教育課程研究集会資料
新学習指導要領の手引(国語科)
徳島県立総合教育センター
手引の構成
Ⅰ 改訂の趣旨
1 改善の基本方針 2 改善の具体的事項
Ⅱ 改訂の要点
1 目標について 2 内容について
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について 2 内容について
Ⅳ指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画作成上の留意点 2 第2の各学年の内容の
取扱い
Ⅴ 移行期間中の取扱い
Ⅵ Q&A
Ⅱ 改訂の要点
1 目標について
1. 教科の目標
国語を適切に表現し正確に理解する能力を
育成し,伝え合う力を高めるとともに,思考力
や想像力を養い言語感覚を豊かにし,国語に
対する認識を深め国語を尊重する態度を育て
る。
これまでと基本的に変わらない
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
1. 教科の目標
国語を適切に表現し正確に理解する能力
連続的かつ同時的に機能するものであるこ
と
適切に表現する能力
言語を適切に使う能力と言語を使って内容や事柄を適切に
表現する能力の両面
正確に理解する能力
言語の使い方を正確に理解する能力と言語で表現された内
容や事柄を正確に理解する能力の両面
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
1. 教科の目標
・・・,伝え合う力を高めるとともに,・・・
人間と人間の関係の中で,互いの立場や考えを尊
重し,言語を通して適切に表現したり,正確に理解
したりする力を高めること
1. 教科の目標
・・・,思考力や想像力を養い,・・・
言語を手がかりとしながら論理的に思考する力や
豊かに想像する力
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
1. 教科の目標
・・・,言語感覚を豊かにし,・・・
言語の使い方の正誤・適否・美醜などに付いての感
覚のこと。小学校「養う」 → 中学校「豊かにする」
1. 教科の目標
・・,国語に対する認識を深め国語を尊重する態度,・・
我が国の歴史の中ではぐくまれてきた国語が,人間
の知的な活動や文化的な活動の中枢をなし,一人一
人の自己形成,社会的生活の向上,文化的創造と継
承などに欠かせないものである。
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
2,学年の目標(形式は現行と同じ)
各領域に対応して,次の3項目を示している。
・(1)「話すこと・聞くこと」に関する目標
・(2)「書くこと」に関する目標
・(3)「読むこと」に関する目標
・各領域目標が,現行より具体的に示された。
・現行では,〔第2学年及び第3学年〕で示されていた
が,〔第2学年〕〔第3学年〕に分けて各学年で指導す
ることを明確化。
・能力と態度に関する目標を示している。
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(1) 内容の構成
・3領域と〔伝統的な言語文化と国語の特質
に関する事項〕(新設)
(2) 3領域の内容
「指導事項」と「言語活動例」で構成
※言語活動例は現行では「第3章 指導事項の作成と内
容の取り扱い」で示していた。
(3) 小・中9年間の系統性の重視
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(4)〔伝統的な言語文化と国語の特質に関す
る事項〕(新設)の内容構成
①ア 伝統的な言語文化に関する事項
イ 言葉の特徴やきまりに関する事項
ウ 漢字に関する事項
②書写に関する事項
(5) 従前の〔言語事項〕のうち,領域の内容に関連
深いもの(声の出し方の基本事項や段落の役割
に関する事項等)は領域の内容に位置付けた。
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
(1) 「話すこと・聞くこと」
・実際に話したり聞いたりする過程を意識して配列。(話題を見付
け→材料を集め→実際に話したり・聞いたり・話し合ったりする)
【指導事項】
ア 話題設定や取材に関する指導事項(※新設)
○ 話題を決め多様な方法で材料や情報を集め整理することを
示している。
【第1学年】 話題(日常から)
取材(人との交流を通して材料を集め整理)
【第2学年】 話題(社会生活の中から)
取材(多様な方法で材料を集め整理)
【第3学年】 話題(社会生活の中から)
取材(自分の経験や知識を整理して考えをまとめる)
※「話すことに関する指導事項」とまとめて・言語活動例 ア と関連
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
(1) 「話すこと・聞くこと」
【指導事項】
イ 話すことに関する指導事項(主として話すための準備段階と実
際に話をする段階で指導内容を分けた)
【第1学年】 準備段階(話の構成を考える)
相手や場を意識(相手の反応を踏まえながら)
話し方(言葉遣いなどの知識を生かす)
【第2学年】 準備段階(論理的な構成や展開を考える)
相手や場の意識(異なる立場や考えを想定して)
話し方(資料や機器などを効果的に活用する)
【第3学年】 準備段階(説得力のある話をする)
相手や場の意識(場の状況や相手の様子に応じて)
話し方(敬語を適切に使う)
※ 「音声」「敬語」等が現行では言語事項,改訂では領域の内容
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
(1) 「話すこと・聞くこと」
【指導事項】
ウ 聞くこと関する指導事項(話すことと聞くことの指導事項を分け
て設定することにより,特に聞くことの内容を一層明確化にした)
○話の内容を聞き取り,自分の考えに生かすことを示している。
【第1学年】 聞き取る(質問しながら)
考えに生かす(共通点や相違点を整理する)
【第2学年】 聞き取る(話の論理的な構成や展開などに注意して)
考えに生かす(自分の考えと比較する)
【第3学年】 聞き取る(聞き取った内容や表現の仕方を評価)
考えに生かす(自分のものの見方や考え方を深めた
り,表現に生かしたりする)
※ 「能動的に聞く力」を育成するための指導事項を新設
「必要に応じて質問しながら聞き取り,自分の考えとの共通点や相違点を
整理すること」(第1学年)など
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
(1) 「話すこと・聞くこと」
【指導事項】
エ 話し合うことに関する指導事項(目的や場面に応じて話し合う
ことに関する指導事項)
《話し合いを効果的に進めること》
【第1学年】 話し合いの話題や方向をとらえて話し合うこと
【第2学年】 目的に沿って話し合うこと
【第3学年】 進行の仕方を工夫して話し合うこと
《話し合いを通じて自他の考えを豊かなものにして合意形成を目
指すこと》
【第1学年】 話し合いを通じて自分の考えをまとめること
【第2学年】 話し合いを通じて自分の考えを広げること
【第3学年】 話し合いを通じて課題の解決に向けて互いの考えを
生かし合うこと
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
(2) 「書くこと」
・課題を見つけて材料を集め,集めた材料を整理して構成を考え,
伝えたいことが明確になるように記述・推敲し,書いたものを読み
合って参考にするという過程を意識して配列
【指導事項】
ア 課題設定や取材に関する指導事項(書く課題を決め,材料を
集めながら自分の考えを形成することを示してい
る)
イ 構成に関する指導事項(自分の考えに即して取材したことを生
かすとともに,文章の構成を考えることを示している)
ウ 記述に関する指導事項(記述の仕方を工夫することを示して
いる)
オ 交流に関する指導事項(書いた文章を互いに読み合い,自分
の表現に役立てるとともに,自分の考えを広げたり深めたり
することを示している)
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
(3) 「読むこと」
語句に注意しながら読み,事実と意見,場面や登場人物などに注
意して内容を把握し,書かれている内容や表現の仕方について自
分の考えをもち,読書や情報活用に結び付けるという過程を意識
して配列
【指導事項】
ア 語句の理解に関する指導事項
○ 語句の意味や用法などに注意して読むことを示している
イ(ウ) 文章の解釈に関する指導事項
〔説明的な文章の解釈〕
【第1学年】 文章の中心的な部分と付加的な部分や事実と意見
などとを読み分け,要約したり要旨をとらえたりする
【第2学年】 文章全体と部分との関係や例示の効果について考
える
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
(2) 「読むこと」
【指導事項】
【第3学年】 文章の論理の展開の仕方をとらえる
〔文学的な文章の解釈〕
【第1学年】 場面の展開や登場人物などの描写に注意する
【第2学年】 描写の効果や登場人物の言動の意味などを考える
【第3学年】 場面や登場人物の設定の仕方をとらえる
エ(ウオ) 自分の考えの形成に関する指導事項(※新設)
○書かれていることを読んで自分の考えをもつことを示している
【文章の構成や展開,表現の仕方等,文章の形式について】
【第1学年エ】文章の構成や展開,表現の特徴について自分の考
えをもつ
【第2学年ウ】文章の構成や展開,表現の仕方について自分の考
えをまとめる
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
(2) 「読むこと」
【指導事項】
【第3学年ウ】文章を読み比べるなどして,構成や展開,表現の仕
方について評価する文章の論理の展開の仕方をとらえる
〔文章に表れているものの見方や考え方について〕
【第1学年オ】文章に表れているものの見方や考え方をとらえ, 自
分のものの見方や考え方を広くする場面の展開や登
場人物などの描写に注意する
【第2学年エ】文章に表れているものの見方や考え方について,
知識や体験と関連付けて自分の考えをもつ
【第3学年エ】文章を読んで人間,社会,自然などについて考え,
自分の意見をもつ
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
(2) 「読むこと」
【指導事項】
オ(カ) 読書と情報活用に関する指導
○読書を進めたり,情報を得て活用したりすることを示している
〔読書で情報を得ること〕
【第1学年】 本や文章などから必要な情報を得るための方法を
身に付ける
【第2学年】 多様な方法で適切な情報を得る
〔情報を活用し,読書を進めること〕
【第1学年】 目的に応じて必要な情報を読み取る
【第2学年】 情報を基に自分の考えをまとめる
【第3学年】 これらを総合して,目的に応じて本や文章などを読
み,知識を広げたり,考えを深めたりする
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
言語活動例
○ 各領域の内容に位置付けるとともに,実生活と関連する具体
的な活動を学年ごとに示した
〔新たに示したもの〕
【話す・聞くこと】(第3学年) 「時間や場の条件に合わせてスピー
チしたり,それを聞いて自分の表現の参考にしたりすること」
【書くこと】(第1学年) 「図表などを用いた説明や記録の文章を書
くこと」
(第2学年) 「表現の仕方を工夫して, 詩歌をつくったり
物語など書いたりすること」
【読むこと】(第1学年)「課題に沿って本を読み,必要に応じて引用
して紹介すること」
(第3学年)「自分の読書生活をふり返り,本の選び方
や読み方について考えること」
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
(4) 伝統的な言語文化と言語活動に関する事項
(1)「ア 伝統的な言語文化に関する事項」(特に古典についての
事項。小学校から系統的に設定している。中学校においては
それを踏まえ,一層古典に親しませる。)
○ (ア)と(イ)を有機的に組み合わせて指導する。
(ア)【第1学年】 文語のきまりや訓読の仕方知る
【第2学年】 作品の特徴を生かして朗読する
【第3学年】 歴史的背景に注意して読む
(イ)【第1学年】 様々な種類の作品があることを知る
【第2学年】 古典に表れたものの見方や考え方に触れる
【第3学年】 古典に関する簡単な文章を書く
「イ 言葉の特徴やきまりに関する事項」
(ア)言葉のきまりや特徴・言葉遣いに関する事項
「共通語」「敬語」がこの項目に入った
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
(4) 伝統的な言語文化と言語活動に関する事項
(オ)表現の技法に関する事項
第1学年に配置して指導することで,義務教育終了段階で表
現の技法を意識できるようにした。
「ウ 漢字に関する事項」
第2学年までに「文や文章の中で使うこと」とし,第3学年までに
は「文や文章の中で使い慣れること」としている。
(2) 書写に関する事項
【第1学年】 小学校での学習をふまえて楷書で書くこと
行書の基本的な書き方を学ぶこと
【第2学年】 漢字と仮名の調和を考えて書くこと
楷書または行書を選んで書くこと
【第3学年】 身の回りの多様な文字に関心をもち,効果的に文字
を書くこと
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画作成上の留意点
(3)「A話すこと・聞くこと」
【第1学年】【第2学年】(年間15~25単位時間程度)
【第3学年】
(年間10~20単位時間程度)
(4)「書くこと」
【第1学年】【第2学年】(年間30~40単位時間程度)
【第3学年】
(年間20~30単位時間程度)
(5)「読むこと」
・ 読書に関連する指導事項と言語活動例を「C読むこと」の
内容に位置付けた。
・ 言語文化に対する関心を深めさせつつ,「読むこと」の学習
と「話すこと・聞くこと」,「書くこと」などの領域や,他教科等
の学習との関連を図り,生徒が様々な文章を読んで,自分
の表現に役立てる場面等も積極的に設定する必要がある。
※計画段階で最低時数を下回らない。
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
(2)は書写の指導に関する取扱い
※硬筆及び毛筆を使用する書写の指導は各学年で行う
【第1学年】【第2学年】(年間20単位時間程度)
【第3学年】
(年間10単位時間程度)
Ⅴ 移行期間中の取扱い
移行期間中の留意事項
・ 平成23年度の第1学年の国語指導に当たっては,新学習指
導要領〔第1学年〕〔伝統的な言語文化と国語の特質に関す
る事項〕(1)イ(ア)(音声の働きや仕組み)を加える。
・ 平成23年度の第2学年の指導に当たっては,新学習指導要
領の第2学年で扱う内容を取り扱い,学習漏れがないように
配慮すること。
新学習指導要領の手引(国語科)
説明終了
ダウンロード

Ⅲ 具体的な改善事項 - 徳島県立総合教育センター