1 ,2 2 0
1 1 ,3 9 0
1 1 ,5 6 0
1 1 ,7 4 0
1 1 ,9 1 0
1 2 ,0 9 0
1 2 ,2 7 0
交付税等(臨財債、減収補てん債含む)
5 ,5 4 4
6 ,7 3 0
6 ,6 2 0
6 ,6 5 0
6 ,7 1 0
6 ,6 4 0
6 ,4 1 0
6 ,1 6 0
5 ,9 6 0
5 ,7 7 0
5 ,5 7 0
5 ,3 6 0
一般歳入(地方消費税清算金等)
1 ,6 3 7
9 ,1 1 5
2 ,2 2 0
2 ,3 7 0
2 ,2 2 0
2 ,2 4 0
2 ,2 6 0
2 ,3 5 0
2 ,3 2 0
2 ,3 5 0
2 ,3 8 0
2 ,4 2 0
1 3 ,3 7 4
1 2 ,7 7 6
1 2 ,7 4 0
1 2 ,7 7 0
1 2 ,5 2 0
1 2 ,4 2 0
1 2 ,4 0 0
1 2 ,3 8 0
1 2 ,3 6 0
1 2 ,3 5 0
1 2 ,3 4 0
1 2 ,3 3 0
歳出合計(A )
府税・地方法人特別譲与税
歳
入
平成2 1 年度
特定財源
国庫支出金
3 ,8 9 1
2 ,3 9 5
2 ,4 5 0
2 ,4 6 0
2 ,4 2 0
2 ,3 7 0
2 ,3 5 0
2 ,3 3 0
2 ,3 1 0
2 ,3 0 0
2 ,2 9 0
府債(通常債)
1 ,1 4 0
891
980
1 ,0 8 0
890
850
850
850
850
850
850
850
貸付金償還金等
8 ,3 1 3
9 ,4 2 0
9 ,3 1 0
9 ,2 3 0
9 ,2 1 0
9 ,2 0 0
9 ,2 0 0
9 ,2 0 0
9 ,2 0 0
9 ,2 0 0
9 ,2 0 0
9 ,2 0 0
府債(行革推進債等)
歳入合計(B )
30
70
0
0
0
0
0
0
0
0
2 ,2 8 0
0
0
3 1 ,9 6 5
3 9 ,1 8 4
3 2 ,3 0 0
3 2 ,6 8 0
3 2 ,5 0 0
3 2 ,5 2 0
3 2 ,4 6 0
3 2 ,4 5 0
3 2 ,3 8 0
3 2 ,3 8 0
3 2 ,3 8 0
3 2 ,3 8 0
単年度過不足額 (C )=(B )-(A )
311
0
▲ 370
▲ 410
▲ 460
▲ 310
▲ 200
▲ 150
30
180
300
290
実質公債費比率
1 6 .6 %
2 7 .2 %
2 6 .4 %
2 4 .4 %
2 4 .7 %
30
180
300
290
-
-
-
1 7 .2 %
1 7 .9 %
1 9 .2 %
1 9 .3 %
2 0 .9 %
2 3 .4 %
2 5 .7 %
実質公債費比率2 5 % を超えないための
対応額(必要復元額) (D )
52
228
290
290
290
290
290
■要対応額 (C )への対応+(D )
-
-
660
700
750
600
490
150
1 7 .9 %
1 9 .2 %
1 9 .2 %
2 0 .5 %
2 2 .4 %
2 4 .1 %
上記対応後の実質公債費比率
1 6 .6 %
1 7 .2 %
-
2 4 .9 %
2 4 .0 %
2 2 .2 %
■実質公債費比率
財政健全化法に基づく指標で、標準的な財政規模に対する実質的な公債費相当額の占める割合の過去3年度間の平均のこと。この比率が25%以上になると
「財政健全化団体」に、35%以上になると「財政再生団体」になる。
2 2 .3 %
■財政収支の推計(H 2 2 年8 月試算・概算)
【府税伸び率】 H 2 3 :+1 .6 % H 2 4 :+1 .7 % H 2 5 ~3 2 :+1 .6 % H 3 3 ~3 5 :+1 .9 % H 3 6 :+1 .7 % H 3 7 以降:±0 %
【金利設定】 H 2 3 :1 .7 % H 2 4 :1 .8 % H 2 5 ~2 6 :2 .0 % H 2 7 ~3 1 :2 .2 % H 3 2 ~3 4 :3 .2 % H 3 5 以降:3 .7 %
区 分
人件費
7 ,6 4 0
退職手当
退職手当以外
歳
出
平成3 4 年度
7 ,6 0 0
平成3 5 年度
7 ,5 3 0
平成3 6 年度
7 ,5 3 0
平成3 7 年度
7 ,5 3 0
平成3 8 年度
7 ,5 3 0
(単位:億円)
平成3 9 年度
7 ,5 3 0
平成4 0 年度
7 ,5 3 0
平成4 1 年度
7 ,5 3 0
平成4 2 年度
7 ,5 3 0
730
730
700
700
700
700
700
700
700
700
6 ,9 1 0
6 ,8 7 0
6 ,8 3 0
6 ,8 3 0
6 ,8 3 0
6 ,8 3 0
6 ,8 3 0
6 ,8 3 0
6 ,8 3 0
6 ,8 3 0
社会保障関係経費
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
3 ,6 0 0
公債費
2 ,6 9 0
2 ,9 1 0
3 ,4 1 0
3 ,4 7 0
3 ,6 3 0
3 ,2 5 0
2 ,9 6 0
3 ,1 3 0
3 ,0 1 0
2 ,8 7 0
税関連歳出
4 ,8 5 0
4 ,9 5 0
5 ,0 4 0
5 ,1 2 0
5 ,1 2 0
5 ,1 2 0
5 ,1 2 0
5 ,1 2 0
5 ,1 2 0
5 ,1 2 0
投資的経費
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
2 ,0 1 0
公共
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
1 ,3 4 0
単独
670
670
670
670
670
670
670
670
670
一般施策経費
歳出合計(A )
府税・地方法人特別譲与税
交付税等(臨財債、減収補てん債含む)
一般歳入(地方消費税清算金等)
歳
入
平成3 3 年度
特定財源
国庫支出金
1 ,3 4 0
670
1 1 ,2 2 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 0 0
1 1 ,2 0 0
3 2 ,0 1 0
3 2 ,2 7 0
3 2 ,7 9 0
3 2 ,9 3 0
3 3 ,0 9 0
3 2 ,7 1 0
3 2 ,4 2 0
3 2 ,5 9 0
3 2 ,4 7 0
3 2 ,3 3 0
1 2 ,4 9 0
1 2 ,7 1 0
1 2 ,9 4 0
1 3 ,1 5 0
1 3 ,1 5 0
1 3 ,1 5 0
1 3 ,1 5 0
1 3 ,1 5 0
1 3 ,1 5 0
1 3 ,1 5 0
5 ,1 3 0
4 ,8 9 0
4 ,6 4 0
4 ,3 8 0
4 ,3 8 0
4 ,3 8 0
4 ,3 8 0
4 ,3 8 0
4 ,3 8 0
4 ,3 8 0
2 ,4 6 0
2 ,4 9 0
2 ,5 3 0
2 ,5 7 0
2 ,5 7 0
2 ,5 7 0
2 ,5 7 0
2 ,5 7 0
2 ,5 7 0
2 ,5 7 0
1 2 ,3 2 0
1 2 ,3 0 0
1 2 ,2 9 0
1 2 ,2 9 0
1 2 ,2 9 0
1 2 ,2 9 0
1 2 ,2 9 0
1 2 ,2 9 0
1 2 ,2 9 0
1 2 ,2 9 0
2 ,2 7 0
2 ,2 7 0
2 ,2 6 0
2 ,2 6 0
2 ,2 6 0
2 ,2 6 0
2 ,2 6 0
2 ,2 6 0
2 ,2 6 0
2 ,2 6 0
府債(通常債)
850
850
850
850
850
850
850
850
850
850
貸付金償還金等
9 ,2 0 0
9 ,1 8 0
9 ,1 8 0
9 ,1 8 0
9 ,1 8 0
9 ,1 8 0
9 ,1 8 0
9 ,1 8 0
9 ,1 8 0
9 ,1 8 0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
府債(行革推進債等)
歳入合計(B )
3 2 ,4 0 0
3 2 ,3 9 0
3 2 ,4 0 0
3 2 ,3 9 0
3 2 ,3 9 0
3 2 ,3 9 0
3 2 ,3 9 0
3 2 ,3 9 0
3 2 ,3 9 0
3 2 ,3 9 0
単年度過不足額 (C )=(B )-(A )
390
120
▲ 390
▲ 540
▲ 700
▲ 320
▲ 30
▲ 200
▲ 80
60
実質公債費比率
2 4 .6 %
2 5 .0 %
実質公債費比率2 5 % を超えないための
対応額(必要復元額) (D )
310
■要対応額 (C )への対応+(D )
-
上記対応後の実質公債費比率
2 1 .6 %
-
2 1 .8 %
2 2 .8 %
2 4 .6 %
2 7 .5 %
3 0 .6 %
390
540
700
320
1 9 .8 %
2 1 .0 %
2 3 .0 %
2 4 .9 %
2 7 .8 %
30
2 2 .3 %
2 4 .4 %
200
1 9 .3 %
2 1 .8 %
80
1 6 .8 %
2 1 .1 %
-
1 5 .9 %
ダウンロード

(参考1) 粗い試算の改訂について(平成22年8月版)