経済学入門1
イントロダクション
中村さやか
教員履歴
 埼玉県出身
 ICU教養学部社会科学科卒
 東京大学経済学修士
 米国ノースウェスタン大学で Ph.D. (Economics)を取得
 米国ライス大学ベイカー公共政策研究所
シド・リチャードソン医療経済学研究員
 2008年4月から横浜市立大学准教授
ミクロ経済学・Advanced Topics in Economics等を担当
今日やること
1.大学での専攻別の年収
2.経済学ってどんな学問?
3.横浜市立大学で経済学を学ぶ意義
大学での専攻別の年収
 アメリカのデータ


日本のデータは存在せず
世界的な傾向を代表
 初年度と43歳での年収
 年収の場合、平均はあまり参考にならない
⇒中位値と10%値に注目


中位値: 順位が真ん中の人の年収
10%値: 順位が上から10%の人の年収
(100人の場合、10位の人)
経済学専攻の特徴
 経営科学系は相対的に高収入だが、中でも経済
学がすごい

経営学・会計学は経済学の7~8割
 初任給よりも43歳時点で特に高収入
 43歳でスーパーリッチなのは経済学専攻がダン
トツで多い
「即戦力」の落とし穴
 即戦力になる分野は、初任給は高いがその後の
昇給は限定的

看護
 思考力を鍛える分野は、初任給はそれほどでも
ないが、人生中盤では高収入

数学・物理・哲学
 経済学は即戦力になる部分もあるが、世の中を
見る目を養い、思考力を育てるのが主眼
今日やること
1.大学での専攻別の年収
2.経済学ってどんな学問?
3.横浜市立大学で経済学を学ぶ意義
Q. どうして経済学が高収入に結びつくの?
A1. 経済全体の動きを把握して先を読む
 株価・為替レート
 経済成長・景気循環
A2. 経営方針をどうすべきかわかる
 価格や投資
 人事システム
Q. 経済学をやってる人って金の亡者?
A. 経済学はみんなで幸せになるための学問
 開発経済学→途上国をいかに豊かにするか
 公共経済学→貧困・格差の問題
 環境経済学→CO2削減
 労働経済学→女子労働
 医療経済学→医療の質の改善
⇒ 政府機関・国際機関・非営利団体等でも重視
(公務員試験の重要科目)
一般的な経済学の定義
資源は有限・希少
 物質・人材・時間 等
トレードオフ: 何かを選ぶために何かを犠牲に
 服かバッグか、バイトかサークルか
足りない資源をいかに管理・配分するか?
 経済学は選択の学問
資源配分の問題
 何をどれだけ (例: 銃かバターか)
どうやって (例: 人か機械か)
生産するか?
 誰がどれだけ消費するか? (分配の問題)
 それが誰/何によって決まるか? (市場・制度)
ミクロ経済学とマクロ経済学
ミクロ経済学
Microeconomics
(最小単位)
マクロ経済学
Macroeconomics
(最大単位)
 各消費者・各企業の
 経済全体(一国の経
行動を分析
 結果としてどういう資
済)の動きを分析
 景気循環・経済成長
源配分になるか
 最近はミクロにもとづ
くマクロが主流
経済学はもっと何でもあり
理論:個人の行動モデルから全体を説明
 魅力的な人とあまり魅力的でない人はどちらが
結婚する確率が高いか?
実証:数で量れる社会現象ならなんでも
 相撲の八百長(無気力相撲)はあるか?
(ヤバい経済学)
事実解明的分析と規範的分析
事実解明的分析
規範的分析
(Positive analysis)
(Normative analysis)
 実際はどうか、どうして
 どういう資源配分が望まし
そうなるか
いか
 「所得格差は広がってい  「所得格差はどこまで許容
るか、なぜか」
 どんな選択肢があるか
されるべきか」
 どの選択肢を選ぶべきか
事実解明的分析と規範的分析
 経済学は特に二つを区別
 実際には事実解明的分析がメイン
→ 価値観の違いを超えて協力しあう

偉い先生の意見を鵜呑みにするのではなく、上下
関係なく活発に議論するのが経済学の文化
→ 選択肢を知らなければ選べない
今日やること
1.大学での専攻別の年収
2.経済学ってどんな学問?
3.横浜市立大学で経済学を学ぶ意義
横浜市立大学の経済学教育の特徴
 近代経済学=世界標準の経済学


英語で論文・著書を執筆
(希望者のために)英語による授業
 多様な分野

公共経済学、財政学、金融、医療経済学、イノ
ベーション研究、等
大学で経済学を学ぶ意義
 世の中の動きが分かる・先が読める

お金持ちになれる

主体的に生きる
 政策について理解する

社会・経済問題の解決
ダウンロード

経済学ってどんな学問?