テーマ20 精算表の作成
テキストp162~169
精算表ってなに??
決算整理前残高試算表から損益計算書と貸借対照表を
作る過程を一覧できる表にまとめたもの
残高試算表
資
費
産
用
貸借対照表
負
債
資
本
収
総勘定元帳残高
を集めてきた表
益
決
算
整
理
事
項
損益計算書
当期純利益
当期純利益
精
算
表
平成○年○月××日
勘定科目 元
丁
資
負
資
収
費
産
残高試算表
借方
貸方
100
債
益
用
10
20
+
ー
10
20
ー
+
100
10
20
100
ー
10
+
20
ー
10
+
+
ー
100
本
100
××
整理記入
借方
貸方
20
損益計算書
借方
貸方
(単位:円)
貸借対照表
借方
貸方
90
110
110
110
90
××
当期純利益
××
××
××
××
××
××
××
××
<問 題>
水道橋商事株式会社の第2期(自平成×2年4月1日 至平成×3年3月31日)におけ
る決算整理前の残高試算表は精算表の試算表欄のとおりである。下記の資料にもとづ
いて、精算表を作成しなさい。
(決算整理事項)
(1) 受取手形(割引手形を含まない)と売掛金の期末残高に対し、2%の貸倒引当金を
設定する。差額補充法によること。
精
算
表
平成×2年3月31日
勘定科目
残高試算表
借方
貸方
受取手形
2,500
売掛 金
4,000
割引手形
貸倒引当金
貸倒引当金繰入
500
40
整理記入
借方
貸方
損益計算書
借方
貸方
(単位:円)
貸借対照表
借方
貸方
(決算整理事項)
(1) 受取手形(割引手形を含まない)と売掛金の期末残高に対し、2%の貸倒引当金を
設定する。差額補充法によること。
貸倒引当金
120円
貸倒引当金見積り額={(2,500-500)+4,000}×2%=120
手形
40
売掛金
+80
<仕訳> 貸倒引当金繰入 80 / 貸倒引当金 80
精
算
表
平成×2年3月31日
(単位:円)
貸借対照表
借方
貸方
勘定科目
残高試算表
借方
貸方
受取手形
2,500
2,500
売掛金
4,000
4,000
割引手形
貸倒引当金
貸倒引当金繰入
整理記入
借方
貸方
損益計算書
借方
貸方
500
500
+ 80
40
80
120
80
(決算整理事項)
(2) 有価証券の内訳は次のとおりである。有価証券の評価は時価法によること。
・・・ 時価評価
銘
柄 所有目的 時価法
帳簿価額
時
価
・・・ 原価評価
A社株式
売買目的 原価法
1,600円
+100円
1,500円
低価法
・・・
時価と原価のうち低いほうで評価する
B社株式
売買目的
900円
1,200円
ー300円
2,700円
2,500円
<仕訳> 有価証券評価損 200 / 売買目的有価証券 200
精
算
表
平成×2年3月31日
勘定科目
売買目的有価証券
有価証券(評価損)
残高試算表
借方
貸方
整理記入
借方
貸方
損益計算書
借方
貸方
- 200
2,700
200
(単位:円)
貸借対照表
借方
貸方
2,500
200
@1,000
(決算整理事項)
△300
(3) 商品の期末棚卸高は次のとおりである。
数
帳簿棚卸高
実地棚卸高
量
4個
3個
単
棚
棚
卸
卸
減
減
耗
耗
費
費
商品評価損
@900
価
@1,000円
@ 900円
△1,000
3個
4個
商品の評価は低価法による。なお棚卸減耗費は売上原価に算入し、商品評価損
は売上原価に算入しない。 <仕訳> 仕
入 2,000 / 繰越商品 2,000
精
繰越商品
4,000 / 仕
算
表
平成×2年3月31日
勘定科目
繰越商品
(単位:円)
<仕訳> 商品評価損 300 / 繰越商品 300
残高試算表
整理記入
損益計算書
貸借対照表
棚卸減耗費1,000 / 繰越商品 1,000
借方
2,000
貸方
借方
貸方
借方
+ 4,000- 2,000
<仕訳> 仕
-
入
8,000
+ 2,000- 4,000
7,000
+ 1,000
棚卸減耗費
1,000
商品評価損
300
貸方
借方
貸方
2,700
入 1,000 / 棚卸減耗費 1,000
300
- 1,000
仕
入 4,000
1,000
300
(決算整理事項)
(4)備品の減価償却を行う。償却方法は定率法、償却率は年20%とする。
当期の減価償却費=(5,000-1,000)×20% =800
<仕訳> 減価償却費 800 / 減価償却累計額 800
精
算
表
平成×2年3月31日
勘定科目
残高試算表
借方
貸方
備
5,000
品
減価償却累計額
減価償却費
整理記入
借方
貸方
損益計算書
借方
貸方
(単位:円)
貸借対照表
借方
貸方
5,000
+ 800
1,000
800
1,800
800
(決算整理事項)
あと4年
(5) 創立費は前期首に設立した際に生じたもので、商法規定の最長期間にわたって毎
期均等額を償却している。
創立費(繰延資産)の商法規定の最長期間 =
<仕訳> 創立費償却 100 / 創 立 費 100
精
算
表
平成×2年3月31日
勘定科目
創 立 費
創立費償却
残高試算表
借方
貸方
400
整理記入
借方
貸方
- 100
100
損益計算書
借方
貸方
(単位:円)
貸借対照表
借方
貸方
300
100
(決算整理事項)
(6) 保険料は前期の8月1日から毎年1年分を前払いしている。
×1年
4/1
前期
8/1
当期
7/31
8/1
支払済み
支払済み 4か月
次期
7/31
×2年
3/31
12か月
4か月
1ヶ月分の保険料 = 160円 ÷ 16か月 = 10円
前払分の保険料 = 10円 × 4か月 = 40円
<仕訳> 前払保険料 40 / 支払保険料 40
精 算 表
平成×2年3月31日
勘定科目
支払保険料
前払保険料
残高試算表
借方
貸方
整理記入
借方
貸方
- 40
160
40
損益計算書
借方
貸方
(単位:円)
貸借対照表
借方
貸方
120
40
(決算整理事項)
(7) 借入金は平成×2年7月1日に利率年8%で借り入れたもので、利息は6月末と12
月末に各半年分を支払う契約である(月割り計算によること)。なお、借入期間は3年
である。
×2年
7/1
×3年
3/31
×2年
12/31
借入れ
×3年
6/30
3ヶ月
未払い
6ヶ月
支払済
1ヶ月分の利息 = 3,000円 × 8% ÷ 12 = 20円
3ヶ月分の利息 = 20円 × 3ヶ月 = 60円
精
算
表
平成×2年3月31日
<仕訳> 支払利息 60 / 未払利息 60
残高試算表
整理記入
損益計算書
勘定科目
借方
借 入 金
支払利息
未払利息
貸方
借方
貸方
借方
3,000
120
貸方
(単位:円)
貸借対照表
借方
貸方
3,000
+ 60
180
60
60
その他の勘定科目残高を 貸借対照表と損益計算書に記入して
当期純損益を計算しよう♪
精
算
表
平成○年3月31日
勘定科目 元
丁
現
金
残高試算表
借方
貸方
整理記入
借方
貸方
損益計算書
借方
貸方
貸借対照表
借方
貸方
ダウンロード

6 精算表の作成